遺伝子と免疫の力で、がん治癒を目指す


シカゴ大学
医学部教授
中村 祐輔

特選インタビュー

がん患者の遺伝子を調べ、最適な治療法を探る「オーダーメイド医療」がいま注目を集めている。その先駆者とも言えるのがゲノム医療の世界的権威であるシカゴ大学、医学部教授である中村祐輔。彼の研究が、がん治癒への未来を拓く。

遺伝子検査のメリット

中村これは昔から分かっていたことですけれども、ある薬を使っても効く人と効かない人がいるんです。ガンだと効かない場合には効かない薬を使っている間にどんどんガンが進行してく。それが遺伝子を調べることによって、この患者さんのこのガンには、この薬が効きやすいということが分かり、出来るだけ患者さんに有効な手段を早く取れるようになってきたわけです。

蟹瀬ただガンっていうと抗がん剤っていうのを使いますよね。あれはだいだい一律なもんじゃないんですか。

中村抗がん剤というのはいろんな種類がありましてね。ガンっていうのは、早く細胞が増える性質を持っていますから。その細胞が増える速度に合わせて、早く増えるものを叩く。でもやっぱり我々の身体の中には消化管の細胞とか血液の細胞とかは早く増えるので、それでガンだけじゃなくて正常な細胞にも障害が出てしまって吐き気がしたり、白血球が減ったりしてしまっているんですね。今はもうガンに起こっている異常をピンポイントで攻撃する治療薬が出来てくるようになっています。もう以前とは、ガンの世界っていうのは様変わりしています。

日本の現状

蟹瀬アメリカにいらっしゃると特に、その技術革新の速さっていうのはとっても現実的に捉えられていると思うんですけれども。日本の場合は、遺伝子検査っていうのはどうなんでしょうか。

中村日本はどうしても遺伝子という言葉に対するアレルギー反応のようなものがあって。なかなか遺伝子を調べるということが実際に医療の現場で使われるのが難しかったんです。しかし、ここまで時代が進んできて遺伝子の情報なくして薬を選ぶということは医療の現場では考えられない時代になって来まして。国も中心になって、特にガンに対してはガンゲノム医療というものを広げようと、今は国のバックアップで推進されています。

費用問題

ドーキンズ検査っていうとやっぱり新しい技術であればあるほど高いイメージがあるんですけれども費用の方はどうですか?

中村ゲノムを調べるっていうのは、私が研究をはじめた頃というのは、夢の世界でした。昔はとても我々が自分の遺伝子を全部調べるということは想像もしなかったんですけれど。1990年にヒトゲノム計画というのが始められて、2001年にようやく我々の遺伝子の情報っていうのが明らかになりました。十数年の歳月と数千億円をかけたんですね。とてもそれでは実用的ではないですけれども、技術が急速に進んで来て今や、本当に十万円弱のお金で全ての遺伝子を調べられるような時代になってきました。

蟹瀬現在は、あれですか。検査費っていうのは、混合診療でだいたいどれぐらいな感じなんですか?日本では。

検査費用

中村いろんな価格設定があって、50万円から100万円ちかいコストがまだまだかかっていますけれども。やっぱり国は、訪問診療のような形で遺伝子検査を広げようとしています。本来、もっともっと誰にでも遺伝子検査を受けれるような仕組みを作っていくことが大事だと思います。

2017年10月政府が閣議決定した第三期がん対策推進基本計画には、ゲノム医療普及のための拠点病院を整備する方針が盛り込まれている。

遺伝子検査

蟹瀬お話を伺っておりますと遺伝子検査という仕組みで、一人一人にピッタリ合った薬がちゃんと使えるようになれば、ガンの治癒は、そう遠くない先に可能になるっていう話ですかね。

中村私は、そう考えていて、今や遺伝子医療を基に新しい薬、分子標的治療薬という薬が作られて。それでかつては治らなかったガンが治るようになってきました。今遺伝子を調べても自分に合った薬が合う方は20%、30%くらいしかいないわけですけど、どんどんどんどん新しい薬が開発されていますから、これからはその割合がどんどん高くなって本当にガンを倒すというのが夢物語ではなくなっています。今までは、外科療法、放射線療法、化学療法の3種類だったんですけれども、第4の治療法として免疫療法というのが市民権を得たガンの治療の一つになっています。

蟹瀬何故、免疫療法というのがこれほど期待されているのでしょう?

免疫療法が期待される理由

中村免疫チェックポイント阻害剤という薬があって、非常に高額というので日本でも話題になりました。多くの方が誤解されているんですけれども、薬が直接ガンを叩いているんではなくて、薬が患者さんの免疫細胞を元気にさせて、間接的にガンを叩いているんです。その有効性が示されたことによって患者さん自身が持つ免疫の力が大事だということが、科学的に証明されたわけですね。

免疫とは、病気を引き起こす細菌やウィルス、異物から体を守る仕組みの総称。体内では常にがん細胞が発生しているものの、T細胞といわれるガン細胞を排除するシステムによって健康を保てている。その点に着目したのが免疫療法だ。
免疫細胞の機能を高めたり、増強することでガンの治癒を目指している。中でもがん細胞によってブレーキを掛けられた免疫細胞の機能を強化、回復させるための薬が免疫チェックポイント阻害剤。患者自身が本来持つ免疫細胞の機能を回復させることで、間接的にがんを攻撃するという、これまでの治療法とは違う作用を持っているという。

中村ワクチンもあるんですけれども、ワクチンのような形だとやっぱり免疫、ガンをやっつける免疫細胞が増えていくのにかなり時間がかかるんです。なので、もっと早く患者さんの免疫力を高める方法が作られていて、リンパ球というものに遺伝子を入れてガンに食らいつくような形にしたものが既にアメリカでは承認されている。

ドーキンズ例えば、そのガンを見つけるために遺伝子検査をする、なんてことも出来るんですか?

中村それは可能です。今の時代は、血液を調べることによってガンの半分くらいは調べることが出来るようになってきています。大腸がんの例で言いますと、ステージ1、2という比較的治癒の確率が高いレベルでも、50~60%くらいは血液で検出できるというデータが報告されています。

出演者情報

  • 中村 祐輔
  • 1952年
  • 大阪府
  • 大阪大学

企業情報

  • シカゴ大学
  • 放送日 2018.02.04

関連コンテンツ

運営会社

株式会社矢動丸プロジェクト
https://yadoumaru.co.jp

東京本社
〒104-0061 東京都中央区銀座6-2-1
Daiwa銀座ビル8F
TEL:03-6215-8088
FAX:03-6215-8089
google map

大阪本社
〒530-0001 大阪市北区梅田1-1-3
大阪駅前第3ビル15F
TEL:06-6346-5501
FAX:06-6346-5502
google map

JASRAC許諾番号
9011771002Y45040