賢者の選択TOP > 賢者になろう!

賢者になろう! 賢者になるためのステップコラム

Vol.40

2012.11.05

賃貸経営の賢者になろう!
~管理会社選択のポイント~

第2回 ポイントその1 『入居者募集業務』

 前回は不動産管理会社(=プロパティ・マネジメント会社/以下「PM会社」)には「店舗兼業型」と「PM専業型」のふたつのタイプがあることをお話しました。

 今回からは3回にわたり、PM会社の基本業務とその求められるレベルをお伝えし、さらにふたつのタイプの“強み”についてご紹介してまいりたいと思います。

 さて、PM会社が行う基本業務には、主に次のものがあげられます。

 今回はこのうち「1入居者募集業務」についてお話しいたします。

 「入居者募集業務」とは、簡単に言えば、管理をお任せいただいている物件で入居者様が退去したとき、次の入居者を探し契約を締結する業務です。

 この業務が滞れば、当然、空室期間が長期化し、その間オーナーには家賃収入が入ってきませんから、一日も早くお部屋を稼働させることが第一の目標です。

 しかし、早く空室を埋めるだけでなく、できるだけ高い家賃を得られるようにすることも大切です。

 「店舗兼業型」と「PM専業型」の各PM会社はそれぞれのやり方でもって、この業務を行いますが、その会社のレベルを見極めるのに共通して使える指標は「空室率の低さ」(=稼働率の高さ)です。

 オーナーがPM会社を選定するときは、「管理物件の稼働率はどれぐらいか?」ということを確認されるとよいでしょう。稼働率を公表できない、もしくは把握していないようなPM会社に管理を任せるのはリスクが高すぎます。

PAGE TOP

 登録はこちら 詳細はこちら