サービスで「絆」を紡ぐ。
130年の歴史を持つ運輸業界の老舗を支えてきた精神


鴻池運輸株式会社
代表取締役兼社長執行役員
鴻池 忠彦

特選インタビュー

鴻池運輸株式会社は1880年に創業し、130年を超える歴史を持つ運輸業界の老舗企業だ。しかし、「運輸」という名前がついているにもかかわらず、運輸事業は全体の売上の半分でしかない。創業家4代目にあたる代表取締役兼社長執行役員 鴻池忠彦にこれまで鴻池グループがいかにして発展してきたのか、そしてこれからどのように進化していくのかを語ってもらった。

メディカルサービス

坪井 メディカル業界ではどのような事業をされていますか?

鴻池 メディカルにおきましても様々なサービスを提供しているんですが、滅菌サービスっていうのがあります。これは病院で診療に使われる診療機器、これは当然患者さんに触れますので、そこに菌で汚染されているっていう可能性があります。それを我々が病院様から回収をして、我々自社の滅菌工場が日本全国12ヶ所あります。そこに病院から回収したものを持って来て、洗浄・滅菌をして、また再び病院にお届けする。いわばクリーニング業みたいな仕事もさせていただいております。

宮川 非常に高度な細かいところまで入り込んでらっしゃるんですね?

鴻池 そうですね。特にメディカルについては患者さんの命にも関わってまいりますので、品質面については非常に神経を使って慎重に作業させていただいております。

こちらは千葉県成田市にある成田国際空港。鴻池運輸のグループ会社では、チェックインカウンターでの対応や荷物の預かり、搭乗口へのご案内など、空港内でのお客様サービスを請け負っている。仕事のやりがいについて社員に話を聞いた。

(インタビュー:空港ターミナルサービス株式会社 エアライン業務部 中国南方航空担当 実川 栞さん)

実川 毎日がイレギュラーな感じで、もともとマニュアルあるんですけども、それに沿ってやっていくとやっぱり見られない部分が出てきます。そういうのを先輩たちと一緒に試行錯誤しながらクリアしていくっていうのがすごく自分の力にもなるし、次また後輩にも教えられるというところで、日々勉強できるのがやりがいかなって思います。

こちらは空港内に設置されている案内カウンター。施設内の案内をはじめ、フライト情報、公共交通機関の乗り場の案内なども行っている。案内を担当する社員に話を聞いた。

(インタビュー:空港ターミナルサービス株式会社 旅客案内事業部 第1ターミナル担当 花澤 杏実さん)

花澤 2020年のオリンピックが控えております。すでにたくさんの国籍の方が成田空港にいらっしゃることを自身でも実感しておりますので、日本の玄関でもある成田空港で日本のおもてなしができるように、日本を好きになっていただけるようなご案内ができるように頑張っていきたいと思っております。中でも、困った顔をされたお客様、そんな顔をされたお客様が私のご案内をしたときに、最終的に笑顔でご案内カウンターから去られるのを見たときにすごくやりがいを感じます。

このほかにも、旅客ハンドリング業務、グランドハンドリング業務を請け負っている。グランドハンドリング業務は到着や出発する航空機の燃料補給や登場時などに利用するボーディングブリッジの着脱、機内清掃、手荷物貨物の搭載など多岐にわたる。チェックインカウンターでお預かりしたお客様の荷物などを搭載する作業では、特殊な車両を使い、機体を傷つけないよう細心の注意が払われている。
また、離陸前の機体のチェックもグランドハンドリング業務の大事な仕事。何人ものスタッフが重ねてチェックを行っている。こちらは離陸する航空機を滑走路まで運ぶプッシュバック業務。航空機はバックでの走行ができないため、特殊車両を使い、管制官やパイロットと連携しながら、滑走路の正しい位置までいるという。
鴻池グループでは、こうした仕事を通じて空港内の安心安全を守っている。

お客様との絆

宮川 運用から請負サービスということですけど、その請負の方も非常に高度なところまで入ってらっしゃっていますね。この事業拡大はどうのようにやってこられたんですか?

鴻池 我々安全品質を第一に、日々仕事に取り組んでお客様にサービスを提供させていただいているんですが、そういったことを長年ずっと提供し続けてきたことによって信頼関係が構築できて、信頼によって人と人との結びつける絆ができてきたというふうに思っております。

鴻池スピリッツ

宮川 「運輸」というお仕事だとそれだけやっていればいいっていうふうにと思うんですけど、そこから派生していくというのは社風のようなものがあるんですか?

鴻池 それは我々のおそらく昔からのDNAみたいなものがあって、何か常にチャレンジしようとか挑戦したいという。だから仕事に関しても、これだけのことをやってください、鴻池さんこれだけやってねって言われたことに満足しないで。いや俺ならここはこういうふうに改善するというようなところがあって。それが信頼に繋がって、人と人の絆になっているんだと思います。

宮川 いやしかしそういったものを引き継いでいくっていうことを社風として持っていらっしゃる、素晴らしいことですね。

鴻池 はい、それは本当に、我々が創業以来、もう日々みんなが取り組んでやってきたこと。そして、それが本当に愚直に真面目に取り組んできたからこそ、今まで続いてきているんだというふうに思います。

物流

坪井 さて、ここからは鴻池グループの物流サービスについてのお話を伺ってまいりたいと思います。どのような物流サービスを手がけていらっしゃるんでしょうか?

鴻池 いろいろな機能を備えた倉庫を運営をしたり、トラックの配送のサービス。また倉庫で保管しています商品の一部に加工を加える「流通加工」という業務なんですが、そういったサービスも提供させていただいております。

鴻池グループの物流サービスは主に4つの事業で構成されている。全国各地の多機能型倉庫と多様な輸配送ネットワークで物流サービスを提供する「国内物流」。生鮮食品から精密部品、プラント輸送までグローバルビジネスをサポートする「国際物流」。長年のノウハウを活かし、きめ細やかな温度管理で最適な状態を保つ「定温物流」。これらを結ぶ倉庫を全国各地に世界各国に備え、お客様のニーズに柔軟に対応している。

出演者情報

  • 鴻池 忠彦
  • 1953年
  • 大阪府

企業情報

  • 鴻池運輸株式会社
  • 放送日 2018.08.19
  • 業種 
  • 海運・鉄道・空輸・陸運/物流・倉庫/サービス(その他)/ビル管理・メンテナンス
  • 所在地住所
  • 大阪市中央区伏見町4-3-9
  • 資本金
  • 1,710百万円
  • 従業員
  • 15,000名

関連コンテンツ

運営会社

株式会社矢動丸プロジェクト
https://yadoumaru.co.jp

東京本社
〒104-0061 東京都中央区銀座6-2-1
Daiwa銀座ビル8F
TEL:03-6215-8088
FAX:03-6215-8089
google map

大阪本社
〒530-0001 大阪市北区梅田1-1-3
大阪駅前第3ビル15F
TEL:06-6346-5501
FAX:06-6346-5502
google map

JASRAC許諾番号
9011771002Y45040