いま注目のビジネスウーマン 牛窪 恵(ビジネスウーマン # 19)


女性視点がビジネスを変える

いま注目のビジネスウーマン
ビジネスの世界になくてはならない女性の力。そのトップを走るパワフルなビジネスウーマンの方々に、自身のお仕事や価値観についてお話しいただきました。

「なでしこジャパン」にならって、
女性の団結力を活かして頑張りましょう!

女性が職場で自己実現することの難しさを感じ、
「いつか、女性がいきいきと働き続けられる会社を作りたい」

 

就業は、既述のとおり1991年4月。起業は、2001年4月です。

最初のきっかけは、フリーライターとして活動を始めた99年秋。その直後から、大手旅行会社のパンフレットを、ライティングだけでなく編集、デザイン、印刷からすべて発注されることになり、かなりまとまった金額を受注することになったため、税理士から「個人でこの金額を受けるのはよくないので、いっそ起業しては?」と薦められたからです。

ただ心のどこかでは、別の思いもありました。

会社員時代、女性として職場で自己実現することの難しさを感じており、せっかく仕事を続けたくても泣く泣く結婚、出産で辞めざるを得ない先輩や同僚を見てきたので、「いつか、女性がいきいきと働き続けられる会社を作りたい」という、夢のような思いです。私自身、かつて仕事の場でセクハラやストーカーに遭い、命の危険さえ感じたこともありました。

そのころの私を知る大学時代の親友や、会社員時代の後輩たちも、いまインフィニティのスタッフとして会社を支えてくれています。

夫のサポートを得て初めて、会社が軌道に、
夫や親友、後輩ら、信頼できるスタッフに支えられ感謝

 

起業については、父がずっとテレビ局の局員(サラリーマン)だったので、自営業のイメージがまったくわかず、生活面でも「収入が不安定なのでは?」と、若干の不安を抱いていました。

なによりも、夫は外資ITのシステムエンジニアで、私とはまったく違う業界の人なので、できるだけ彼を私の忙しさに巻き込みたくない、と考えていました。

ですが、「自営業だと、結局は家族を巻き込む」とよく聞くとおり、結果的には夫のサポートを得て初めて、会社を軌道に乗せることができましたし、いまも嫌な顔ひとつせず、なにかトラブルがあると相談にのってくれ、本当に申し訳ないと思うとともに、心から感謝しています。

「経営者は孤独だ」ともよく言われますが、それもそのとおりだと思いました。 ただ、私の場合は夫や親友、後輩ら、信頼できるスタッフが支えてくれているので、とても恵まれていると思います。

処女作「おひとりさまマーケット」が、
社会現象として多くのマスコミに報道され、一つのブームに

 

お客様から「ありがとう」と言われたとき、そして私たちのプランが実際の商品や施設に取り入れられ、形となって世に出ていったときは本当に嬉しいです。

また、「牛窪恵」の仕事としては、書いた原稿や本が多くの皆さまに読まれ、たとえば「おひとりさまマーケット」や「草食系男子」「年の差婚」のようなトレンド関連の本なら、それが社会現象として多くのマスコミに報道され、一つのブームのように発展していくことに、喜びを感じます。

そこに至るまでに、毎回100人近い皆さんにご協力いただき、取材をし、データを集め、原稿を書き……と、非常に地道な作業を積み重ねていくので、そのように発展すれば、私だけでなく取材や人探しに協力してくれたスタッフにも、励みになると思うからです。

処女作の「おひとりさまマーケット」は、あれだけ話題にしていただけるとは思っていませんでしたし、元来99年に「おひとりさま」という言葉を提唱した、私の尊敬すべきジャーナリスト、故・岩下久美子さんの遺志を継ごうと出した1冊でもあったので、感無量でした。

いま読むと、力不足の感は否めませんが、あの本を機に、大手企業様から直接マーケティング業務をご依頼いただくようになり、会社としても成長することができました。

関連コンテンツ

運営会社

株式会社矢動丸プロジェクト
https://yadoumaru.co.jp

東京本社
〒104-0061 東京都中央区銀座6-2-1
Daiwa銀座ビル8F
TEL:03-6215-8088
FAX:03-6215-8089
google map

大阪本社
〒530-0001 大阪市北区梅田1-1-3
大阪駅前第3ビル23F
TEL:06-6346-5501
FAX:06-6346-5502
google map

JASRAC許諾番号
9011771002Y45040