ピンチから一転、上場を支えた「正しく、既成概念にない」サービス力とは


プレミアグループ株式会社 
代表取締役社長 
柴田 洋一

特選インタビュー

独立後、間も無くのリーマンショック。事業撤退の危機に直面するも、一転、上場を果たす。事業消滅の危機を乗り越え、そして今なお成長を続けるプレミアグループが目指す、「価値あるライフサポートに向けた金融イノベーション」について、代表取締役社長 柴田 洋一が語る。その徹底した、現場のサービス力とは? 「正しいこと、既成概念にとらわれないこと」の信条が浸透したサービスモデルや、紆余曲折のエピソード。

Leader’s Choice

ドーキンズ さて番組ではLeader’s Choiceと題しまして、ゲストの方に、「選択の基準」「敬愛の人」「賢者の文」の3つの中からカードを1枚選んでいただき、お話しいただきたいと思います。それでは柴田社長、お1つお選びください。

柴田 はい。

「選択の基準」

蟹瀬 「選択の基準」。柴田さんにとって選択の基準。これはどういったことなのでしょうか?

柴田 私が何か選択する場合には、大きく2つかなと思っております。1つは「それが正しいことかどうか」。いわゆる正義であるかどうか。例えば、何かビジネスをやる、やらないという判断になったときに、それが本当に間違えていないのかどうか。本当に世の中のためになるビジネスなのかどうか。例えば利益だけの視点になっていないかどうか。そういったものが大きく一つありますね。もう1つは、「既成概念にとらわれていない判断になっているかどうか」。特にビジネスにおいては、この二軸をしっかり考えるように、基準にするようにしています。

蟹瀬 2つとも難しい、厳しいハードルだという気がしますけれども、ぜひこれからもそのハードルをこれからも越えて行っていただきたいと思います。本日はどうもありがとうございました。

柴田 ありがとうございました。

ドーキンズ ありがとうございました。

選択の基準。それが正義であるか、既成概念にとらわれていないか。社会に提供すべきサービスであるために、この2つの条件を兼ね備えていること。それが柴田の判断基準。

出演者情報

  • 柴田 洋一
  • 1959年
  • 香川県
  • 明治学院大学

企業情報

  • プレミアグループ株式会社 
  • 放送日 2018.03.25
  • 業種:
  • ファイナンス事業
  • 本社:
  • 東京都
  • 所在地住所:
  • 港区六本木1-9-9 六本木ファーストビル17階
  • 資本金:
  • 193,348千円
  • 売上高:
  • 78億9,000万円(2017年3月期実績)
  • 従業員:
  • 連結 323名(2017年10月31日現在)

関連コンテンツ

運営会社

株式会社矢動丸プロジェクト
https://yadoumaru.co.jp

東京本社
〒104-0061 東京都中央区銀座6-2-1
Daiwa銀座ビル8F
TEL:03-6215-8088
FAX:03-6215-8089
google map

大阪本社
〒530-0001 大阪市北区梅田1-1-3
大阪駅前第3ビル15F
TEL:06-6346-5501
FAX:06-6346-5502
google map

JASRAC許諾番号
9011771002Y45040