地球環境を守りながら発展を続ける!常に挑戦を続ける老舗企業が目指す未来とは


三菱化工機株式会社
取締役社長
髙木 紀一

特選インタビュー

三菱化工機株式会社はプラント・環境設備の建設・エンジニアリング・各種単体機器の製作を中心に展開する企業だ。創業80年を超える老舗企業でありながら、新たな事業への取り組みにも余念がない。その1つが水素を活用した新エネルギー事業だ。取締役社長 髙木紀一は歴史に奢ることなく常に挑戦と躍進を見据えた経営戦略を打ち出している。その舞台裏に迫る。

地球に優しいエネルギーの開発・製造に取り組む企業がある。

髙木 水素を使った自動車からは基本的には水しか出てこないと。非常にクリーンな状態になります。

三菱化工機株式会社 取締役社長 髙木紀一。

水素エネルギーへの取り組みを始め、次世代クリーンエネルギーの開発に力を入れている。

自社の強みを生かした世界初となるプロジェクトとは?

髙木 下水汚泥関係から出てくるバイオガス、こういったものの有効利用をすることによって、それ自体が環境に対する一つの保全保護といいますか、そういったものに結びつくのではないかというふうにとらえております。

長い歴史と実績に奢ることなく、挑戦と躍進を続けるとき、そこに新たな価値が生まれる。賢者の選択 FUSION。

宮川 賢者の選択 FUSION、ナビゲーターの宮川俊二です。

ドーキンズ ドーキンズ英里奈です。改めまして、本日のゲストをご紹介します。三菱化工機株式会社 取締役社長 髙木紀一さんです。よろしくお願いします。

宮川 どうぞ、よろしくお願いします。

髙木 どうぞよろしくお願いいたします。

ドーキンズ まずは、三菱化工機の事業と歴史をコンパクトにご紹介するショートイントロダクションです。

三菱化工機株式会社は、1935年、化工機製作株式会社として創立、1940年、油清浄機の第1号機を受注し、販売を開始。1954年、都市ガスを増熱水性ガスプラント。1959年、下水処理場向け し尿消化汚泥脱水設備。1963年、水素製造装置の第1号機を受注し、販売を開始。1970年代以降、工業地帯などで発生した公害問題に対し、大気汚染防止装置の開発を行い、環境問題改善に寄与している。現在は、水素エネルギーへの取り組みをはじめとした、プラント・環境設備の建設・エンジニアリング・各種単体機器の製作を中心に事業を展開している。

創業の経緯

ドーキンズ さて、三菱化工機は80年を超える歴史ある会社ですが、どのような経緯で創立されたんでしょうか。

髙木 私ども創業は1935年になります。当時、化学機械というものはほとんどが輸入に頼っていた時代でございました。私ども三菱グループの数社の出資を得まして、どうしても日本の国内で化学機会製品を国産化とすると、そういうような気持ちがございまして、主に化学器械類を作る工場として立ち上げたっていうのが実態でございます。
最初に作った製品は、実は「オートクレーブ」という、いわゆる高圧の反応窯といいますか、化学器械の一つなんでございますけれども、こういったものを作って。それから戦争が大分近くなってまいりましたので、軍の方から船に積む油清浄機、船っていうのは実際には油を燃料にしまして、それをエンジンにつぎ込んで、それで動いてるという状況なんでございますけども、油自体が非常に汚いものでございますんで、そのままエンジンに入れますとすぐ壊れちゃう。そこで綺麗な状態で油を供給してやる必要があると。それが私どもの油清浄、昭和15年に最初にお納めしたっていうのが実情でございますね。

現在の事業

宮川 現在はどのように事業展開をされてるんでしょうか。

髙木 単体機械、固液分離といったものを中心にした油清浄機。これは遠心分離機でございますけれども、それからフィルター。広域分離等々をやる、そういう設備、発電所の中に冷やすために海水を取ったりする。そうすると海水というのはクラゲが多くて、フィルターにかけて取るためのそういったスクリーン、反応関係でいうとその攪拌する攪拌機だとかそういったものを主として作っている。そういうのが単体機械の製品でございます。はい。

出演者情報

  • 髙木 紀一
  • 1954年
  • 富山県

企業情報

  • 三菱化工機株式会社
  • 放送日 2019.09.23
  • 業種 
  • 各種プラント・環境設備及び各種単体機械等の設計、製作、据付、販売
  • 所在地住所
  • 神奈川県川崎市川崎区大川町2番1号
  • 資本金
  • 39億5,697万5千円 (2019年3月末日現在)
  • 売上高
  • 292億23百万円(単体)(2019年3月期)
  • 従業員
  • 575名(単体)(2019年3月31日現在)

関連コンテンツ

運営会社

株式会社矢動丸プロジェクト
https://yadoumaru.co.jp

東京本社
〒104-0061 東京都中央区銀座6-2-1
Daiwa銀座ビル8F
TEL:03-6215-8088
FAX:03-6215-8089
google map

大阪本社
〒530-0001 大阪市北区梅田1-1-3
大阪駅前第3ビル15F
TEL:06-6346-5501
FAX:06-6346-5502
google map

JASRAC許諾番号
9011771002Y45040