技術大国ニッポンを支える3人のリーダー。先端技術企業の裏側に迫る!


技術開発 スペシャル
小谷 眞由美 / 山崎 敦彦 / 生田 尚之

特選インタビュー

人件費が原因で新興国企業に遅れを取っているメイド・イン・ジャパン。しかし、日本の技術はいまなお世界に誇れるものばかりだ。今回は「技術開発」をテーマに過去放送を再編集。世界と戦う3企業のリーダーたちが推し進める戦略にフォーカスした。これを見れば、技術大国ニッポンが世界を牽引するためのヒントが浮かび上がってくる。

ヤマシンフィルタ株式会社。1956年、山信工業株式会社として設立。2005年、社名をヤマシンフィルタ株式会社に変更。設立以来、一貫してフィルタの専門メーカーとして、建設機械用の油圧フィルタを開発・生産している。ヤマシンフィルタは、あえて建設機械用の油圧フィルタ一本に集中。革新的な技術を用いて、高い濾過精度や、強い耐久力など、国内外の建設機械メーカーのニーズに応え続けている。現在は建設機械用油圧フィルタの生産技術を活かし、船舶・鉄道車両・航空機などに使用される産業用フィルタ、電子部品や薬品など、不純物をナノレベルで除去するプロセス用フィルタなども手がけ、2017年、東証一部上場企業の中で、株価上昇率第3位と注目を集めている。これまで培ってきた技術を活かし、フィルタビジネスのさらなる発展を目指すのは、ヤマシンフィルタ株式会社 代表取締役社長 山崎敦彦。

山崎 フィルタを作る技術、素材を作る技術、こういった技術を用いまして、広く社会の土台となるような会社になっていきたいと思っております。

革新的な技術で豊かな社会を切り拓く。山崎が唱える、フィルタビジネスの新たな挑戦とは。

こす

福井 さて本日は、ヤマシンフィルタが手がける、こちらの油圧フィルタをお持ちいただきましたけれども、建設機械用の油圧フィルタというものは、こちらはどういったものなのでしょうか?

山崎 はい。建設機械というのは、土を削る、土を運ぶ、こういった作業については、油圧を使っています。油圧を使うとなると、油圧の回路というのは、いろいろなところでゴミを拾ってきますので、必ず油圧フィルタが必要になります。人間で言うと油圧回路って、ちょっと血液みたいなものなんですね。油圧で使う油を作動油といいます。これは人間で言うと血液です。人間もそうですけど、血液が体中を回って帰ってくるとゴミをいろいろ拾ってきますよね。そうすると腎臓で濾過しますよね。建機の腎臓がまさにこのフィルタになります。

蟹瀬 ああ、なるほど。そういうふうに考えると解りやすいですね。

質問 良いフィルタの条件とは?

山崎 ところでお二人に質問ですが、良いフィルタとはどういうフィルタとお考えでしょうか?

蟹瀬 僕は毎朝コーヒーを飲むものですから、カスが入らないで、おいしいコーヒーが早く入ってほしいという、そんなイメージですけどね。

福井 ちゃんとこう、スムーズに落ちてくるというか、コーヒーで言いますと、そういうイメージのものが。

山崎 はい。お二人のおっしゃる答えももちろん正解なのですけれども、実はフィルタの技術というのは、なるべく目を細かくして細かいゴミを取る。しかもたくさん取る。でもサッと(油がフィルタを)抜ける。この矛盾する技術をどうやってバランスを取っていくのか、これがフィルタの技術ということになります。

福井 なるほど。

3本の柱

蟹瀬 これから、今この会社の社長をなさっていて、お父様のようにまた何か新しいことにチャレンジするとか、これからの方向というのはどんな感じでお考えなのですか?

山崎 実は今、ヤマシンフィルタには大きく2つの問題があります。1つは今、売上の90パーセントが建設機械業界なのですね。建機業界が良いときは良いのですけれども、これが落ちると必ずやはり業績も落ちると。

蟹瀬 いわゆる一本足打法になっているということですか?

山崎 はい。ですから柱をあと2つ、やっぱり3本の柱があって初めて安定する、3本の柱を作りたいというのが一番目ですね。2番目は、フィリピンが90パーセントの生産を担当しているのですね。フィリピンの工場に、もし何かあったときには、供給が止まるのですね。これも大きなリスクだと思っております。工場のほうは、中国にパートナーを見つけまして、そこに作ってもらうという契約を始めまして、中国に生産を一部分散しつつあります。それからアメリカのイリノイ州ですけれど、そこに新しい工場を作ります。フィリピンと中国とアメリカとで生産をやっていくという体制を取っていきたいと思います。それから営業については、建設機械用油圧フィルタ以外に新しい分野を、なんとしてもここ2,3年の間に作っていきたい。幸いここ2,3年は建機の業界が、しばらく好景気が続くだろうと言われておりまして、昔のケネディ大統領が、「屋根を修理するなら晴れた日に限る」と。そのとおりに、幸い状況に恵まれているときにこそ、この将来のための布石を今やるべきだと思っています。

蟹瀬 ただ、その屋根を直すためには、当然お金がいりますよね。資金調達というのはどのように考えていらっしゃるのですか?

山崎 はい。第三者割当増資ということで、100億円の増資を出しました。この100億円のお金が今、キャッシュとして眠っています。これを使って、将来のための屋根直しを図っていきたいというのが、今の状況なのです。

ヤマシンフィルタ株式会社 横浜開発センタ 神奈川県 横浜市

こちらは、ヤマシンフィルタの開発拠点として濾材の研究や開発、さまざまなフィルタの試験分析などを行なっている横浜開発センタ。新たな事業を確立するために、現在どのような研究が行われているのか、担当者に話を聞いた。

(インタビュー:開発本部 R&D部 部長 工学博士 尾下竜大さん)

尾下 横浜開発センタのほうでは、建設機械が弊社の売上の9割ということもありまして、建設機械のお客様向けの製品開発ということを主に行なっております。フィルタというものは、基本的にはゴミを取るということがいちばん重要なところにはなってくるのですけれども、そのフィルタでゴミを取るということだけではなく、実際そこに流れてくる油自身を長持ちさせるためにはどういうようなフィルタがあれば良いのかとか、どういう性能を持たせれば良いのかとか、次の付加価値をどのように提案していくかということを、今、基礎研究のほうで行なっているところですね。長い間、建設機械メーカーのお客様とお付き合いさせていただいていて、私ども開発のほうも一緒にお客様のほうに行きまして、現状使われている製品に対しての問題点だったり、良いところだったりということをヒアリングさせてもらいます。それを次の次世代機の建設機械に活かしてもらうために、お客様の望む製品を作るということを一番に心がけております。お客様が100パーセントという部分を求めるのならば、やはり弊社があと20パーセント足したところを出せるような製品づくりというものを心がけております。

新たな可能性

福井 またこちらにすごく綿のようなものが出てまいりましたけれども、こちらはなんですか?

山崎 これは、当社が将来をとても期待している、ナノファイバーという濾材であります。

蟹瀬 ほう、フワフワと、これは結構…。

山崎 分けていただくと、その繊維の細かさが分かるかと思います。

福井 綿あめみたい。

山崎 これを使って今後のビジネスを展開していきたいと考えております。

蟹瀬 これをどういうふうに使われるのですか? フィルタもあるのでしょうけど。

山崎 最初は、うちはフィルタメーカーですから、フィルタとして使います。これを濾材として今の油圧フィルタに使うと、ライフが3倍に延びる。3000時間とか5000時間使えるフィルタが、これによって実現可能になるのですね。まずこれを導入していきたいと思っています。その次に、建機油圧以外の柱を作りたい。こちらの分野にこれを投入して、やっていきたい。例えば、ビニールハウスがあって、そこの断熱材としても使えるだろうと。それから音をカットするのも特性としてありまして、さらに決して燃えないのですね。そういった点が評価されて、航空機の内装材とかこういったものにも良いのではないかということで、用途がとても広がっています。

蟹瀬 ものすごいこの先、色々な用途がある気がするね。

福井 本当にそうですね。

山崎 今、AIとかIoTとか情報産業がとても進歩していて、今、世の中があと5年10年したら世界が変わると言われているじゃないですか。同じように、フィルタの世界もこういう新素材によって次の時代はガラッと変わるということが言えるかもしれません。

新たな価値の創造で 様々な分野に革新をもたらす。それがヤマシンフィルタが進むべき道。

出演者情報

  • 小谷 眞由美 / 山崎 敦彦 / 生田 尚之

企業情報

  • 技術開発 スペシャル
  • 放送日 2019.02.04

関連コンテンツ

運営会社

株式会社矢動丸プロジェクト
https://yadoumaru.co.jp

東京本社
〒104-0061 東京都中央区銀座6-2-1
Daiwa銀座ビル8F
TEL:03-6215-8088
FAX:03-6215-8089
google map

大阪本社
〒530-0001 大阪市北区梅田1-1-3
大阪駅前第3ビル23F
TEL:06-6346-5501
FAX:06-6346-5502
google map

JASRAC許諾番号
9011771002Y45040