賢者の選択TOP > ニッポン元気★プロジェクト

ニッポン元気★プロジェクト

“区分所有オフィス”という新たな戦略

株式会社ボルテックス
代表取締役社長
宮沢 文彦

 1等地のビルも、1フロアなら所有できる。それが中小企業の力になる。ボルテックスが提案したのは区分所有オフィスという新戦略。番組では、14年2月にトップの宮沢氏を招いて、「区分所有オフィス」戦略の誕生経緯から存在意義まで、熱く語っていただきました。本コーナーは全6回のシリーズ企画として、区分所有オフィスを本業の力として取り入れた企業の実例に迫ります。

 
  • 第6回
    TJC株式会社

    中国で製造された高画質液晶を搭載したSIMフリースマートフォンを販売している携帯電話メーカー、TJC株式会社が「区分所有オフィス」を購入した理由とは?


    動画

  • 第5回
    株式会社京都プラザホテルズ

    ビジネスや観光の他に長期滞在者向けプランを設定するなど、宿泊客のニーズや用途に合わせたサービスを提供している企業、株式会社京都プラザホテルズが「区分所有オフィス」を購入した理由とは?

    動画

  • 第4回
    株式会社信光ステンレス

    大阪に本社を構え、日本最大のステンレス銅線供給会社として様々な製品を製造・販売し、積極的なグローバル展開を進める信光ステンレスが「区分所有オフィス」を購入した理由とは?


    動画

  • 第3回
    森本産業株式会社

    「夢とキャラクターの融合」をテーマに「使って楽しい」「眺めて楽しい」「持って楽しい」商品を作り続けているキャラクター雑貨メーカー、森本産業が「区分所有オフィス」を購入した理由とは?


    動画

  • 第2回
    株式会社システムエグゼ

    「ITで豊かな未来を創る」をテーマに、個人、 企業、社会に役立つシステム開発とそれに伴う総合的ソリューションを提供しているIT企業、株式会社システムエグゼが「区分所有オフィス」を購入した理由とは?

    動画

PAGE TOP