「たじろがずに自分をかえていく」200年企業が次に乗り越える時代の潮流


鈴与株式会社
取締役社長
鈴木 与平

特選インタビュー

目まぐるしく変化する世界経済と地球環境。かつてない変化とスピードの違いに我々はどう向き合う。時代を牽引する賢者のターニングポイント賢者の選択。静岡県清水区。江戸時代の終わり頃に創業し、この港を拠点にして港湾物流事業を中心に発展してきた鈴与株式会社。鈴与は次々と新たな事業分野を開拓し、現在では140社を要するグループ企業へと成長してきた。1991年に参入した航空事業では富士山静岡空港の開港によって静岡発のエアラインが加速度的に充実しつつある。鈴与は港で発展してきた。これから空の港で発展する。創業200周年の節目を担う老舗企業8代目鈴木与平の未来戦略に迫る。

創業以来初めての赤字

蟹瀬それからまあ創業以来の赤字に転落しているということで。この時、今振り返られてもそうなんですけど、この赤字に転落した最大理由っていうのはどういうことだったんですか?もちろん景気が悪くなったとかありますけれども。

鈴木やっぱり人の問題だったと思いますね。私ども古くから続いていますから色々な人がいるわけですね。親子何代と来ている連中も多いんですけれども。それだけに情の世界が多くてですね。会社としての管理システムとしてはあまりうまく機能していなかったということですね。
お恥ずかしいんですけれども、私が帰りました時に社員の数がわからないんですね。人事に聞くともちろん何人と答えが返ってくるんですけど、違う数字を見ていると違う数字が出てくるんです。いわゆる正規の社員とパートアルバイトが高度成長で人が足りない時ですから結局現場で人を採用してるわけですね。この人たちは会社には登録されていないけれども、法律から言うと社員として扱わなきゃなんない人が自動的にできてしまった。これには本当にびっくりしましてですね。これはなんとかしなきゃいけないと。ですから厳しい入社試験で採った他に社員がたくさんいるわけですよ。

蟹瀬知らない間に雇われてた社員の方がいると?

鈴木現場の親方が。彼のことも責められないんですけどね。人が足りなかったんで仕事回すためにはどうしても誰か連れてこなきゃならんと。この辺が一番大変なとこだったですね。

蟹瀬今お話を伺っててね、僕はやっぱ面白いなと思ったのはそういう人と人との情っていうもので繋がっている部分と、非常に企業経営の中でアメリカのような合理的な経営というのをこれをこううまく混ぜなきゃいけないわけですよね?この辺の情と合理性のバランスってのはどういう風に捉えたんですか?

情と合理性のバランス

鈴木そこが一番大事なところでですね。ですから私は社員と言うか従業員の中にですね、いわゆる核になる人たちって、まさに情の世界で回していく世界。それからそうじゃない価値観の人たちもいるわけですね。
例えば、女性だったら他のお稽古ごとしたいとかですね。英語習いたい、いずれはアメリカに行きたいと。そういう人たちはちゃんとお金で奨励してあげた方がいいわけですね。ですからそういう意味ではパートアルバイトで奨励してあげる人と、それからそういう情で奨励する、そこをしっかり分けていくということがやっぱり我々のグループの経営で大事なことじゃないかということで。それをずっと時間をかけて組み立ててきたんですけど。

蟹瀬しかしまあ8代目の時代に今なってるわけですよね。そうすると過去からやはりある程度変えて行かなきゃいけない部分も出てくる。それから200年を超えて今度は次はどこへ見えてるかと言うと300年というところになるんだと思うんですけど、その辺に向かってのビジョンというのはどんな感じなんですか?

創業300年へのビジョン

鈴木そうですね。やはりこれから大きく時代が日本も変わると思うんですね。ですからそういう時代の変化に体を合わせておく。
たぶん明治維新と同じくらいの大きな変化が来ると思うんですね。ですからちょうど我々のご先祖様の時代に問屋制度がなくなって、途方に暮れた時と同じようなことが起きるかもしれない。それにやっぱり従業員も経営者もそういう変化に驚かないで、たじろがないでやっぱり自分を変えて行くというのが大事じゃないかと思ってます。

石田ある調査会社のデータで日本一の長寿企業とされた会社の方にお話を伺って行きました。ご覧ください。

我が国聖徳太子の時代から続く神社仏閣の建立を仕事にする宮大工集団金剛組は、日本一のみならず世界最古の長寿会社と言われている。

宮大工集団金剛組 関係者1400年前からの古い会社ですからその間その技はそんなに変わらずに新しい技術は取り入れておりますけれども、ほとんどずっと同じ仕事をやってきて、もうとにかく社寺から一歩も出ない。ですからそういう神社仏閣といいますかね、そういう歴史的な建物にこだわって、これについてはどこにも負けないというつもりでその領域を分をわきまえてですか。
その中で徹底的に人・モノ・資源を集中して他に手を出さないできたということが一つ大きな、だからこそその分野ではどんな様にも伍として戦えたということだろうと思いますし、そこの専門性を高めることによってお客様の信頼を得たんだろうと。
また、300年後の仕事につながってくるということの繰り返しだったのかなと思いますね。それはだから今でも十分通用することだろうと思いますので、それを現代風に理解をしながら今の1400年が早く1500年、2000年になるようにつないで行きたいなと思います。

長寿企業鈴与の経営戦略とは!?

事業領域を飛び越さないという老舗企業。一方で事業領域を拡大してきた鈴与。その歴代の経営者に受け継がれてきた鈴与の経営戦略とは?

蟹瀬どうですか今ご覧なって、金剛組というのはもうコアのところ、これだけで生きてそしてまた300年先もそれでやってるんだと。これと比べると今の鈴与の在り方というのはちょっと若干違うように感じがするのですが。

鈴木すごく素晴らしいと思うんですね。ああいう専門性を持ってその中で生きていくというのはすごく一つの長寿の生き方だと思いますし。素晴らしい経営だと思いますね。ただ歳とればいいわけじゃないわけですね。たぶん金剛組さんでも中は随分変えておられるんじゃないかと思いますね。お仕事そのものはね変わってないのかもしれませんけど。

蟹瀬それとその変わらないことの大事さと共に変わることの大事さというのも当然そこにあるわけですよね?

鈴木私はよくうちの社員に言うんですけれども。うちの200年の歴史というのはただ歴史があるから自慢するものじゃないと。それはやはり明治維新の時に我々の先輩が乗り切ってきた太平洋戦争を乗り切った。それぞれの大変な時我々の先輩は乗り切って体を変えてきた。ここに意味がある。
それからその時いつも社会的にもそれなりの貢献をして、影響力を及ぼしてきた。ここに意味があるんだと。だから小さくするならいくらでも生き延びる方法はあるわけですね。ただ、そうじゃなくてやはり社会に貢献しながら、あるいは社会に影響力を与えながら、あるいは社員をある程度面倒を見ながらですね。生きていくというのは企業のひとつの大事なことじゃないかと私は思いますけどね。

蟹瀬ただどうなんですか。その100年先とか200年先とかって想定できるというのはやはり長寿企業の強みなんでしょうかね?

鈴木我々はむしろ想定できないですね。むしろ次々と起こってくる変化に対してどういう風に体を合わせて行くか。そういうフレキシブルをどう会社の中に持っていくかと。この方が大きな関心がありますですね。

蟹瀬ただなんかこう視野としてねアメリカの企業なんかも四半期ですよね。もう目先しか考えていない。そういうのと比べるとずっと中長期かなという風な気がしますけどね。

出演者情報

  • 鈴木 与平
  • 1941年
  • 静岡県
  • 東京大学

企業情報

  • 鈴与株式会社
  • 放送日 2010.11.28
  • 業種:
  • 陸運・海運・物流/鉄道・航空/クレジット・信販・リース・その他金融
  • 本社:
  • 静岡県
  • 所在地住所:
  • 静岡県静岡市清水区入船町11-1
  • 資本金:
  • 10億円
  • 売上高:
  • 1,130億2,000万円(2016年8月期)
  • 従業員:
  • 1,070名(男性:881名、女性:189名)2016年12月1日現在

関連コンテンツ

運営会社

株式会社矢動丸プロジェクト
https://yadoumaru.co.jp

東京本社
〒104-0061 東京都中央区銀座6-2-1
Daiwa銀座ビル8F
TEL:03-6215-8088
FAX:03-6215-8089
google map

大阪本社
〒530-0001 大阪市北区梅田1-1-3
大阪駅前第3ビル15F
TEL:06-6346-5501
FAX:06-6346-5502
google map

JASRAC許諾番号
9011771002Y45040