賢者の選択TOP > 時代刺激人

時代刺激人-ジダイシゲキビト-経済ジャーナリストの辛口メッセージ

Vol.296

2017.09.29

人生100年時代に向け試練の挑戦
団塊の世代がカギ、アクティブに動け!

 「すごい人がいるものだな」と、きっと誰もが思う話から始めさせていただこう。私の母校、早稲田大学の元総長の西原春夫先生がその人だ。もともと刑法学の専門家だが、最近、私が関係する国際アジア共同体学会の会合で特別講演され、北朝鮮問題や中国の南シナ海での海洋覇権問題など緊張関係が続く東アジア地域には国際法が機能する枠組みづくりが必要で、その具体化のためプラットフォームづくりに今、取り組んでいる、と熱弁を振るわれた。

89歳の早大元総長
「60歳は人生マラソンレースの折り返し点」発想が素晴らしい

 この取り組み自体、極めて重要なことだ。しかし、私が「すごい」と思った理由は別にある。学会終了後の懇談会の場で、西原先生は「私は現在、89歳です。みなさんは、私の年齢でまだアクティブに動いていることに驚かれるかもしれない。でも、大事なのは、志をしっかりと持ち、その志の実現に向け多くの仲間と行動に移すことだ」と述べ、次のように締めくくられたので、その場にいた多くの人たちは感激して思わず拍手したのだ。

 「人生をマラソンレースにたとえれば、日本の企業社会で定年と一般的にいわれる60歳の年齢は、人生の折り返し点に過ぎない。そこから新たな後半生に向けゼロスタートとなる、といった発想で意欲的に行動することが必要だ。私の89歳は、そのスタート地点から数えると、今は29歳となり、後半の実社会で本格的に動き出す年齢だ。私も引き続きがんばるので、みなさんも人生100年社会という位置づけでもって、現代日本の高齢社会が抱える課題、あるいは世界の課題に取り組んでいただきたい」と。

生涯現役ジャーナリスト志向の私も思わず脱帽する
問題意識やスケールの大きさ

 私も70歳を過ぎてしばらくたつ今、生涯現役の経済ジャーナリストを意識し現場取材などを続けて情報発信に取り組んでいるが、私と違って、問題意識や取り組みのスケールの大きさ、すごさには思わず脱帽だ。西原先生の話に強い感動をおぼえた私は、その懇親会場で直接、日常生活をうかがった。すると、今や世界中で大きな焦点となりつつある東アジアで国際法が機能するようなプラットフォームづくりのため、中国政府に参画してもらうことが重要であると、中国訪問も時々、されるという。

 そのバイタリズムにも驚いたが、さらに驚いたのは、外出時にいまだに、自ら自動車を運転されていることだ。さすがに、私は「最近、高齢者ドライバーの事故が目立ちます。自分は絶対に大丈夫という過信が思わぬ事故につながっていますので、ご注意を」と申し上げたら、西原先生は「過信は禁物。その点は、十分に注意している」ということだった。それにしても、この行動力はとても89歳とは思えない。

PAGE TOP

 登録はこちら 詳細はこちら