日本を支える!「顧客満足を超えた、顧客感動を目指す」の心意気


日進機工株式会社
代表取締役社長
林 伸一

特選インタビュー

「常に新しいことを考えていく」。水を中心とした独自の技術とともにあらゆる産業のメンテナンスを行い、日本経済を支える役割を担う企業がある。数十年にわたり、その世界でリードしてきた企業の取り組みとは? 

剥離

蟹瀬ここまで、洗う、はつる、切る、3種類のお話を伺ってきたわけですけれども、メンテナンスをするうえでほかにもおそらく工程があると思うのですが、どういうものがありますか?

そうですね。たとえば、道路の白線を消して、また新しい白線を……って、するときに、道路の白線を消すのに、やはり、ウォータージェットを使ったり、表面だけ削れるような調整とそういった技術を使って、白線を消していったりですとか、鉄道車両の表面の塗装を、当然、定期的に、傷んできたりすると塗りなおしをしますので、その前に古い塗装をきれいにはがすということで、ウォータージェットで塗装をはがすということをやらせてもらっています。
もともとの素地を傷めることがないというところがウォータージェットの大きなところだと思います。

日進機工のコア技術であり、メンテナンス事業の中心技術である、ウォータージェット工法。精密機器の一種であるウォータージェットを扱うには特殊な知識や技術、経験値が求められるため、産業洗浄技能士という専門の国家資格を必要とする。

関係者産業洗浄技能士とは設備の洗浄メンテナンスのエキスパートです。現場で培った洗浄技能に加え、洗浄理論、安全衛生、関係法規について熟知した者が技術者として、やっております。

現在、日進機工にはおよそ80名の産業洗浄技能士が在籍している。

関係者10年ぐらいかかって、やっと、一通りの仕事が分かるようになってきて、ウォータージェットは高圧、超高圧と年々進化しておりまして、洗浄だけではなくて、はつり、剥離、切断、加工といろいろな分野に幅を広げていますので、習得するのに日々、苦戦しております。

「水」を使った技術を駆使することで、様々な業界をメンテナンスで支える。それが、プラントドクター日進機工の真骨頂。

ウォータージェットの起源

蟹瀬さて、ここまで日進機工のコア技術、ウォータージェット、様々な工法についてお話を伺ってきましたけれども、そもそもウォータージェットという技術はいつ頃からあったのでしょうか?

そうですね。起源としては19世紀末ぐらいにイギリスが最初ということらしいのですが、20世紀になってからはいろいろな産業で、産業用途として使われるようになってきまして、日本には1960年代ぐらいから日本の現場でぼちぼち使われるようになってきました。
当社は1970年にウォータージェットを最初に導入して、先ほど見ていただいたように、主に洗浄という、洗う仕事をいろいろさせていただいていました。
それでやはり、ウォータージェットの能力もどんどん進化してきまして、1000メガパスカルとか、2000メガパスカルといったような、そういったウォータージェットが現場で使えるようになってきまして、切ったりするとか、コンクリートをはつったりするというのは、そういったウォータージェットが開発されてからになります。

蟹瀬その間、いろいろな改善とか、なさってこられていると思いますけれども、やはり、お客様の声なども聞きながらということですかね?

お客様のニーズ

結局、お客様それぞれの場面というのは全部似ているようで異なりますので、またお客様からこういうことはできないかと言われたら、それになんとか対応するということを考えながら、当社としてもやってきたというところだと思います。

蟹瀬そういうとにかくお客様の声を聞きながら改善をしていくという基本姿勢ですけれども、その姿勢を貫いていくためには当然、社員教育というのは重要になってくると思うのですが、このあたりはどのようになさっているのですか?

社員教育

現場での経験とか技術というものはそれぞれのお客様の現場、場面でいろいろなものが出てきますので、それをお互い情報交換というか、社内の情報や技術として、みんなで共有できるようにやってきています。

名古屋市にある日進機工の本社。こちらは装置の設計、開発を手掛ける開発企画部。日進機工では現場の技術情報をどのように社内共有しているのか? 設計を担当する社員に話を聞いてみた。

関係者お客様の声を直接聞くことはあまり数多くないので、実際にアイテムを使っている作業者の方に話を聞いたり、営業さんやメンテナンスの部署などを通して、お客様の意見を聞いたりとかですね。
作業者の方はとても軽くて、使いやすくなったとか、お客様の生産の効率が上がったりとかというのを数値で見たりとか、そういうのを見るとやってよかったなと思いますし、うまくできたなと思います。

蟹瀬林さんが一番社員の方に向かって、強調されていることはなんなのですか?

社員に求めること

社員に対して何を求めているかというと、一つは今の世の中、我々の業界だけではないですけれども、とにかく流れというか、変化が速いので、自分自身が変化していくというか、今までのやり方というものにとらわれないで、常に新しいことを考えていくということをまずは一つ、みんなには言っております。

時代とともに自分自身が変化すること 以前のやり方にとらわれない新しいことへの挑戦――社員に求めること

あとは、我々の仕事は一人で完結する仕事は営業としてもありませんので、やはり、チームワーク、コミュニケーションを非常に重視するようにと社員には伝えています。

チーム内コミュニケーションの活性化――社員に求めること

人手不足・技術者不足への対策

蟹瀬最近ですと、最大の問題というのは人手が足りない、あるいは技術を持っている人が足りない、どこの企業に行っても、そういう声が聞こえるのですが、このあたりは、林さんはどのように対策を取られているのですか?

できるところは自動化した装置を開発していくことによって、人の手に負荷がかからないようなやり方を考えていくということが、一つ大事かなと思っています。

日進機工では作業の効率化と安全化、および、技術者の負担軽減のため、機器の自動化に向けた開発を積極的に行っている。

結局、自動化して、いろいろと作業効率を上げていっても、細かい部分というのは最後、人手が入って、仕上げていかないといけない部分もあったりしますので、そういったところを、どのようになくしていくかというのは、なかなか究極の問題かもしれないですね。

蟹瀬実際に仕事をなさっていて、自動化も進みつつある、そんな中で今後の課題というのはどのあたりにあるのでしょうか?

水中切断への挑戦

今、一つ、取り組んでいるのは水中での切断ということになります。水中の構造物とか、そういったものを解体したりとか、そういった切断するとかというニーズはこれからも出てくると思うんですけれども、やはり、水中ですから、もちろん、火は使えませんし、なかなか水の中できれいに切っていくというのはなかなか難しいことだと思いますので、これは一つ、大きな新しい分野になるかなと思っています。

蟹瀬今、お話を伺っていると、かなりのチャレンジになりそうな、面白そうな分野ではありますね。

顧客に向き合い、真摯に取り組む。あきらめず、愚直に開発を続ける。それが、日進機工がこれからも進む道。

今までやっている仕事を十分活かしながら、またチャレンジできる仕事というものを少しずつでも大きくしていけたらいいかなと思っています。

林が唱える、日進機工が挑む未来とは?

賢者の文

福井さて、番組では賢者の文と題しまして、ゲストの方の心に秘めた言葉を一筆、書いていただいております。それでは、林社長、よろしくお願いいたします。

はい。「顧客感動」です。

福井こちらの言葉にはどういった思いが込められていらっしゃるのですか?

「顧客満足を超えた、顧客感動を目指す」という言葉を社是にしているのですけれども、顧客満足で満足するのではなくて、さらにお客様に感動してもらえるような仕事をいろいろしていきたいなという思いで、日々、みんなにはこの言葉を僕の口から伝えています。

福井はい。ありがとうございます。
さあ、それでは今後の展開はどのようにお考えでしょうか?

今後の展開

ウォータージェットの能力、技術をさらに突きつめていって、新しい仕事をしていきたいなと思っています。決して、すごく新しい仕事をするというのではなくて、客先の様々なお客様の要望やニーズになんとか応えようということで、結局、そうやっていくことで、また新しい仕事が出てきてますし、私は「一つ隣の仕事」っていう言い方をしているのですけれども、今までやっている仕事のことを十分活かしながら、また、チャレンジできる仕事というのをいろいろ見つけていきながら、少しずつでも大きくしていけたらいいなと思っています。

蟹瀬今日は林さんのお話を伺っていて、本当にメンテナンスという世界のなかにはこんな面白い部分があるのかと、お話を伺ってきました。これからもぜひ、技術革新をしながら、一歩一歩進んでいただきたいと思います。

※出演者の会社名・役職など掲載情報は、収録当時のものとなります。
※著作権保護の観点から、動画の無断転載・流用などを禁じます。

出演者情報

  • 林 伸一
  • 1961年
  • 愛知県
  • 一橋大学

企業情報

  • 日進機工株式会社
  • 放送日 2017.09.03
  • 業種:
  • 建設業
  • 本社:
  • 愛知県
  • 所在地住所:
  • 愛知県名古屋市守山区花咲台二丁目401番地
  • 資本金:
  • 9,750万円
  • 売上高:
  • 平成28年6月期  125億円
  • 従業員:
  • 296名(平成28年6月現在)

Share this article

URL

Follow us on

Twitter FaceBook

関連コンテンツ

運営会社

株式会社矢動丸プロジェクト
https://yadoumaru.co.jp

東京本社
〒104-0061 東京都中央区銀座6-2-1
Daiwa銀座ビル8F
TEL:03-6215-8088
FAX:03-6215-8089
google map

大阪本社
〒530-0001 大阪市北区梅田1-1-3
大阪駅前第3ビル23F
TEL:06-6346-5501
FAX:06-6346-5502
google map

JASRAC許諾番号
9011771002Y45040