「誠心誠意」の対話と「科学の力」で挑戦!世界の生活空間をどう変えた?


リケンテクノス株式会社
代表取締役社長執行役員
常盤和明

特選インタビュー

リケンテクノス株式会社。1951年、理化学研究所をルーツとする理研ビニル工業株式会社設立。主に塩化ビニル樹脂を中心に、独自の配合、混練技術を軸に業績を伸ばして行く。国内だけでなく海外への輸出も積極的に行い、1989年には、タイに生産拠点を立ち上げる。その後、欧米、インドネシア、中国に生産拠点と販売拠点を設立するなど、グローバル化を図っている。2001年、リケンテクノス株式会社に社名を変更。グローバルな営業戦略で拡販を目指すのは、アメリカ赴任15年、その間5年の経営経験を持つ、代表取締役 社長執行役員 常盤和明。

Leader’s Choice

坪井さて番組ではLeader’s Choiceと題しまして、ゲストの方に、「選択の基準」「敬愛の人」「賢者の文」こちらの三つの中からカードで一つを選んでお話いただきたいと思います。それでは常盤社長、よろしくお願い致します。

常盤はい。

「賢者の文」

宮川あ、賢者の文。

坪井「賢者の文」を選択されました。それでは心に秘めた思いをお書きください。

常盤はい。

宮川あ、英語で来られましたね。

「With all my heart」

常盤「With all my heart」です。

宮川これは日本語で言うと、どういうことになりますか?

常盤これは日本語で言いますと、「誠心誠意」です。座右の銘でございます。

宮川やはり海外生活をされる中で、こういった思いに駆られたことはおありだったのですか?

常盤はい。自分に関わる全ての物事に対しても、すべての人に対しても、やはり素直な気持ちで誠心誠意接するというようなことが重要だと海外生活で強く感じました。

宮川その15年間、最初はやはり文化の壁、そして働き方の壁もあって、「With all my heart」でいかないとダメだという経験もいっぱいされたわけですね?

常盤そうですね。邪念な気持ちというのですか? やはりそういう気持ちで接しても表面的なお付き合いしか僕はできないと感じました。言葉が通じない、文化が違う中で、自分のことをきっちり伝えるためには、やはり全力で誠心誠意接しないと伝わらないなと強く感じておりました。

宮川ひとつこの「科学の力」「チャレンジメーカー」ということで、ますますのご発展をお祈りしたいと思います。今日はどうもありがとうございました。

坪井ありがとうございました。

賢者の文。With all my heart。
全てのもの、全ての人に対して、素直な気持ちで接することで、文化・言葉の壁を乗り越えた信頼が生まれる。本当に大切なのは言葉ではなく「伝えたい」という気持ち。

※出演者の会社名・役職など掲載情報は、収録当時のものとなります。
※著作権保護の観点から、動画の無断転載・流用などを禁じます。

出演者情報

  • 常盤和明
  • 1960年
  • 神奈川県
  • 千葉工業大学

企業情報

  • リケンテクノス株式会社
  • 放送日 2018.03.11
  • 社名
  • リケンテクノス株式会社
  • 業種
  • 化学・その他メーカー
  • 本社
  • 東京都
  • 所在地住所
  • 東京都千代田区神田淡路町二丁目101番地 ワテラスタワー
  • 資本金
  • 85億14百万円
  • 売上高
  • 905億8,900万円 (2016年度)
  • 従業員
  • 単体658名(2017年9月30日現在)

Share this article

URL

Follow us on

Twitter FaceBook

関連コンテンツ

運営会社

株式会社矢動丸プロジェクト
https://yadoumaru.co.jp

東京本社
〒104-0061 東京都中央区銀座6-2-1
Daiwa銀座ビル8F
TEL:03-6215-8088
FAX:03-6215-8089
google map

大阪本社
〒530-0001 大阪市北区梅田1-1-3
大阪駅前第3ビル23F
TEL:06-6346-5501
FAX:06-6346-5502
google map

JASRAC許諾番号
9011771002Y45040