潜在患者数は530万人!まだ世に知られぬタバコと関係がある生活習慣病とは


公益社団法人日本医師会
副会長
今村 聡

特選インタビュー

現在、世界的に見ても喫煙をすることの健康への影響、喫煙に対する考え方は変わりつつある。喫煙の健康被害としてまず挙げられるのが肺ガンだが、実は肺ガンのほかにもタバコに関係の深い生活習慣病が存在する。それがCOPDだ。今村聡は公益社団法人日本医師会の副会長を務めながら、COPD啓発プロジェクトの理事も兼任しており、日本でのCOPDの認知度アップに取り組んでいる。今村が進めるプロジェクトの全貌に迫る。

Leader’s Choice

ドーキンズ さて番組ではリーダーズチョイスと題しまして、ゲストの方に選択の基準、敬愛の人、賢者の文の三つの中からカードで一つ選んでお話しいただいています。では今村先生、お一つお選びください。

今村 真ん中を。

宮川 「選択の基準」。これは、どういうことでしょうか?

今村 「公のために」ということです。医師会の役員をしていますと、本当にいろいろなことを決断しなきゃいけないと。様々な選択肢のある中で、何かをどうしても決めなきゃいけないってことは結構あります。医療の話って本当にステークホルダーが多くて、利害が一致しないことが結構あります。
だから、こちらの意見とこちらの意見を考えて、その結果としてどういう選択をするかというときには、常に公のためになるのかどうかということですね。1つの選択の基準にしております。

今後の展開

ドーキンズ 今後の展開はどのようにお考えでしょうか?

今村 COPDの啓発ということに関して、国民の皆さんにCOPDという病気。まずは名前を知っていただく、そして早く自分がCOPDであるならば気がついて、重症化しない治療に取り組んでいただく、ということを進めていくということが、今後の大きな私に対する課せられた課題だというふうに思っています。

宮川 今日はとりあえず「COPD」私もしっかり心に留めて日本医師会、これからの活動も非常に期待しております。今後ますますご活躍をお祈りしております。今日はどうもありがとうございました。

今村 とんでもございません。今日はどうもありがとうございました。

ドーキンズ ありがとうございました。

選択の基準-「公のために」どんな選択肢にも様々な正論がある。それはそれぞれの考え方や思いが違うから。その選択肢から一つを選ぶことを迫られたとき、誰のためになるべきかに焦点を当てれば、おのずと最優先すべき道が見えてくる。

※出演者の会社名・役職など掲載情報は、収録当時のものとなります。
※著作権保護の観点から、記事・動画の無断転載・流用などを禁じます。

出演者情報

  • 今村 聡
  • 1952年
  • 大阪府
  • 秋田大学

企業情報

  • 公益社団法人日本医師会
  • 放送日 2018.10.14
  • 業種
  • 職能団体
  • 所在地住所
  • 東京都文京区本駒込2-28-16

関連コンテンツ

運営会社

株式会社矢動丸プロジェクト
https://yadoumaru.co.jp

東京本社
〒104-0061 東京都中央区銀座6-2-1
Daiwa銀座ビル8F
TEL:03-6215-8088
FAX:03-6215-8089
google map

大阪本社
〒530-0001 大阪市北区梅田1-1-3
大阪駅前第3ビル23F
TEL:06-6346-5501
FAX:06-6346-5502
google map

JASRAC許諾番号
9011771002Y45040