翼の再生を納得する「フィロソフィ」の中身とは? 元操縦士の挑戦と行き先


日本航空株式会社
代表取締役社長
植木 義晴

特選インタビュー

ナショナルフラッグキャリアとして、戦後日本の高度経済成長の一端を担ってきた航空会社、日本航空が2010年1月19日に経営破綻した。JALの再建を請け負った、京セラ名誉会長の稲盛和夫は、破綻後わずか2年8カ月というスピードで、東京証券取引所第1部への再上場を成し遂げた。JAL再生のために稲盛が手掛けた改革の2つの柱。それは「意識改革と部門別採算」であるが、驚異のV字回復を成し遂げるに至ったその原動力は、経営幹部から現場のマネージャークラスまでを対象に行われた、リーダー教育だと言われている。その再建の中心で、稲盛イズムを直接受け継ぎ、生まれ変わった日本航空株式会社代表取締役社長植木義晴が目指す新生JALとは、その全容に迫る。

JALフィロソフィ手帳

蟹瀬なるほど。社員に配布されているフィロソフィ手帳というのは、植木さんも常にお持ちなのですか。

植木はい。常に内ポケットに入れているわけですけれども、この大きさのもので、常に携帯できるように。

蟹瀬入りやすい薄い、拝見していいですか。

植木はい、どうぞ。

蟹瀬いろいろ書いてありますよ。目次にはたくさんあるのだけれども、「ものごとをシンプルにとらえる」、「対極をあわせもつ」、「一人ひとりがJAL」、これは何か心に響くところがありますね。「渦の中心になれ」、「見えてくるまで考え抜く」、何かわかりやすいけれども、ものすごく奥行きのある言葉ばかりですね。

白石そうですね、分かりやすくて、基本に戻ってまたやろうという感じですけれども、手帳にあることによって、読み返すことによって、また意識がグッとしまるといいますかね。

植木これを理屈で知っているのは、実はすごい簡単なことで。でもこれを毎日の仕事中、生活を含めて実行するのが、やってみるとなかなか難しいでしょう。ですから常に携帯をして、何かのときに「あれ?」と見るようにしたかったというのがあります。

蟹瀬哲学というものを経営に落とし込んで、具体的にJALがここまで立ち直ってきたというのは、新生JALの姿になったというのは、どういうな取り組みをなさってきたのですか。

植木1つは意識改革ということで「JALフィロソフィ」こういうものがありますと。ところがある意味これは、かたちには見えないもの。そうすると信じているようで、なかなか自信が持てないという面があって、そういう意味ではしっかり利益が出る仕組みとしての、部門別採算制度というものを取り入れております。

部門別採算制度

植木そこでしっかりとした業績を残すことによって、われわれがJALフィロソフィを信じてきたことは間違いではなかったと、みんな確信をしてくれるんですね。そういう意味では数字を出すことが最終目標ではありません。けれども、みんなにしっかりと頑張ってもらうためには、やはり数字を見せてあげないと、そこはみんな納得できないですね。そういう意味で部門別採算制度というものを、取り入れております。

蟹瀬これは現場にとってみれば、かなり厳しい、各部門が独立採算で、今までだったら全体として、なんとなく出てへこませても、うまくいっていればいいやというところから、本当の意味で競争がそこに導入されるわけですね。これは最初の反応などは、どうだったのですか。

植木びっくりしたのは、みんなが本当に真剣になって、数字を追いかけ始めたんですね。今まで計画自体の存在すら気にしなかったような集団が、自分たちの目標とする数字に毎月毎月達成しているのかどうかということを、本当に真剣に追うようになりました。

今はほぼタイムリーに、毎日の一つ一つの便の収支が出ますので、それをベースに非常に速いスピードで、例えば需給の調整というのですけれども、予約の入りが悪いとしたら、中型機から小型機に変えることによって費用は最小限ですみますよね。逆にここはいいぞと思うと、大型機に変えて、収入を最大化すると、そういうことをDay By Dayで今やっていますね。

しっかりと利益を出す仕組みでもありますけれども、それよりももっと大きいのは、一人一人の社員が、経営者の感覚を持つということですよね。これが一番大きいことだと思います。例えば、3万2000個の歯車だとしても、昔はその歯車のうちの、たった1つ、一人ぐらい休んでもと思っていたのが、今は私が頑張らなくてどうするんだと、3万2000人が思ってくれる、この力は非常に大きいです。

白石そうですね。

蟹瀬問題はいかにそれを継続していくかというところが、経営者としては大変なところですよね。

白石2つ目のキーワードは何でしょうか。

植木それは「人財力」です。

出演者情報

  • 植木 義晴
  • 1952年
  • 京都府
  • 航空大学

企業情報

  • 日本航空株式会社
  • 放送日 2014.06.22
  • 業種:
  • 鉄道・航空
  • エリア:
  • 東京都
  • 所在地住所:
  • 東京都品川区東品川二丁目4番11号 野村不動産天王洲ビル
  • 資本金:
  • 3,558億4,500万円
  • 売上高:
  • 1兆3,366億円(グループ連結:2016年3月期)
  • 従業員:
  • 31,986人(グループ連結:2016年3月時点)

関連コンテンツ

運営会社

株式会社矢動丸プロジェクト
https://yadoumaru.co.jp

東京本社
〒104-0061 東京都中央区銀座6-2-1
Daiwa銀座ビル8F
TEL:03-6215-8088
FAX:03-6215-8089
google map

大阪本社
〒530-0001 大阪市北区梅田1-1-3
大阪駅前第3ビル15F
TEL:06-6346-5501
FAX:06-6346-5502
google map

JASRAC許諾番号
9011771002Y45040