賢者の選択TOP > 女性視点がビジネスを変える ~注目のビジネスウーマン~

女性視点がビジネスを変える ~注目のビジネスウーマン~

いま注目のビジネスウーマン

ビジネスの世界になくてはならない女性の力。そのトップを走るパワフルなビジネスウーマンの方々に、自身のお仕事や価値観についてお話しいただきました。

ビジネスウーマン # 01

2011.04.12

柏原 幸代   かしわばら ゆきよ

食ライフデザイン株式会社
代表取締役/管理栄養士/健康食育検定協議会 理事長

http://www.shoku-ld.jp/

 2007年3月、食から社会に貢献するべく、食ライフデザイン株式会社を設立。パートナー企業と共に「健康」をキーワードとするビジネスの構築に力を注いでいる。
 食育分野では、健康・食育検定協議会の理事長を務め、『健康・食育マスター講座』(文部科学省許可財団法人日本余暇文化振興会監修認定)を主催し、「健康教育」という観点から正しい健康と食の知識を伝え広める人材の育成と普及活動を行う。また、食べてキレイになるノウハウを伝える『マイ穀講座』で美と健康のエキスパートの育成を目指している。
 主な業務実績は、健康管理・食生活指導、講師・講演活動、アスリートの栄養サポート、健康と食の事業コンサルティング、教育プログラムの構築、研修、TV出演、雑誌などの執筆活動、飲食店サポート、メニュー開発、サプリメント・機能性食品の開発等。


「食」に対する正しい知識を提供することで、
健康で幸せな人生をお手伝いしたい。
食を正しく知れば、人生が豊かになる。
 「食のアドバイス」と聞くと「栄養」や「カロリー」といった言葉を想像される方が多いと思います。しかし、私たちの考え方はちがいます。管理栄養士としての2万人を超えるカウンセリング経験の中で、栄養学的なアドバイスほど実行しにくいという事実を実感しました。それ以上に「外食はダメ」「コンビニはダメ」という「ダメ出し指導」が、食に悩む方々の気持ちを、さらにネガティブにするということがあります。私たちは、その方の食事を否定しません。食は生活の一部。健康的な生活を送るために不可欠なものです。また食事は楽しいものでもあります。1日3度の食事が健康的で、楽しいものであれば、それだけで人生が幸せなものになるはず。そのためには「食を正しく知る」ことが大切です。食を選ぶ判断基準がしっかりしていれば、メディアの流行に左右されることもなく、生涯にわたり安心して健康的な生活が過ごせます。私たちの活動の根底にあるのは、「食に対する正しい軸」を一人でも多くの方に持っていただきたいという願いです。
「大人の食育」で、社会を変えていく。
 私たちの考え方をより多くの方に知っていただくために、さまざまな活動を行っています。これを私たちは「大人の食育」と呼んでいます。たとえば企業さまに対する食育活動。食べ物に関する情報提供だけでなく、社員の方々に正しい食の知識を提供し、自社サービスへの目的意識やプライドを高める、といったお手伝いもさせていただいています。最近では、社員への食育をリスクヘッジとしての健康管理ととらえるのではなく、企業ブランドを高めるための先行投資ととらえる企業が増え、ヘルシーカンパニーへの意識が高まっているように感じます。
 また、教育プログラムの運営も行っています。「健康・食育マスター講座」と称し、正しい食の知識を体系立てて学べるプログラムを作成。これまで数千人の方に受講いただきました。この資格を取得すると、食に対する正しい判断力が身に付くとともに、資格を活かした「食の専門家」としてセミナー講師などで活躍することも可能です。将来的には、資格者のネットワークをさらに広げ、新たな雇用の創出につなげたいと考えています。食や健康の分野は、人生経験があるほど大切さを実感するもの。そういった意味で、女性や年齢を重ねた方々の雇用や職場復帰をお手伝いしたり、そういった環境を生み出すことができればと考えています。

PAGE TOP

 登録はこちら 詳細はこちら