加速する人手不足!時代を読み、日本の製造業の担い手を育成する企業の挑戦


日総工産株式会社
代表取締役社長
清水 竜一

特選インタビュー

近年、日本の労働人口の不足は深刻な社会問題となっている。海外の働き手を呼び込む動きも顕著になる中、適切な人材を適切な現場に送り込むことは雇用側と非雇用側の両方の課題だ。日総工産株式会社は人材サービス業を中心に成長してきており、日本の製造業の現場に数多くの人材を送り込み、メイドインジャパンを支えている。代表取締役社長 清水竜一が唱える「働き方改革」、その真相に迫る。

人間力

蟹瀬 知識とかそれからいわゆるスキルの部分ですよね。こういうのはもちろんやればやるほどついていくっていうもんだろうと思うんですけど、コミュニュケーションって現場では大事ですね。

清水 非常に大事だと思いますね。コミュニケーションを上手にできるようになる。また、人の前でプレゼンテーションができるようになるっていうレベルに育て上げていくためには、実は相当経験も必要ですし、何よりも大切なのはやっぱ自分の心、マインドの部分なんで、自信を持つようになってくると、今まで人前で喋れなかった人が堂々と自分のやってる成果とか、自分の仕事の内容を説明できるようになる。

蟹瀬 そういう姿をご覧になってどう思われます?

清水 本当に感動しますね。

日総工産が目指す人材育成とはどういうものなのか。統括担当者に話を聞いた。

(インタビュー:製造統括部 教育研修課 課長 大﨑 慎一さん)

大﨑 当社で働く従業員の皆さんが、仕事を通して成長していただきたいと。それは一時的なものではなくて、生涯にわたって成長していくと、少し大げさなんですが、最後、生涯を終えるときに「いい人生だった」と思っていただく、そのために基礎を育てる、皆さんに成長していただくと、そういう考え方です。

配属後のスキルアップ

ドーキンズ 配属された方が働きやすいように、何か取り組みはされていますか?

清水 はい。育成して終わりではなくて、育成をしてそこがスタートなんですね。そして、そのオフJTで育成されたものを持って、現場でそれを繰り返し繰り返しやることによって、本当のその人のスキルになってくる。となると、当然目指す次の目標がありますから、そのときにもう一度またオフJTでそういったことを整理する。そして、現場に行ってまたそれを活かす。そういうことをたくさん繰り返していくことによって、自分がなりたい姿に向かっていけるんじゃないかというふうに我々は考えております。

日総工産では、社員同士のコミュニケーションを図るため、定期的に技術交流会を開いているという。

(インタビュー:大阪事業所 東村 圭介さん)

東村 同じ会社内なんですけど、作業所が違うのでその人たちが何をしてるかっていうのは全然知らない状態なので、そういったことを知れて、金額面とかコストダウン、そういったところにも役立てていけるのかなと思います。

(インタビュー:八王子営業所 三輪 奈保子さん)

三輪 今担当してる業務はもちろんですけれども、いろんな分析装置を実際自分自身がしっかりと担当できるように知見を深めていきながら、ゆくゆくは同じフィールドで走っている人たちをマネジメントできるような形でも、携わらせて頂きたいと思っております。

(インタビュー:北上事業所 岡田 敏夫さん)

岡田 色々な工場で色んなスキルを身に付けていますので、講師になって自分みたいなエンジニアを育てていきたいなと思っております。

こちらは日総工産が複数の製造ラインを請け負っているリコーインダストリー株式会社。日総工産を請負先に選んだ理由について、担当の方にお話を聞いた。

(インタビュー:プリンティング生産事業部 第二生産センター副所長 太田 温さん)

太田 弊社は電子機器組立ての分野になりますが、もう一つ設備を使用した部品加工という複合的な技術分野を持ち合わせており、これらを一手にお願いできるという点が、日総工産様を選ばせていただいた理由です。

現在リコーインダストリーでは、日総工産の社員およそ500名が、24時間交代で勤務についているという。

太田 他社との違いという点では、プロ意識を持たれ、スタッフの方々が非常によくまとまってチームとして活動されているように感じます。

出演者情報

  • 清水 竜一
  • 1961年
  • 神奈川県
  • 日本大学

企業情報

  • 日総工産株式会社
  • 放送日 2018.12.16
  • 業種 
  • 人材派遣・人材紹介
  • 所在地住所
  • 神奈川県横浜市港北区新横浜1丁目4番1号 日総工産新横浜ビル
  • 資本金
  • 1,985,364,438
  • 売上高
  • 531億円
  • 従業員
  • 1411名

関連コンテンツ

運営会社

株式会社矢動丸プロジェクト
https://yadoumaru.co.jp

東京本社
〒104-0061 東京都中央区銀座6-2-1
Daiwa銀座ビル8F
TEL:03-6215-8088
FAX:03-6215-8089
google map

大阪本社
〒530-0001 大阪市北区梅田1-1-3
大阪駅前第3ビル23F
TEL:06-6346-5501
FAX:06-6346-5502
google map

JASRAC許諾番号
9011771002Y45040