あの日、政治家はやめることにしたが、元気である限り働き続ける


ONE'S STYLE

医師としてキャリアをスタートし、人のために尽くす精神を政界でも存分に発揮して、初代厚生労働大臣を務めた坂口氏のリーダーズ列伝。

2009年に大腸がんを発病 余命3年と宣告される

手術後、化学療法を勧められたが受けないと決め「自分の免疫力で自分の病気を治したい」と思い、インターネットで調べて瀬田クリニックの免疫細胞治療を受けて、手術前より元気になったという。こうして余命宣告時期を過ぎた今も以前より元気に過ごしている。

坂口氏が考える リーダーに求められていること

これからのリーダーは、前に出過ぎず、周りを巻き込んでいく人でなくてはならない。「一つのことに集中して、意志をもってやり遂げること」がリーダーに求められていると語る。小さなことにこだわりすぎるとうまくいかない、これからの時代、世界を見渡して、大きな立場で物事をみることが大事だという。国際医療福祉大学の客員教授を務めている坂口氏、今の夢は「医療の行き詰まりを打開すること」。今日も人の役に立つために奮闘している。

運営会社

株式会社矢動丸プロジェクト
https://yadoumaru.co.jp

東京本社
〒104-0061 東京都中央区銀座6-2-1
Daiwa銀座ビル8F
TEL:03-6215-8088
FAX:03-6215-8089
google map

大阪本社
〒530-0001 大阪市北区梅田1-1-3
大阪駅前第3ビル23F
TEL:06-6346-5501
FAX:06-6346-5502
google map

JASRAC許諾番号
9011771002Y45040