「知識・見識・胆識」意思決定と実行力を高める合言葉がこれだ!!


三井化学株式会社
代表取締役社長
淡輪 敏

特選インタビュー

100年を超える歴史と革新的な技術を用いて幅広いシーンでソリューションを提供している三井化学株式会社。市況の低迷により創業以来はじめてとなる3期連続赤字に転落。そんな中、社長に就任し、見事V字回復を果たした代表取締役社長、淡輪敏。100年の歴史と誇りを背負い、次の100年へと歩み続ける。淡輪が唱える時代を変える科学の力とは?

坪井本日のゲストをご紹介します。三井化学株式会社、代表取締役社長、淡輪敏さんです。よろしくお願いします。

宮川どうぞよろしくお願いいたします。

淡輪よろしくお願いいたします。

宮川今日は、じっくりお話を伺いたいと思います。

淡輪よろしくお願いします。

坪井冒頭のVTRでもご紹介いたしましたが三井化学はルーツを含め、100年以上の歴史があります。どのような歴史を歩んで来られたのでしょうか?

淡輪はい。三井化学のルーツと言いますと、やはり三井鉱山。この石炭を原料に化学肥料、それから染料、農薬とそういったものを作り始めたというのがルーツでございます。そして、歴史の流れの中で三井系の化学会社が一体となるということで、ちょうど私ども合併後20周年になるわけですけども、そういう流れの中で現在の三井化学に至っているというのが歴史でございます。

宮川淡輪さんの経歴を拝見いたしますと早稲田大学で商学部ということですが、これは化学なのですけれども、どういう経緯でお入りになったのですか?

淡輪実は、私の父親が三井鉱山に勤務しておりました。ですから私、小さい時から御田で育ったわけですね。そうすると、例えば、小学校の友人のお父様が化学にお勤めと。

宮川はい。

淡輪そういうことでよく交流しておりましたし、基本的にモノ作りというものに私自身も非常に興味があったので、そういうことで卒業後に三井という就職先を選んだということでございますね。

2014年、淡輪は代表取締役社長に就任。しかし、この時、三井化学は市況の低迷、中国の過剰設備問題を発端とした輸出不振などにより3期連続赤字という窮地に立たされていた。

淡輪前任の社長と話をしたのですが前任の社長からは、私が社長になる直前2年間は全部の事業、担当しておりまして。構造改革の案を立案することにも深く関わっていたと。お前が一番分かっているはずだし、それを実行に移していくのがお前の役割じゃないのかと。そんなふうに言われまして、これは逃げられないなという正直なそんな気持ちでお受けしたわけなんですけども。

坪井業績回復のために具体的には、どのような取り組みをされたのでしょうか?

淡輪具体的には、繊維の原料であったりペット樹脂の原料であったり、あとは高機能樹脂の原料であったり、そういった主に3製品。これの工場閉鎖、それから設備の停止ということをやったというのが構造改革の裏側でございます。もう一つは、やっぱり当社が強みにしている精密合成技術をベースにした高機能商品群と、それからポリマーサイエンスと言っておりますが、いわゆる合成樹脂から、その川下の部分ですね。付加価値を高めていく。そういったところに成長をかけていこうということで、力を集中したということです。

宮川その構造改革が成功した要因って、一番は何だったのですか?

淡輪やはり社員の自覚だと思います。象徴的な言葉としては、ちょうど中期経営計画、14年からの3か年策定しておりました。この期間は、三井化学の誇りを取り戻す戦いの期間だと。そういうメッセージを送りまして、みんなそれを理解してついて来てくれたというふうに思います。

赤字脱却に向け奔走した結果、2014年3月期、4期ぶりとなる黒字化を達成。さらに2017年、3月期には、最高益を10年ぶりに更新。見事にV字回復を果たした。

淡輪今、私どもが力を注いでいる領域ということで良いますと、一つはモビリティ。

宮川モビリティ。

淡輪はい。

モビリティ事業では、自動車などの軽量化・安全性や意匠性・快適性を提供している。

淡輪車っていうのは、今、いろんな意味で軽量化がキーになっています。そういう意味で今、だいたいどうでしょう。1台あたり50キロぐらいのプラスチックを使っております。今後は、もっとそれが増えていくようにしないと軽量化が難しいと。そういったことですね。それからもう一つは、ヘルスケア。

出演者情報

  • 淡輪 敏
  • 1951年
  • 福岡県
  • 早稲田大学商学部

企業情報

  • 三井化学株式会社
  • 放送日 2017.12.17
  • 業種:
  • 化学
  • 本社:
  • 東京
  • 所在地住所:
  • 東京都港区東新橋1-5-2 汐留シティセンター
  • 資本金:
  • 1,250億5,312万円
  • 売上高:
  • 1兆3,439億円
  • 従業員:
  • 13,447名

Share this article

URL

Follow us on

Twitter FaceBook

関連コンテンツ

運営会社

株式会社矢動丸プロジェクト
https://yadoumaru.co.jp

東京本社
〒104-0061 東京都中央区銀座6-2-1
Daiwa銀座ビル8F
TEL:03-6215-8088
FAX:03-6215-8089
google map

大阪本社
〒530-0001 大阪市北区梅田1-1-3
大阪駅前第3ビル23F
TEL:06-6346-5501
FAX:06-6346-5502
google map

JASRAC許諾番号
9011771002Y45040