「凡事徹底」できる企業が生き残る。世界と戦う分析・計測機器メーカーの経営戦略


株式会社堀場製作所
代表取締役会長兼グループCEO
堀場 厚

特選インタビュー

株式会社堀場製作所は京都に拠点を置く分析・計測機器メーカーだ。元は小さな一軒家からスタートした会社だが、今では国内外の企業を傘下に収めるグループ企業へと発展、その事業は自動車、環境、医用、半導体、科学分野など多岐に渡る。代表取締役会長兼グループCEO 堀場厚は経営の舵を繊細かつ大胆に切ることで、厳しい世界経済の中でも常に前進してきた。堀場が語る世界と渡り合うために必要なもの、日本の企業に欠けているものとは?

Leader’s Choice

松尾 さて番組ではリーダーズチョイスと題しまして、ゲストの方に選択の基準、敬愛の人、賢者の文の三つの中からカード一枚を選んでお話しいただきたいと思います。それでは堀場会長、よろしくお願いします。

堀場 これですね。

松尾 はい。選択の基準。

堀場 やはり情報だと思いますね。ですからいわゆるフロントラインの情報ってすごく大事で。我々いろんな報告が当然入ってくるわけですけど。報告っていうのは、報告する人の選択されたものがあるんですね。選択されてない中に、宝がいっぱいあるんです、情報っていうのは。それを解決するのは何かっていうと、自らフロントラインに行くしかないんですよね。自らフロントラインに行って、情報を取りに行く。これはやはり基本的に大事だと思いますね。

松尾 まずは自分の目で現場を見よ、ということなんですね。

堀場 そうですね。ですからそれを見て最終選択をする。ほとんどは報告を聞いて選択をするから間違うんです。最終的には、やはり自ら自分の目で見て、肌感覚で感じるっていうのは、すごくトップにとっては大事だと思いますね。

今後の展開

松尾 そうですか。では、今後の展開をお聞かせください。

堀場 我々、ここまで会社の規模とかですね。ブランド力とか、あるいはグローバル化っていうのをそれなりに成功してきたんで。私としては次のステージへ会社としては、上げたいなと思っております。我々のジャンルでやっぱり世界一ということだと思いますね。

松尾 世界一の姿、楽しみにしております。ありがとうございました。

堀場 ありがとうございます。

選択の基準―「情報」選択された情報よりも 選択されていない一次情報にこそ、宝が眠っている。自らフロントラインに立ち 最終判断をする。経営者の判断はファイナルジャッジ!決して人任せにしてはならない。

※出演者の会社名・役職など掲載情報は、収録当時のものとなります。
※著作権保護の観点から、記事・動画の無断転載・流用などを禁じます。

出演者情報

  • 堀場 厚
  • 1948年
  • 京都府
  • カリフォルニア大学

企業情報

  • 株式会社堀場製作所
  • 放送日 2019.03.18
  • 業種 
  • 電気機器
  • 所在地住所
  • 京都市南区吉祥院宮の東町2
  • 資本金
  • 120億1千1百万円
  • 売上高
  • 2,105億7千万円(連結) ※2018年度
  • 従業員
  • 7,943名(グループ) ※2018年12月31日現在

関連コンテンツ

運営会社

株式会社矢動丸プロジェクト
https://yadoumaru.co.jp

東京本社
〒104-0061 東京都中央区銀座6-2-1
Daiwa銀座ビル8F
TEL:03-6215-8088
FAX:03-6215-8089
google map

大阪本社
〒530-0001 大阪市北区梅田1-1-3
大阪駅前第3ビル23F
TEL:06-6346-5501
FAX:06-6346-5502
google map

JASRAC許諾番号
9011771002Y45040