大学から世界に。新薬開発で病から解放したい思いを乗せたペプチドリームとは


ペプチドリーム株式会社
代表取締役社長兼最高経営責任者
窪田 規一

特選インタビュー

東京大学発の新薬開発を手掛けるバイオベンチャーが上場した。東京大学大学院教授の菅裕明と、ペプチドリーム株式会社の窪田規一が出会い、同じ夢を共有することで誕生。創業から7年経った今、ペプチドリームは国内外の大手製薬メーカーが共同開発を熱望する異色のバイオベンチャーへと成長を遂げた。二人が共有したペプチドリームの夢とは?

ペプチドリームの今後

窪田我々はまだまだこの技術、手前味噌ながら、相当完成度が高いと思っています。ただ、まだ改良する、もっと進展させる余地はあると思っています。それを進めていきます。それと同時に、我々の目標は先ほど申し上げたように、そのアンメット・メディカルニーズに対してお薬を作り上げること、提供することです。ですから、できるのであれば、ペプチドリームのPDと刻印されたタブレットであるとかカプセル、そういったお薬を世の中に出せたら、それは本当に嬉しいし、幸せなことです。ですけれども、他の大手の製薬メーカーさんのブランドでも構わないんです。とにかくいい薬を一刻も早く出すということを目標にしています。ですから、ご質問いただいた我々の技術に関して、将来的には独占するつもりはありません。

白石そうなのですか?

窪田はい。

蟹瀬プラットフォームを持っていれば相当儲かりますよ?

窪田ですけれども、例えば我々が自社だけで薬の開発をした場合に、一年間に創出できるシーズ、種、そして薬の元になるようなリード・コンパウンドの数が限られてしまいますよね。でも、大手の製薬メーカーが我々の技術を使って一斉に動き始めたら、もしかしたら本当に短い間にあのアンメット・メディカルニーズの中に役に立つような薬がもっと出てくる可能性がありますよね。

蟹瀬世界で苦しんでいる人を本当に助けることができるようになると。

窪田仰る通りですね。ですから、我々は特殊ペプチドを薬にする時には、我々のこのPDPSという創薬プラットフォーム・テクノロジーがデファクトスタンダードとして使っていただけるような、そういったところまで頑張っていきたいと思っています。

蟹瀬将来的には、ライセンス型でいろんなところに提供していくということになるのでしょうか。

窪田仰る通りですね。

蟹瀬それはおそらくニーズとしては相当出てくるでしょうね。

窪田はい。ですから、その時にやはり十分な価値を認めていただいて「これだったら使えるね」で、もっと本気に使っていただける、そういったものまで成長させたいですね。

蟹瀬そして窪田さんのもう一つの夢は、それは菅先生にノーベル賞をということになりますか。

窪田そうですね。これは私の本当に個人の夢に近いかもしれませんけれども、やはりフレキシザイムが我々の技術のコアです。これは本当に私にとっては目から鱗が出るぐらいに素晴らしい技術なんですね。これによって今、アンメット・メディカルニーズに対して提供できる薬ができるかもしれません。だとするのであれば、やはり菅さんの技術、そしてこの菅さん自身、彼にノーベル賞を……まあ、取らせてと言ったら怒られちゃうかな。取っていただいて、それで一緒にスウェーデンに行って、アクアビットっていうんですか? お酒でも一杯やりたいな、というのが私のもう一つの夢です。

蟹瀬iPS細胞というものも出ましたし、もう一つ僕はやっぱり知りたいなと思うのは、その大学発のベンチャーね。

大学発ベンチャー

蟹瀬こういうものはこれから更に広がっていくという風に考えればいいのでしょうか。アメリカなんかはわりと活発にそういうものございますよね。

窪田そうですね。広がっていくというよりは、広げていかなければいけないと思います。日本というのは決して技術的に欧米に劣るところはありません。絶対日本の技術は素晴らしい技術がいっぱいあります。ただそれをビジネスとして産業として取り上げるということが、正直言って日本は下手です。ですから、日本の素晴らしい技術を産業に作り上げていく、今の本当に安倍内閣の課題かもしれませんが……。

蟹瀬競争力を高めるとかですね。

窪田それはもう絶対に大学から出るべきだと思っています。

蟹瀬その辺の産業界と大学というのがいかにうまく手を繋ぐことができるかと、いろいろな規制というのを撤廃していかなきゃいけないという部分もあるでしょうね。

窪田そうですね、仰る通りですね。

蟹瀬日本の場合はいろんな産業が今衰退をしていると言われていますからね、次の日本の成長を支えるその部分というのが、このメディカルのことっていうのが僕はすごくあるような気がしますね。

窪田はい、仰る通りだと思いますね。

蟹瀬この高齢化社会を迎えて特に。それでは最後になりますけれども、心の支えに何かされているような言葉が、もしおありだったら、聞かせていただきたいのですけれども。

窪田好きな言葉ということも含めて幾つかあります。その中で、私共の会社のペプチドリーム、夢ということに関して言うと、幕末の志士の吉田松陰先生の「夢なき者に理想なし。理想なき者に計画なし。計画なき者に実行なし。実行なき者に成功なし。故に、夢なき者に成功なし」という言葉がございます。

蟹瀬深いですね。

窪田はい。ですから私共の夢は希望とか願望じゃないんです。絶対に達成しなければならない目標なんです。それが私共の今のドリーム、ペプチドリームですね。

蟹瀬やっぱりそのぐらいの思い入れがないと、当然これからいろんなアップダウンが起きてくるでしょうから、それを乗り越えていけないですよね。

窪田仰る通りですね。

蟹瀬今日お話伺っていると、これは頑張れるなって気がしますね。どうですか、自信のほどは。

窪田ええ。プレッシャーと受け止めながら頑張りたいと思います。(笑)

蟹瀬ありがとうございました。

白石ありがとうございました。

窪田先ほどから私共ペプチドリーム、夢のことを語らせていただきました。夢は実現させるものです。そしてその夢を実現させるためには、自分自身を信じることです。そして邁進すること。これが将来の成功を約束することだと思います。

※出演者の会社名・役職など掲載情報は、収録当時のものとなります。
※著作権保護の観点から、動画の無断転載・流用などを禁じます。

出演者情報

  • 窪田 規一
  • 1953年
  • 東京都
  • 早稲田大学

企業情報

  • ペプチドリーム株式会社
  • 放送日 2013.06.30
  • 業種:
  • 医薬品
  • 本社:
  • 神奈川県
  • 所在地住所:
  • 神奈川県川崎市川崎区殿町3-25-23   
  • 資本金:
  • 38億7076万9千円(Wikipedia)
  • 売上高:
  • 48億9574万7千円(Wikipedia)
  • 従業員:
  • 67名(平成29年6月末現在)(公式)

関連コンテンツ

運営会社

株式会社矢動丸プロジェクト
https://yadoumaru.co.jp

東京本社
〒104-0061 東京都中央区銀座6-2-1
Daiwa銀座ビル8F
TEL:03-6215-8088
FAX:03-6215-8089
google map

大阪本社
〒530-0001 大阪市北区梅田1-1-3
大阪駅前第3ビル15F
TEL:06-6346-5501
FAX:06-6346-5502
google map

JASRAC許諾番号
9011771002Y45040