泡の力で生活習慣を変える!家族愛によって生み出された最先端技術の誕生秘話


株式会社サイエンス
取締役会長
青山 恭明

特選インタビュー

株式会社サイエンスはお風呂という、我々の生活から切っては離せない分野で驚異的な成長を遂げ、業界を牽引する企業となっている。とくに、水と空気を使った泡の技術を武器に発展を続け、現在さまざまな分野に進出、海外展開も始まっている。先見の明を持つ取締役会長 青山恭明がこの最先端技術にたどり着いたのは、娘の抱えていた持病がきっかけだった。

水と空気で新たな生活習慣の価値を提案する企業がある。株式会社サイエンス 取締役会長 青山恭明。サイエンスは「今日の感動が、永遠の喜びに」をテーマにビューティー・ヘルス・リラクゼーション・ウェルネス・医療分野に事業領域を広げている。

青山 マイクロバブルっていうのは、字のごとく超々小さな泡で、1000分の1ミリとかいうレベルの泡のことを言うんですね。

保湿、温浴、節水の効果が期待できるだけでなく、浸かるだけで洗えるために、高齢者や介護ヘルパーからも喜ばれている。

青山 気持ちいいなぁ、白いお風呂に入ってるだけで、500万個の毛穴を全部クリーニングしてくれると。

日本発の技術を世界に向けて発信するとき、そこに新たな価値が生まれる。賢者の選択 FUSION

松尾 賢者の選択 FUSION、ナビゲーターの松尾英里子です。改めて本日のゲストをご紹介します。株式会社サイエンス 取締役会長 青山恭明さんです。よろしくお願いいたします。

青山 よろしくお願いします。

松尾 まずは、サイエンスの事業と歴史をコンパクトにご紹介するショートイントロダクションです。

株式会社サイエンスは、2007年に現在の取締役会長 青山恭明が設立。設立当初より、浄化水装置、マイクロバブル入浴装置など、水にこだわった商品の開発・製造・販売で事業を展開。2015年には、ライフデザインホーム事業として住宅の販売を開始。現在も「新習慣」というキーワードのもと、新たな生活習慣の価値を提案し続けている。

マイクロバブルとは

松尾 改めて伺いますけれども、マイクロバブルというのはどのような泡なんですか?

青山 普通の泡、皆さんが目に見えている泡というのは、ミリバブルとかセンチバブルとか言ってるんですが、マイクロバブルっていうのは、字の如くで超々小さな泡で1000分の1ミリとかいうレベルの泡のことを言うんですね。普通の泡とは違う特性を持ってまして、全部マイナスの電位を帯びてるんですね。すると例えば、汚れとかそういう有機物は大概プラスの電位を持ってますから、どんどんマイナスの電位を持ったマイクロバブルがくっついていって、剥離をするという面白い特性がある泡なんですね。

マイクロバブルトルネード

こちらは、マイクロバブルを使った入浴装置「マイクロバブルトルネード」の模型。今回はこの模型を使ってマイクロバブルの体験をさせてもらう。

青山 これが、本当にお風呂だと思っていただきまして、片手体感でちょっとめくっていただきまして、さあ今からお風呂に入るときにスイッチを入れていただきます。

松尾 わかりました。

青山 すると、お風呂の中に煙のように。

松尾 わぁ!細かい泡が出てきましたね!

青山 はい、もう泡というより煙が出てきている感じでしょう?

松尾 そうですね!

青山 どうぞ手をドーンと入れてください。

松尾 泡が出ているなっていう感じすらしない。

青山 まったく普通のお風呂に入ってる感触ですよね。

松尾 白い入浴剤の中に手を入れたような感覚です。

青山 実はこれ全て泡なんですね。

松尾 へぇー!

青山 これで見ていただけるとよくわかりますが。白いですよね。そこから、だんだん透明になってきましたでしょう?

松尾 そうですね、ビールの泡が上がっていくような。

青山 そのとき初めて泡なんだとわかっていただけるんですね。この泡というのは、マイナスの電位を持っています。で、毛穴の中にある、本来洗いたい皮脂、汚れであったり、匂いの元あったり、そういう有機物というのは全部プラスの電位を持ってますから、小さいから入るんじゃないんですね。マイナスの泡ですからプラスにどんどん汚れにくっついていって、剥離をして、浮き袋の役割でどんどん出していくと、だから4、5分つけていただきまして、後ほどスイッチを切って透明になったときに、ショックをうけていただきます。

松尾 ショック!?

青山 今で4分ぐらいですね。濡らしたからしっとりしたんだと思われたくありませんから、これで完全に拭いてください。

松尾 では、引き上げてみますが…。

青山 はい、よく拭き取ってください。濡れてたらわかりませんからね。乾く状態にしてほしいんですね。ちょっと指輪だけ預かりますね。

松尾 はい、わかりました。

青山 どうでしょうか。手の色を比べてください。こっち反対と比べてください。

松尾 えぇ!?見違えるようといったら…。

青山 透明感出てますでしょう?

松尾 はい。こちらのお風呂に浸かっていた方はほんのりピンク色ですね。

青山 透明感が出てるでしょう?

松尾 全然違いますね!

青山 それとね、色だけではなくて、自分で触り比べてください。反対の手。

松尾 入らなかった方はいつもの私の方も手触り。もう片方、お風呂に入った方。

青山 他人の手です。

松尾 えええぇぇぇ!?

青山 びっくりするでしょ?

松尾 赤ちゃんのほっぺたみたいな。

青山 みなさん同じセリフをいわれます。

松尾 やわらかーい!

青山 自分の子供が赤ちゃんのときに触った感触を思い出したと言われますね。

松尾 透明感と清潔感に溢れた柔らかい肌になっています。

青山 はい、明らかに色自体も違いますしね。

松尾 そうですね。

青山 すごいでしょ。

松尾 もうできることなら全身浸かりたい。顔まで浸かりたいっていう気持ちです。

青山 皆様、今までマイクロバブルのお風呂使ってる方って大概顔浸けてるんですね。

松尾 そうですよね、お気持ちわかります。

青山 そうなんです。実はお客様からのアンケートの中にね。首から下は使ってるだけで綺麗になるんだけど、どうしても顔と髪の毛をもっと手軽に、潜らなくても何とかしてもらいたいという要望がすごくて、これ3年かかったんですが、新しく開発した商品というのが「ウルトラファインミスト ミラブル」っていう。

松尾 ミラブル。

青山 はい、シャワーヘッドなんですね、

松尾 シャワーヘッド!こちらが新商品なんですね。

青山 そうなんです。ご自宅のシャワーヘッドをくるくると回して外して、これクルクル、ピッ。これで終わりです。

松尾 ずいぶん簡単になりました。

青山 そうなんです。これはですね、この真ん中の部分、このサイドに3ヶ所の穴、ここから空気を呼び込みまして、頭の中でここはちょっと企業秘密ですが、あることをして、この真ん中からですね、頭洗うときは勢いが欲しいので、ストレート出しますね。で、いよいよ、さあ女性の方、顔のお手入れしたいときはきついですから、これをワンタッチで切り替えていただきますと、この外周からウルトラファインバブルという、これはもうひと桁小さい1ミクロン未満、1万分の1ミリっていう泡が、霧の中に入ったミスト状で出てきます。シャワーヘッドの形をした美顔器だと思っていただきたいですね。

出演者情報

  • 青山 恭明
  • 1959年
  • 大阪府

企業情報

  • 株式会社サイエンス
  • 放送日 2019.05.20
  • 業種 
  • ファインバブル製品の製造・販売及びメンテナンス セントラル型浄水装置の製造・販売及びメンテナンス
  • 所在地住所
  • 大阪市淀川区西中島5-5-15 新大阪セントラルタワー南館6F
  • 資本金
  • 3,000万円

関連コンテンツ

運営会社

株式会社矢動丸プロジェクト
https://yadoumaru.co.jp

東京本社
〒104-0061 東京都中央区銀座6-2-1
Daiwa銀座ビル8F
TEL:03-6215-8088
FAX:03-6215-8089
google map

大阪本社
〒530-0001 大阪市北区梅田1-1-3
大阪駅前第3ビル15F
TEL:06-6346-5501
FAX:06-6346-5502
google map

JASRAC許諾番号
9011771002Y45040