「たじろがずに自分をかえていく」200年企業が次に乗り越える時代の潮流


鈴与株式会社
取締役社長
鈴木 与平

特選インタビュー

目まぐるしく変化する世界経済と地球環境。かつてない変化とスピードの違いに我々はどう向き合う。時代を牽引する賢者のターニングポイント賢者の選択。静岡県清水区。江戸時代の終わり頃に創業し、この港を拠点にして港湾物流事業を中心に発展してきた鈴与株式会社。鈴与は次々と新たな事業分野を開拓し、現在では140社を要するグループ企業へと成長してきた。1991年に参入した航空事業では富士山静岡空港の開港によって静岡発のエアラインが加速度的に充実しつつある。鈴与は港で発展してきた。これから空の港で発展する。創業200周年の節目を担う老舗企業8代目鈴木与平の未来戦略に迫る。

地域貢献の文化が根付く鈴与 その精神は今も引き継がれている!?

蟹瀬静岡県清水っていう地域へのこだわりってのはね相当強くおありだと思うんですね。その辺のこれからの貢献というのはどうですか?

地域へのこだわり

鈴木静岡県清水というよりも、仕事させて頂いてる地元と手を取り合って行くと言うことが基本的な考え方ですね。ですから今までは静岡県清水を中心に仕事やらせていただきましたから、静岡では博物館を作ったり大学を作ったりいろんな形でお役に立ちたいと思ってるんですけれども。
今度は特にドリームエアラインズで松本ですとか熊本ですか。いろんなところとまた親しくなってるんでそれぞれのところでまたお役に立つようにというようには今思っております。

蟹瀬エスパルスドリームプラザというのも?

鈴木これはアミューズメントコンプレックスなんですけれども。なかなかこれはそろばんが厳しくて。

蟹瀬そうなんですか。

鈴木ただこれは港というのがやはり近代港湾というのは人が入りにくくなっているんで。港と市民という問題を解決するためにですね。そういうものを作って無理に市民の方に来ていただいて、楽しんで海を楽しんでもらおうとそういう目的で作っておりますので。まあそろばんプラスアルファの部分なんですけれども。

蟹瀬一般の方がやはり港に来られる。集まってくれるような?いろんな地域への貢献というのがそういう形でね見える形になってるのは素晴らしいことかと思いますね。

鈴木まあこれもひとつ文化を地方の文化を育てるという意味では大事なことだという風に思っておりますけれども。

蟹瀬さてこの番組ではゲストの皆さんに今後の未来戦略のキーワードというものを書いていただいてるんですが。ぜひお願いしたいと思います。

未来への選択

鈴木これから日本はものすごく変わると思うんですね。そんなに良い方に変わるとは思えないんですけれどもやはりこれからの時代というものはBRICsあるいはロシア、アメリカ。多民族国家の時代だと思うんですね。そうすると多民族国家がものすごい凌ぎ合う時代で。日本は不幸なことにそのうちの三つの国に接しているわけですね。中国、ロシア、今色々問題ありますけれども。あんなものはまだちょうど序の口で幕が開いたところだと思うんですが。

これからもっともっとそれぞれの国がみんな多民族国家というものは国内に矛盾を抱えておりますから、外に向かってエネルギーを吐き出す。ですからその中で日本はよっぽどしっかりしないとすり潰されてしまうような気がするんですね。そのくらい大きな変化が私はこれから来るような気がするんで。そういう中で我々が生き残っていくためにはやっぱり体を変えていかなければならない。変化というのを怖がっちゃいけない。やっぱりいつもそれに対して対応できるような体質作り。これが大事じゃないかなという風に思いますね。

蟹瀬そうですね。おっしゃる通りだと思いますね。ありがとうございます。

鈴木ありがとうございます。

蟹瀬さて最後になりますけれども。この番組をご覧になっている経営者の方あるいはビジネスマンの方にですね。これだけは、という提言をお願いしたいんですけれど。

賢者の提言

鈴木これからの時代というのはですね、日本はこれからものすごく大変な時代が来るかもしれないと思うんですね。そうしますと今強烈に感じているのは我々はどうやったら次の世代の子供達に何を残してやれるのかと言う気がするんです。

次の世代の子供たちへ

鈴木実は僕らの世代って割合ハッピーな時代。ちょっと子供の頃貧しくてひもじかったことがあったんですけど、ほとんどの時代は高度成長期で。

蟹瀬そうですね右肩上がりで。

鈴木はい。それで海外へ行くチャンスもあったし、真面目に仕事をしていれば貯金も貯まった。そこそこ我々の世代って幸せだったと思うんですね。ただこれはですね我々の両親たちの時代の世代が残してくれたものなんですね。
ですから我々の両親の世代って戦争でたくさんの方が亡くなってですね。戦後だって焼け跡から這い上がるようにしてみんな働いて死に物狂いで作ってくれたんですね。それが今の繁栄だと思うんですね。我々はその恩恵を受けている世代なんです。それをものすごく強烈に感じるんです。我々はじゃあ何を次の 世代に残してやったらいいのかなと思うんですけどね。

蟹瀬まあそのことを経営者の方々もビジネスマンの方々もちょっとしっかり考えてほしいということになりますかね?今日はどうもありがとうございました。

鈴木ありがとうございました。

※出演者の会社名・役職など掲載情報は、収録当時のものとなります。
※著作権保護の観点から、動画の無断転載・流用などを禁じます。

出演者情報

  • 鈴木 与平
  • 1941年
  • 静岡県
  • 東京大学

企業情報

  • 鈴与株式会社
  • 放送日 2010.11.28
  • 業種:
  • 陸運・海運・物流/鉄道・航空/クレジット・信販・リース・その他金融
  • 本社:
  • 静岡県
  • 所在地住所:
  • 静岡県静岡市清水区入船町11-1
  • 資本金:
  • 10億円
  • 売上高:
  • 1,130億2,000万円(2016年8月期)
  • 従業員:
  • 1,070名(男性:881名、女性:189名)2016年12月1日現在

関連コンテンツ

運営会社

株式会社矢動丸プロジェクト
https://yadoumaru.co.jp

東京本社
〒104-0061 東京都中央区銀座6-2-1
Daiwa銀座ビル8F
TEL:03-6215-8088
FAX:03-6215-8089
google map

大阪本社
〒530-0001 大阪市北区梅田1-1-3
大阪駅前第3ビル23F
TEL:06-6346-5501
FAX:06-6346-5502
google map

JASRAC許諾番号
9011771002Y45040