翼の再生を納得する「フィロソフィ」の中身とは? 元操縦士の挑戦と行き先


日本航空株式会社
代表取締役社長
植木 義晴

特選インタビュー

ナショナルフラッグキャリアとして、戦後日本の高度経済成長の一端を担ってきた航空会社、日本航空が2010年1月19日に経営破綻した。JALの再建を請け負った、京セラ名誉会長の稲盛和夫は、破綻後わずか2年8カ月というスピードで、東京証券取引所第1部への再上場を成し遂げた。JAL再生のために稲盛が手掛けた改革の2つの柱。それは「意識改革と部門別採算」であるが、驚異のV字回復を成し遂げるに至ったその原動力は、経営幹部から現場のマネージャークラスまでを対象に行われた、リーダー教育だと言われている。その再建の中心で、稲盛イズムを直接受け継ぎ、生まれ変わった日本航空株式会社代表取締役社長植木義晴が目指す新生JALとは、その全容に迫る。

社長就任

植木ある日突然、本当に発表の4日前に呼ばれて、「今度、植木君が社長をやりなさい」とこういうふうに言われたわけです。そのときに1つだけお聞きしたのは、「本当に私でいいのですね」と、「いいんだ、おまえで」と、ということは私は変わっちゃいけないんだと思いました。今までの私を見ていただいて、「おまえが社長をやれ」と、こう言われたんであれば、今までのスタイルを変えずにやりたい。その中で自分色を出していく、それは追い追いやっていかないといけないことになったと、思いながら受け継がせていただいた。

白石今回は全社員の方々が参加しています、フィロソフィ教育の様子を取材してまいりましたので、こちらをご覧ください。

フィロソフィ教育は、経営破綻後に生まれた、意識改革、人づくり推進部が担当している。意識改革・人づくり推進部フィロソフィグループ 永楽。しかしながらお客様のことを考えると、そんなことは関係ない。毎回40項目のJALフィロソフィの中から、1つのテーマに絞りプログラムを作成して、全社員を対象におこなっている。

男性手荷物カウンターの列を少しでも短くしたいと考えていまして。

男性空港までいくのに、取れるか、取れないかと心配をさせるのは、どうしても忍びない。

男性他社にはない、価値というのをいかに自分がつくれるか。

女性私たちweb販売部としてお客様に何ができるのかというところで。

世界中のJALグループ、約3万2000人が常に携帯しているという、JALフィロソフィ手帳は日本語版のほか、英語、中国語にも翻訳されている。羽田第2客室乗員部・滿處実際に働いている職場だけですと、とても世界が狭いので、こういったところでいろいろな部署のwebの方ですとか、整備関係の方、いろいろな方とお話することで、知識が広がってとても楽しいです。

運航訓練部・村松このフィロソフィをやって変わったなというところは、冗談の中でも出てきたりとか、そういったところがあるのが意識として知らないうちに、根付いているものなのかなと思ったりというところですかね。

出演者情報

  • 植木 義晴
  • 1952年
  • 京都府
  • 航空大学

企業情報

  • 日本航空株式会社
  • 放送日 2014.06.22
  • 業種:
  • 鉄道・航空
  • エリア:
  • 東京都
  • 所在地住所:
  • 東京都品川区東品川二丁目4番11号 野村不動産天王洲ビル
  • 資本金:
  • 3,558億4,500万円
  • 売上高:
  • 1兆3,366億円(グループ連結:2016年3月期)
  • 従業員:
  • 31,986人(グループ連結:2016年3月時点)

関連コンテンツ

運営会社

株式会社矢動丸プロジェクト
https://yadoumaru.co.jp

東京本社
〒104-0061 東京都中央区銀座6-2-1
Daiwa銀座ビル8F
TEL:03-6215-8088
FAX:03-6215-8089
google map

大阪本社
〒530-0001 大阪市北区梅田1-1-3
大阪駅前第3ビル15F
TEL:06-6346-5501
FAX:06-6346-5502
google map

JASRAC許諾番号
9011771002Y45040