資源を無駄なく使う。
循環型社会の形成を目指すバイオエコロジービジネス


株式会社テクノシステム
代表取締役社長
生田 尚之

特選インタビュー

これからの社会では、いかに資源を無駄なく利用するかがテーマとなっている。株式会社テクノシステムは、バイオエコロジー技術で知られており、水・食・電気を柱に、人間が生きていくために欠かせない分野で、環境に負荷をかけない製品を製造・開発している。代表取締役社長 生田尚之は、循環型社会という理想の実現のため、新しい消費の形を提案する。生田の唱える「豊かな生活」とは。その全貌に迫る。

社会を創る 新たな取り組み

蟹瀬 三つの事業を、展開されてこられたわけですけども、これからさらに、新しい取り組みっていうのは考えてらっしゃるんですか?

生田 はい、水は水の装置のところ、フードはフードのところ、電気は電気のところ、それぞれの分野において実績も出てきましたので、今後はこの水・電気・食べ物を一つの総合の形にした、循環型スマートシティ構想というのを、やっていきたいというふうに考えております。
具体的には今、横浜だとか浅草だとか、そういったところに約10階建てほどのビル、マンションやホテルを立てておりまして、従来ですと水道水を直結し、電気も電力会社から買うというのが通常のビルなんですけども、場所によっては電気も地下水位を利用して、浄水をして、そのビル全体を使うエネルギーも再生可能エネルギーを利用する。
また、電気も貯めておく。排出物、ゴミも出ますので、これもバイオマスを利用して浄化するという循環型のビル、これを目指して今取り組んでおります。

蟹瀬 楽しみですね、いわゆる自己完結型だけれども、いずれはそれをもっと地域全体に広げていくという発想なんでしょうかね。

生田 最終的には社会を作りたいんですけど、社会を作る前に街があって、街を作る前に村があって、村を作る前にビルというのが一つのところになりますので、やはり形にして広めていくという取り組みをしていきたいな、というふうに思っております。

モノづくりだけに没頭するのではなく、ビジネススキルを身につけ、当たり前のことをコツコツと積み重ねる。それがテクノシステムの礎。

Leader’s Choice

福井 さて、番組ではリーダーズチョイスと題しまして、ゲストの方に選択の基準、敬愛の人、賢者の文この三つのカードの中から、一つを選んでいただき、お話しいただきます。それでは、生田社長よろしくお願いいたします。

生田 はい。

福井 「賢者の文」ですね。それでは賢者の文ということで、ゲストの方の心に秘めた言葉を、一筆書いていただいております。それではお願いいたします。

生田 「諦めずにやり遂げる」

福井 この言葉を選んだのはなぜでしょうか?

生田 まさにこれは、今までの会社経営の経験から出た言葉なんですけども、再生可能エネルギーの事業というのは、広大な土地を利用して、そして住民の同意を得て、建設道中も長い歳月がかかる。
その間災害が起きたり、事故も起きたりっていうのがあるんですけども。乗り越えるために1人の力では無理だったので、そこでいろんな周りの方たちの力を借りたんです。これによって人脈という構築ができたので、困難が起きたときにどう乗り越えるか、どう立ち直るか、乗り越え方というのが自分の大きな宝にもなってますので、諦めずにやるんだと、いうのが自分とって一番力の源になっているのかなと、いうところでございます。

今後の展開

福井 生田社長は、今後の展開はどのようにお考えですか?

生田 今まで、水・電気・食べ物ということでやってきたんですけども、それぞれにおいて共通して大事なことがございまして、「貯める」「蓄える」というのが、非常に大事なテーマになっております。
なので、今考えているのは、「貯める」というところにこだわった技術ですね、「蓄電池」というものを、四つ目の柱としてやっていこうというふうに思っております。いろんな海外に行くと、周りにまだ電気を送る、送電網が整っていない場所がございますので、一度いろんな形で電気を作って蓄えて、それをいかに利用するかというものにおいては、非常に大切な分野でございますので、この辺をちょっと活用していきたいなというふうに思っております。

蟹瀬 それと同時に、今日お話を伺ってて、これまでの大量生産、大量消費、大量廃棄、この在り方というのも、これからじっくり見直していかなきゃいけないなと、今日はお話を伺って本当にそう思いました。今日はどうもありがとうございました。

福井 ありがとうございました。

生田 ありがとうございました。

賢者の文-「諦めずにやり遂げる」困難に立ち向かうことで、新たな人脈が生まれる。
困難を乗り越えることで、新たな道が切り開かれる。失敗をチャンスと捉え、諦めずにやり遂げる。その経験こそが人生の宝となる。

※出演者の会社名・役職など掲載情報は、収録当時のものとなります。
※著作権保護の観点から、記事・動画の無断転載・流用などを禁じます。

出演者情報

  • 生田 尚之
  • 1974年
  • 神奈川県
  • 日本大学

企業情報

  • 株式会社テクノシステム
  • 放送日 2018.10.21
  • 業種
  • 機械
  • 所在地在所
  • 神奈川県横浜市西区みなとみらい二丁目2番1号
    横浜ランドマークタワー19階
  • 資本金
  • 14億6,030万円

関連コンテンツ

運営会社

株式会社矢動丸プロジェクト
https://yadoumaru.co.jp

東京本社
〒104-0061 東京都中央区銀座6-2-1
Daiwa銀座ビル8F
TEL:03-6215-8088
FAX:03-6215-8089
google map

大阪本社
〒530-0001 大阪市北区梅田1-1-3
大阪駅前第3ビル15F
TEL:06-6346-5501
FAX:06-6346-5502
google map

JASRAC許諾番号
9011771002Y45040