常に前進!「前に転んで、何かをつかんで、起き上がる」の姿勢


インタセクト・コミュニケーションズ株式会社
代表取締役社長
譚 玉峰

特選インタビュー

「かなり無理をして、リスクを取って、やって、うまくいった」。言葉の壁を越え、コミュニケーションとテクノロジーを融合させてビジネスチャンスをつかんだ起業家のバイタリティとビジネス展開を聖子させる極意、そしてコミュニケーションへのこだわりとは?

こちらは譚社長と韓国旅行に行き、現在はインタセクト・コミュニケーションズ、新規事業本部部長でもある、西中芳幸。当時の譚社長について、話を聞いた。

西中18歳のときに、彼が中国から留学してやってきて、同じ学部で違う学科ではあったんですけれども、同じ授業を取ることがあって、私から声をかけて、話すようになって、というのがまずはきっかけです。
とても経営者になるとは思っていなかったんですけれども、ただ、行動面でいえば、積極的に前へ出ていくほうだったので、基本的なところではバイタリティーがあって、前へ出ていく面は学生時代と全然、変わっていないと思います。
彼はもともと技術者として、現場に出て、それこそ、ソースコードまで見るような前へ出ていく面がもちろんあったのですけれども、さすがにそこまでは今の状況ではできないので、そういったところは手助けをして、代わりにやっていくことは心がけていきたいなと思っています。

よく言っていただきました。当時、なかなか人と話ができなかったです、言葉の壁もあって。そうすると、声をかけてくれるというのは少なかったです。数が少ない中の一人、34年前に。そういう形で今、同じ会社で仕事するというのは、当時は考えていなかったですね。

ドーキンズ実はですね、西中さんのほかにも社員の方にご協力をいただいて、譚社長のことをどう思われているのかをアンケートさせていただきました。ご紹介しますね。

楽しみですね。

ドーキンズまずは、日本人ビジネスマンよりも日本人らしい。誰とでもすぐ友達になる。

それは確かに……。

ドーキンズ社交辞令という日本語を知らないのかもしれない、と書かれていますが、いかがですか。

社交辞令、知らない。それはどういう意味ですかね(笑)

ドーキンズ最後に、前のめりに転んだ人を称賛する。

そうですね。転んでも前に、後ろではなくて、前がいいですね。

蟹瀬なるほど……。

後ろにね、転ぶというのは何もないので、前に転んで、何かをつかんで、起き上がるというのが一番いいかもしれないと思います。

蟹瀬今の社員の皆さんのいろいろなコメントや評価をお聞きになって、どう思われました?

社員とのコミュニケーション

みんな、やはり、いろいろな角度でしっかり見ていただいているかなということで、嬉しいです。

蟹瀬当たっています?

たぶん、当たっているかな。

蟹瀬だから、やはり、今の社員の方のコメントを聞いていると、そして、僕らがこうやって、譚さんとお話している感覚からいくと、よくコミュニケーションが行き届いているなという気がしますよね。

そうですね。コミュニケーションを取るというのは非常に大きな強みだと思います。

異文化交流が織りなすエネルギー、そこから生まれる新たな可能性、それがインタセクト・コミュニケーションズの強み

クロスボーダー

蟹瀬さて、ここまではコミュニケーションの重要性についてのお話、ずいぶん、伺ってきたわけですけれども、このコミュニケーションというものをどのように事業に生かしているのか、このあたりのお話を伺いたいのですが?

今、日本には毎月50万人、去年は600万人の中国の観光客が日本に来ています。そこで今、中国でWeChat(ウィーチャット、中国名:微信、中国語読み:ウェイシン)というソーシャルネットワークというサービスがありまして、WeChatサービスを使って、彼らといろいろコミュニケーションができないかということで、去年、弊社のほうで、WeChat Pay(ウィーチャット ペイ、中国名:微信支付、中国語読み:ウェイシンヂィーフゥー)を活用したサービスを立ち上げました。

出演者情報

  • 譚 玉峰
  • 1964年
  • 長春
  • 杏林大学

企業情報

  • インタセクト・コミュニケーションズ株式会社
  • 放送日 2017.05.14
  • 業種:
  • サービス業
  • 本社:
  • 東京都
  • 所在地住所:
  • 東京都千代田区神田小川町三丁目1番地 B・Mビル
  • 資本金:
  • 9,856万円
  • 従業員:
  • 単体 108名
  • グループ全体 494名

関連コンテンツ

運営会社

株式会社矢動丸プロジェクト
https://yadoumaru.co.jp

東京本社
〒104-0061 東京都中央区銀座6-2-1
Daiwa銀座ビル8F
TEL:03-6215-8088
FAX:03-6215-8089
google map

大阪本社
〒530-0001 大阪市北区梅田1-1-3
大阪駅前第3ビル15F
TEL:06-6346-5501
FAX:06-6346-5502
google map

JASRAC許諾番号
9011771002Y45040