「誠心誠意」の対話と「科学の力」で挑戦!世界の生活空間をどう変えた?


リケンテクノス株式会社
代表取締役社長執行役員
常盤和明

特選インタビュー

リケンテクノス株式会社。1951年、理化学研究所をルーツとする理研ビニル工業株式会社設立。主に塩化ビニル樹脂を中心に、独自の配合、混練技術を軸に業績を伸ばして行く。国内だけでなく海外への輸出も積極的に行い、1989年には、タイに生産拠点を立ち上げる。その後、欧米、インドネシア、中国に生産拠点と販売拠点を設立するなど、グローバル化を図っている。2001年、リケンテクノス株式会社に社名を変更。グローバルな営業戦略で拡販を目指すのは、アメリカ赴任15年、その間5年の経営経験を持つ、代表取締役 社長執行役員 常盤和明。

社員から見た常盤社長とは?

社員から見た常盤は、どのような存在なのか? 社員に話を聞いてみた。

営業本部 穴竃瑞樹

穴竃もともと、社長が自分のところまで来て話しかけに来るという経験がなかったので……。普通に業務をしていて、「何やってんだ?」と後ろから覗かれていたりとか、そんなのもあったりして、普段社長室にこもっているとかそういうタイプではなくて、いつも社内を歩き回っている、いつも誰かと話をしている、そんな人ですかね。本人は常に、「議論をしろ」ということを皆に対して言っているのですけれど、それを自分で体現しているような人かなと思いますね。

総務部 飯島紗希

飯島かなり(社長室からの出入りが)頻繁だと思いますね。戻ってきて、「あ、今、声かけようかな」と思ったときにはもういないみたいなことが結構あって、気づくと遠いところで声が聞こえて、「あ、あんなところにいた」みたいなことは、よくあることだと思います。本来なら、そんな気軽に話ができるような立場ではないと思うのですけど、社長のほうからよく話しかけていただいて、話題をいろいろ広げていただいたり、面白いエピソードをいろいろ聞かせていただいたりと、すごく親しみやすい方だなと思っています。

チャレンジ精神

宮川これからの人材ということも大切ですけど、新しい人にどういう人を求めていらっしゃいますか?

常盤まずは素直なこと。これが一番重要だと思います。やはり人の話をきっちり聞いて、それを理解することが一番重要。そして私どもが一番重要としているチャレンジメーカー。何事にもチャレンジする人。チャレンジしたならば、それを簡単に諦めない人というのが重要でございます。また当然、化学をメインとしている会社でございますから、チームワークも重要だと考えております。

坪井化学メーカーとして、今後はどのように展開していきたいとお考えですか?

常盤全ての生活空間に快適さを提供するリーディングカンパニーを目指してまいります。私どもと関わるお客様、サプライヤー、協力会社の皆様とチームワークを合わせて、モノ作りを進めてまいります。また、グローバルをさらに推し進めて、皆様の見えないところで生活を支えて参ります。

アイデアを形にするために、個々の情熱とチームワークを結集させる。それこそがモノ作りの醍醐味であり、リケンテクノスが抱き続けるチャレンジ精神。

常盤言葉が通じない、文化が違う中で、自分のことをきっちり伝えるためには、やはり全力で接しないと伝わらないなと。

常盤が導く、グローバルビジネス成功の秘訣とは?

出演者情報

  • 常盤和明
  • 1960年
  • 神奈川県
  • 千葉工業大学

企業情報

  • リケンテクノス株式会社
  • 放送日 2018.03.11
  • 社名
  • リケンテクノス株式会社
  • 業種
  • 化学・その他メーカー
  • 本社
  • 東京都
  • 所在地住所
  • 東京都千代田区神田淡路町二丁目101番地 ワテラスタワー
  • 資本金
  • 85億14百万円
  • 売上高
  • 905億8,900万円 (2016年度)
  • 従業員
  • 単体658名(2017年9月30日現在)

関連コンテンツ

運営会社

株式会社矢動丸プロジェクト
https://yadoumaru.co.jp

東京本社
〒104-0061 東京都中央区銀座6-2-1
Daiwa銀座ビル8F
TEL:03-6215-8088
FAX:03-6215-8089
google map

大阪本社
〒530-0001 大阪市北区梅田1-1-3
大阪駅前第3ビル23F
TEL:06-6346-5501
FAX:06-6346-5502
google map

JASRAC許諾番号
9011771002Y45040