介護の実体験から社会課題へ。話題の介護業界に安定の枠組みをつくる発想とは?


株式会社アーバンアーキテック
代表取締役社長
川又 則夫

特選インタビュー

超高齢化社会、要介護人口の増加という社会問題と、ともなっての人材不足などで話題が尽きない介護業界。そのようなマーケットのなかで、月々の年金で賄える程度の金額で入居可能、というサービス付き高齢者住宅事業を営むアーバンアーキテック。入居者にも、働く方にも、そしてこれから社会へ出る若者の未来までも担う挑戦ができる、安定した品質とスケーラブルな仕組みは、どうつくられたのか?代表取締役社長の川又則夫に聞く。

社会貢献をみすえた事業モデル

川又まず、投資家や地主などに高齢者住宅を建てていただきます。それを私どもが借り上げて、運営するということをやっております。介護保険を前提にした事業ですので、長期的に見れば安定した収益を得ることができます。それと25年、30年、一括の借り上げですので、非常に安定した利回りもご提供できるということが地主様にとっては一つの魅力になるということです。

蟹瀬土地活用から利益を上げるという視点から考えた場合には、手っ取り早いのが駐車場だとか、あるいはビルを建ててテナントを入れてその賃料で、ということにすればオーナーの方も効率的になりますよね。そういう意味では説得をしていくにはなかなか難しい部分があるのではないですか?

川又まず地主様に一定のご理解をいただくということが第一になりますので、今の日本の現状ですとか、この事業が地主様にとってどういった意義があるのかということを丁寧にご説明申し上げまして建てていただく、ということがまず先決になりますね。

蟹瀬そういうお話をされたときには「ああ、やってみよう!」とおっしゃる方がいらっしゃるということですか?

川又「これは社会貢献になる」、地主様には高齢の方もいらっしゃいますし、「そうだよな」ということでご理解いただけるというケースがたくさんあります。

商圏とオペレーション

蟹瀬具体的には今、どういうオペレーションをなさっているのですか?

川又茨城県が本社ですので茨城に多いのですが、関東近県に50施設ほどあります。20人から40人くらいの方をお世話できるような施設ですね。比較的小規模な施設が多いところが私どもの特徴です。

アーバンアーキテックは月々の年金で賄える程度の金額で入居可能なサービス付き高齢者住宅「ご長寿くらぶ」を、茨城県を中心とした関東エリアで50施設以上、展開している。茨城県龍ケ崎市にある「ご長寿くらぶ 龍ヶ崎下町(しもまち)」の施設長(介護福祉士) 糸賀 直樹さんにお話を聞いた。

福井私は今、茨城県龍ケ崎市にある「ご長寿くらぶ 龍ヶ崎下町(しもまち)」に来ています。こちらの入居者は何名くらいいらっしゃるのですか?

糸賀22室あるなかで、17人の方にご利用いただいています。年金でなんとか賄える金額をということで、川又代表が考えた料金設定でございますので、そういった方々にぜひご入居していただきたいと考えております。

福井きれいですね。

糸賀そうですね。まだオープンして10か月ほどです。

「ご長寿くらぶ」について入居者の方はどう思っているのか、お話を聞いた。

福井実際に暮らしてみて、いかがですか?

蒲生住めば都だね。

福井そうなのですね!こちらのスタッフさんの対応は蒲生さんからみて、いかがですか?

蒲生いいんじゃないの。親切だからね。

糸賀こちらは入居者の重田さんです。

福井こちらでの重田さんの1日の生活はどういう感じなのですか?

重田私は朝、起きてきて、食事をして、みんなと1日ぬり絵をしたり、本を読んだり、会話してワイワイ騒いでいるのが一番楽しい。

JR常磐線 勝田駅南口から徒歩3分。「ご長寿くらぶ 勝田駅前館」。
こちらの施設は入居金なし、保証金なし、食費込み、月額費用111,000円となっている。
総務部兼人事部 部長 川越博夫さんにお話を聞いた。

福井こんにちは。よろしくお願いいたします。

川越こんにちは。はじめまして、よろしくお願いいたします。

福井この雰囲気、思っていた老人ホームと違いますけれども。

川越はい。この建物自体は元々ビジネスホテルでして、新しくはないですけれども買い取りまして、健康型の有料老人ホームとして運営をしています。

福井なるほど。ちょっと昭和の香りといいますか。

川越まったくそのとおりだと思います。

福井こちらはどんな方が利用されているのですか?

川越介護保険を利用しないのだけれども、生活や自立に不安があるから手助けがほしいという方、料理を作ることや食べることができない、そういう方たちに利用していただいております。

こちらの施設は要介護認定を受けていない人を対象にした健康型有料老人ホーム。自己負担額は介護保険を利用する介護付き有料老人ホームとほぼ同額。なぜ、この健康型有料老人ホームへの入居を希望したのか。利用者の方にお話を聞いた。

須貝まだ介護認定を受けていない人でも入れる、自立型のところがあって。同じ運営会社の中で、介護施設もあって、特別養護老人ホームもある。同じ会社の中で系列があるということで、ここへ引っ越してきました。

アーバンアーキテックでは健康型有料老人ホーム、介護付き有料老人ホームのほか、別法人として特別養護老人ホームを運営。グループ全体で高齢者の状態に応じたケアを行っている。

出演者情報

  • 川又 則夫
  • 1958年
  • 茨城県
  • 早稲田大学

企業情報

  • 株式会社アーバンアーキテック
  • 放送日 2018.06.10
  • 業種
  • 建築・土木・設計/医療・福祉関連/その他専門コンサル
  • 所在地住所
  • 茨城県ひたちなか市勝田泉町4-17
  • 資本金
  • 2,000万円
  • 売上高
  • 44億円(2018年4月実績)
  • 従業員
  • 739名

関連コンテンツ

運営会社

株式会社矢動丸プロジェクト
https://yadoumaru.co.jp

東京本社
〒104-0061 東京都中央区銀座6-2-1
Daiwa銀座ビル8F
TEL:03-6215-8088
FAX:03-6215-8089
google map

大阪本社
〒530-0001 大阪市北区梅田1-1-3
大阪駅前第3ビル23F
TEL:06-6346-5501
FAX:06-6346-5502
google map

JASRAC許諾番号
9011771002Y45040