安全運転経営でデジタル革命時代を乗り切れるか


時代刺激人 Vol. 307

牧野 義司まきの よしじ

経済ジャーナリスト
1943年大阪府生まれ。
今はメディアオフィス「時代刺戟人」代表。毎日新聞20年、ロイター通信15年の経済記者経験をベースに「生涯現役の経済ジャーナリスト」を公言して現場取材に走り回る。先進モデル事例となる人物などをメディア媒体で取り上げ、閉そく状況の日本を変えることがジャーナリストの役割という立場。1968年早稲田大学大学院卒。

時代の先を見据えるカリスマリーダー?待望

この桜田社長は当時、財界リーダーの1人として、日本経済の戦後復興、高度成長へのかじ取りをした人だ。当時の日清紡は、売上高の90%が繊維だったにもかかわらず、新入社員への訓示で事業転換を公言するのは間違いなくすごい。時代の先を予見しており、リーダーにふさわしい。なぜ、こうしたリーダーが輩出しなくなったのだろうか。

事業転換を図って見事に危機乗り切りを実現した企業は、私の知る限り日立造船、安川電機など、富士フイルムや日清紡以外にも、かなりある。それら個別企業にはすさまじいドラマがあったことは間違いないが、傑出した、ある面でリーダーともいえる人たちがいたからこそ実現できた。やはり、安全運転経営ではとても危機乗り切りはおぼつかない。

「両利き」「ハイブリッド」経営にヒント

「企業経営の先行きを見るうえで参考になるぞ」と長年の友人で、企業経営問題の専門家、冨山和彦さんから勧められて読んだチャールズ・オライリー、マイケル・タッシュマン米大学両教授共著の「両利きの経営」(東洋経済新報社刊)は確かに、興味深かった。日米とも、同じ経営の苦しみを抱えている、と言っていい。

両教授と親交のある冨山さんは、翻訳本の末尾で「なぜ、圧倒的な顧客基盤と経営資源を有するナンバーワン企業の多くが、時代の変化、とりわけ破壊的イノベーションの波に飲み込まれ、はなはだしい衰退に追い込まれるのか?」と問題提起している。そして「既存事業を『深化』して収益力、競争力をより強固にする経営と、イノベーションによる新たな成長機会を『探索』しビジネスとしてモノにしていく経営の両方が求められる」という。これが『両利きの経営』だが、冨山さんは『ハイブリッド経営』とも名付けている。

富士フイルムの場合もそういえば同じだ。「第2の創業」事業とは別に、コアビジネスの写真フィルム技術を深化させたうえ、カメラも若者向けインスタントカメラ「チェキ」を開発しヒット商品にした。プロ野球の大谷選手の「両刀使い」的な経営だ。デジタル革命におびえることなくチャレンジし、独自の道を歩めばいいというヒントなのだろう。

関連コンテンツ

運営会社

株式会社矢動丸プロジェクト
https://yadoumaru.co.jp

東京本社
〒104-0061 東京都中央区銀座6-2-1
Daiwa銀座ビル8F
TEL:03-6215-8088
FAX:03-6215-8089
google map

大阪本社
〒530-0001 大阪市北区梅田1-1-3
大阪駅前第3ビル15F
TEL:06-6346-5501
FAX:06-6346-5502
google map

JASRAC許諾番号
9011771002Y45040