四国の起点で秘仏写真展(vol.9)


BUSINESS FLASH

秘仏の写真ばかり約200点を集めた美術館「空海の曼荼羅(まんだら) 風の櫻美術館」が今月18日、徳島県にオープンする。
四国八十八箇所をはじめ、高野山や京都の秘仏写真を収蔵する。
すべて写真家の櫻井恵武(めぐむ)さん(69)の作品である。

櫻井ーー私は49歳のとき大病を患って臨死体験をし、即身定仏の夢を見ました。その夢が忘れられず、その後の人生をかけて秘仏の写真を撮ろうと決意したんです。

と櫻井さん。
そして得度し、4年間高野山で密教を学んだ。

櫻井ーー仏像は人間が持っている心の内面です。目では見えない真理の世界に挑戦しようと思いました。

櫻井さんはもともと東京を拠点に活動する写真家だったが、僧侶になってからはひたすら秘仏を撮り続けた。
僧侶といえども、秘仏の撮影には寺院への説明が欠かせない。
櫻井さんはおよそ15年間かけて四国八十八箇所ひとつひとつを訪ね、丁寧に交渉を重ねた。
その後、京都や高野山の寺院にも足を運び、そうして撮影した写真は200点を超えた。

櫻井ーーこれまでさまざまなところで写真展を開催しましたが、徳島の人たちのご協力をいただいて、美術館を開くことになりました。とてもありがたいことです。私も東京から徳島に居所を移しました。

徳島といえば四国八十八箇所巡りの起点。最初に秘仏の写真を観ることに、どんな意味があるのだろうか。

櫻井ーー徳島の剣山(つるぎさん)に邪馬(やま)台国が存在したという説もあります。もし本当だとすれば、徳島は日本の起源ということもできます。秘仏の写真を公開するのに最もふさわしい場所といえます。

現在、櫻井さんは清流・吉野川の近くに建つ古城「川島城」の正面に住居を構え、開館に向けて準備を進めている。

櫻井ーーそれほど大きな美術館ではないので、写真は季節ごとに40点から50点づつ、入れ替えながら公開しようと思っています。季節ごとに秘仏の魅力を感じてもらえればと思います。

その作品を見せてもらった。
まっすぐに力強い視線を浴びせてくる仏像、穏やかな表情に引き込まれそうになる観音像…まるで生きているような顔である。
じっと見つめていると、語りかけてくるような錯覚さえ覚えた。櫻井さんの写真には魂が入っているようだ。

櫻井ーーこの写真が1人でも多くの人の心を癒(いや)すことができればと願っています。

四国を訪れる人たちとって、心休まるスポットになりそうだ。

関連コンテンツ

運営会社

株式会社矢動丸プロジェクト
https://yadoumaru.co.jp

東京本社
〒104-0061 東京都中央区銀座6-2-1
Daiwa銀座ビル8F
TEL:03-6215-8088
FAX:03-6215-8089
google map

大阪本社
〒530-0001 大阪市北区梅田1-1-3
大阪駅前第3ビル23F
TEL:06-6346-5501
FAX:06-6346-5502
google map

JASRAC許諾番号
9011771002Y45040