美容医療のイメージを変えたい!徹底的な患者ファーストが
もたらす業界変革


医療法人社団輝生会 ヴェリテクリニック
理事長
福田 慶三

特選インタビュー

医療法人社団輝生会 ヴェリテクリニックは美容整形分野で銀座、名古屋、大阪にも店舗を持つクリニックだ。理事長 福田慶三は、美容整形の分野が生まれた初期から、最先端のアメリカで学び、技術を研鑽してきた。そんな福田が掲げるのが「美容整形のイメージの払拭」だ。患者ファーストで寄り添うことで、いかに患者さんの要望を満たしてあげるか。福田の思いとはどういうものか語ってもらった。

2018年10月、台湾高雄で美容医療に関するシンポジウムが開かれた。会場には1000人を超える医師が来場。台湾をはじめ、日本、韓国、シンガポール、香港、アメリカなど10数カ国の美容医療の専門家が講演を行った。今回のフォーラムの目的について、主催者にお話を聞いた。

(インタビュー:台湾美容外科医学会 理事長 曹賜斌さん)

 フォーラムの1つ目の目的は、台湾美容外科医学会および医師のレベルを国際水準にまで高めること。2つ目には、各国の医師たちとより良いパートナーシップ、フレンドシップを確立することです。また、このフォーラム中に5カ国と相互協力の覚書(MOU)を締結することになっています。この覚書を通して国家間により良い相互協力、学術交流、そして友好関係を築いていきたいと思っています。

シンポジウムでは、福田も登壇。自らの経験と治療の過程を写真や動画を用いながら講演。終了後には活発な質疑応答が行われた。福田の講演を聞いた参加者の方にお話を聞いた。

(インタビュー:シンポジウム参加医師)

医師1 福田先生はとても誠実に問題と向き合っていて、私たちにそれらの問題を回避するための手段をいくつか示してくれ、とても多くのことを学びました。

医師2 非常に聡明な医師であり、手術の技術も素晴らしい。さらに教えることにも意欲的なので、毎回お目にかかるたびに得るところが非常に多い。

医師3 一般的に大部分の医師は、自分が失敗したケースを他の医師には知られたくないものです。しかし、福田先生はご自分の経験した失敗談も惜しみなく紹介してくださる。今日は多くのことを学びました。事案の始めから終わりまでの記録も繊細ですし、治療の過程の資料も完璧でした。本当に多くのことを学びました。ありがとうございました。

カウンセリング

宮川 一つは技術的なお話がありました。もう一方では、やっぱり自分の思いと違うものになってしまったという心理的なもの、これも一つ大きなリスクとおっしゃいましたよね?やはりカウンセリングっていうのは、非常に重要ということですか?

福田 そうですね、結局はその人が何を希望しているか、こちらは何をそれに応えなきゃならないかをそこの中で探るっていう。

宮川 美容医療の場合には、病気ではないわけですから、患者さんというかお客様であったりするわけですけど、その方の満足度みたいなのがすごく重要そうですね。

福田 やっぱりあれですよ。患者ファーストですよ。要するに先生がどう思って綺麗にするとか、綺麗にしてくださいと言われても、僕がいい感じでっていうのと、患者さんにとっての良い加減は違うわけですから、患者さんにとっての良い加減だけど、一つ問題は自分にとっての良い加減がよくわかってない人がいます。漠然としてて、なんか言葉でうまく出せない人がいるわけですよね。まずそこをこっちは聞き出してとにかく絞ると。これがいいんじゃないの?で、患者さんが「やっぱり私これが好きなんだわ」っていうふうに言葉で、言ってもらえるようなふうな話し合いをすると。

ヴェリテクリニック銀座院

福井 今日はヴェリテクリニック銀座院に来ています。実際にカウンセリングをどのように行っているのか見せていただこうと思います。

福田 具体的に自分が来たとするじゃないですか。なんか最近ちょっとスポーツやりすぎちゃって、体絞っちゃってちょっと3年前の写真と比べたら、なんかちょっと疲れて見えちゃうとか、

福井 まさにそれです。たるんできたりとか。

福田 なるじゃないすか。うん。一番はここじゃないの?

福井 この辺がこけてきて。

福田 クマも気になっちゃう。

福井 そうですね。どうしたらいいんですか?

福田 注射で済むじゃないの?僕も入れているんだけど、こことか。2、3年に一回ずつ入れている。そうでないと、やっぱり痩せちゃって。ちょっと疲れて見えちゃうんですね。

福井 なりたいビジョンはあっても、やっぱり気になるところは費用のところだと思いますけれども、そのあたりは先生はどういうふうにご説明されるんですか?

福田 でも今の時代、費用はもうすでにネットで価格表が出てますよね。どこのクリニックも料金表って出ているので。だから、まったく知らずにここに来る人いないと思うんですよ。ざっくばらんとしてアイディアはあると。カウンセラーがあとでゆっくりと時間かけてそういう予算だったら、今先生10個話したけど、3つぐらいだったらできそうなので、その中で3つぐらい選んだらいかがですかとか。先生に3つぐらいの施術でいいふうになるプランに変えましょうよ、ということでまた戻ってきて、そこで話する。

福井 そこからもう納得してもらって手術に入るんですか?

福田 要するにこんだけ払って一番効果が出るものが一番いいんじゃないですか。

福井 はい。

福井 お疲れ様でした。面白い先生でした。本当に悩みをなんていうんですか、引き出してくれるというか、聞いてくれる。あんまりこういう悩みって、特に女性は言いにくいと思うし、親でも友達でもなかなかこう相談できないと思うんですけど、先生はどんどん引き出して、昔から知り合いだったかのように、「そうだよねー」みたいな。何か敬語じゃないというか、本当に友達感覚で話してくれるところが、やっぱり引き込まれるんだなと思いました。病院であんなにフランクな先生いないですよね。

技術の研鑽にとどまらず、患者の悩みに真摯に寄り添う。それが理想の形を実現させる最善策であり、ヴェリテクリニックの医道。

出演者情報

  • 福田 慶三
  • 1960年
  • 愛知県
  • 名古屋大学

企業情報

  • 医療法人社団輝生会 ヴェリテクリニック
  • 放送日 2018.11.25
  • 業種
  • 美容外科・形成外科

関連コンテンツ

運営会社

株式会社矢動丸プロジェクト
https://yadoumaru.co.jp

東京本社
〒104-0061 東京都中央区銀座6-2-1
Daiwa銀座ビル8F
TEL:03-6215-8088
FAX:03-6215-8089
google map

大阪本社
〒530-0001 大阪市北区梅田1-1-3
大阪駅前第3ビル15F
TEL:06-6346-5501
FAX:06-6346-5502
google map

JASRAC許諾番号
9011771002Y45040