M&Aの成功例・失敗例 シナジー効果を高める企業買収を成功に導く仲介者の信念


株式会社日本M&Aセンター
代表取締役社長
分林 保弘

特選インタビュー

マスコミでは敵対的買収ばかり取り上げられ、買収の99%を占めるという友好的買収には、ほとんど注目されていない。M&Aの最たるメリットはシナジー効果であるという、株式会社日本M&Aセンター 代表取締役社長(現代表取締役会長)・分林保弘が語る、M&Aの成功法則とは。買う側・買われる側双方の視点から探る。

津島今回の賢者の選択は、中堅、中小企業を中心にM&A支援サービスを行い、東証一部への上場を果たしました、株式会社日本M&Aセンター・分林保弘(わけばやしやすひろ)社長です。

自分が利益を得ようと思えば他人にまず利益を与えてから

蟹瀬さて、分林さんはもう数多くの企業のM&A、ご支援なさってきたと思うのですけど、そういう目でご覧になったときに、まず最初にお伺いしたいのは、やっぱり企業経営の中で一番大事だなと思われることはなんだというふうに思われますか?

分林そうですね。私は昔から好きな言葉は自利利他という言葉が一番好きなのです。ですから自利とは利他をいうと、自分が利益を得ようと思えば、やっぱり他人に対して利益をまず与えてから、ということをずっとサラリーマン時代を通じてやってきたので、やっぱり非常にいい言葉だと思っているのですが。

蟹瀬そうですよね。これまでの偉大な経営者のかたがたは、結局やっぱりそういうことを考えて成功なさっていたケースが多いですもんね。

分林そうですね。

津島はい。そんな分林さんが、どのようにしてM&Aの支援を志し、成功を収めてきたのか、その秘密に迫ります。

Mergers&Acquisitions、いわゆるM&Aとは、企業の合併、買収のこと。日本で行われているM&Aは、公表されているものだけで、年間およそ2,700件、未公表分を合わせると、およそ4,000件にものぼるという。日本M&Aセンターは、会社を売りたい、または買いたい企業に対する仲介や、経営計画のコンサルティングなどを行い、2007年には東証一部に上場、これまでにおよそ500件のM&Aを成立させている。

津島分林さんは、これまで数多くのM&Aを成立させてきました。そんな分林さんにビジネスの秘訣をお伺いしていきます。

蟹瀬分林さん、M&Aといいますと、ここ数年、かなり頻繁にニュースになると。で、われわれのイメージとしては、どうしても非常に強引に、ある会社が別の会社を乗っ取ると、こんな感じですよね。でも実際のところはどうなのですか?

分林実際に新聞紙上で取り上げるのは、敵対的なものしか原則取り上げないのですよね。

蟹瀬そうですね。片や自分のほうは売りたくないだけども、ダーッと来てお金にものを言わせて「買っちゃうぞ!」と言って買ってしまうというケースですよね?

分林そうなんですよ。ですからご存じのように、当たり前のことなのですけども、新聞とかマスコミさんは珍しいから取り上げるのであって、多分年間10件あるかないかだと思うのですよ。

津島そうなんですね。

分林それもほとんどが、じゃあ本当に会社にとって敵対的M&Aかというと、私から見たら、現経営者にとっては敵対的かも分からないけども、会社にとっては逆じゃないかなというケースは結構あるのです。

99パーセントは友好的M&A

分林99パーセントがもちろん友好的M&Aだというふうに思っていただいたほうが。

蟹瀬お互いに納得して……。

分林お互いにやっぱりプラスになるというのが、やっぱりM&Aなのです。

蟹瀬なるほど。

津島はい。分林さんが今までどのような人生を歩んでこられたのか、年表にまとめましたので、こちらをご覧ください。1943年、京都府京都市に生まれます。1962年、京都府立朱雀(すざく)高等学校卒業。立命館大学経営学部入学。そして1965年、アメリカへ能楽紹介旅行に行くということです。

蟹瀬ご自宅のほうは京都御所のすごく近くだというふうに伺いましたけど。

分林京都御所のすぐ近くで、小さいときはいつも京都御所で遊んでいた口なんですよね。

能楽師の家に生まれる

蟹瀬で、お父さまは?

分林ずっと観世流(かんぜりゅう)の能楽師をやって、兄も観世流の能楽師を継いで、兄の長男が今、継いでいるのですけども、お袋は茶道の師範をずっとしていたと、そんな感じです。

蟹瀬背中がまっすぐなったまま育ったかなという感じですけどね。

分林いや、そうでもないです。

蟹瀬そうすると、ご自身もやっぱりお能はやられてこられたわけですか?

分林そうですね。やっぱり5歳ぐらいのときから、能の場合は子役だといわずに子方というのですけども、大体毎週ぐらい京都だけでなしに、名古屋へ行ったり広島へ行ったり、プロの子どもですからやっていました。

少年時代

蟹瀬小さい頃のお話から伺いたいのですけど、どういうお子さんだったですか、一口で言って?

分林ものすごくやっぱり好奇心が強かったのですよね。それと、小学校のときの論文が残っているのですが、ちょっと生意気だったので、『朝鮮動乱と徳義問題について』なんて書いて……。

蟹瀬小学生で書いたのですか?

津島すごいですね!(笑)

蟹瀬もうその頃から、なんか人前でビッとやると?

津島おありだったのですね。

分林いや、なんかでも……。

蟹瀬ご自宅には舞台もあったでしょうし。

分林ええ。そんな感じだった、非常に好奇心が強かったです。

出演者情報

  • 分林 保弘
  • 1943年
  • 京都府
  • 立命館大学

企業情報

  • 株式会社日本M&Aセンター
  • 放送日 2008.05.03
  • 社名
  • 株式会社日本M&Aセンター
  • 業種
  • サービス業
  • 所在地住所
  • 〒100-0005  東京都千代田区丸の内一丁目8番2号 鉄鋼ビルディング 24階
  • 資本金
  • 13億円(東証一部上場 証券コード:2127)
  • 売上高
  • 19,069百万円(2017年03月)
  • 従業員
  • 295名 (2017年10月時点)

関連コンテンツ

運営会社

株式会社矢動丸プロジェクト
https://yadoumaru.co.jp

東京本社
〒104-0061 東京都中央区銀座6-2-1
Daiwa銀座ビル8F
TEL:03-6215-8088
FAX:03-6215-8089
google map

大阪本社
〒530-0001 大阪市北区梅田1-1-3
大阪駅前第3ビル23F
TEL:06-6346-5501
FAX:06-6346-5502
google map

JASRAC許諾番号
9011771002Y45040