時代やニーズを先取り!「変化なくして進化もない」の発想力


株式会社タカラレーベン
代表取締役社長
島田 和一

特選インタビュー

打ち出した複数のプロジェクトが数々の賞を受賞するなど、競合他社ひしめく不動産デベロッパーの中にあって独自の営業力と柔軟な発想で事業を展開し、存在感を発揮している企業がある。差別化の成功へとつながった独自性と創造力が生まれた理由とは?

ドーキンズまずはじめにお伺いしたいのですが、株式会社タカラレーベンはどのような経営ビジョンを掲げられているのでしょうか?

島田ビジョンは「幸せを考える。幸せをつくる。」を掲げております。

宮川幸せということが重要なキーワードということですね。

ドーキンズさて、この番組ではタカラレーベンの今を象徴するものをお持ちいただき、進行させていただきます。今日は何をお持ちいただいたのでしょうか?

島田はい。こちらです。

宮川これは……社章ですか。

島田はい。創業、立ち上げ当時の社章ですね。

宮川そうですか。これは真ん中に「宝」という字が……。

島田今はタカラレーベンという社名ですけれども、当時、宝工務店という、漢字で宝工務店なのですが、その宝の社名をバッジにそのまま漢字で表現しています。

宮川この頃はどういう事業展開をしていらっしゃったのですか?

創業当時の事業

島田工務店といいながら、業態としては不動産業ですね。東京板橋の中板橋という東武東上線の駅の前で創業して、沿線上の不動産を分譲したり、開発したり、新築一戸建ての開発から販売、中古住宅の買取りをして、リフォームをして、再販するというようなことを中心にやっていました。

マンション事業参入

島田1980年代後半ですね、1990年前後にまったくマンション事業をやったことのない会社がマンション事業をやってみようということでやった経緯はありました。あったんですけれども……。バブル崩壊後、2年ぐらい、非常に厳しい時期があって、不動産としての根幹である、土地の仕入れもできない状況の中で、あるきっかけがあって、従来の戸建てからマンション事業に本格参入したと。

宮川今、タカラレーベンというと、マンションというイメージなのですが、これは、転換するときには何があったのですか?

島田創業者、当時、社長の同級生の会社が建設会社だったんですね。もちろん、そこの会社もマンション事業をやっていました。で、そこと共同で事業をやれることで、1994年に新たな展開として、マンション事業に本格参入したということなんですね。

マンション事業戦略

宮川地域的にはどこを中心にやられていたのですか?

島田もともと創業時から都心中央部というよりは、その周辺部、もしくは、埼玉、千葉、郊外部ですね。郊外部で初めて、不動産を買う方、住まいを買う方をターゲットにしてきました。そういった取得者向けの実需のマンションを供給していこうということはブレずに行こうっていうのもありまして、エリア展開として地方都市に行きました。

地方都市のニーズ

島田昨今のライフスタイルの変化ですね、地方都市が特にライフスタイルの変化に敏感に反応している、従来の需要をターゲットプラス、シニアニーズ、単身男女、あるいは、地元の我々がライセンサーと呼ぶ、学校の先生とか、お医者さんとか、少し富裕層というか、そういった方々のマンションニーズが非常に増えてきている。

ドーキンズライフスタイルの変化というのは具体的にどのような変化があったんですか?

ライフスタイルの変化

島田まず、地方都市におけるアクティブシニアのライフスタイルで申し上げますと、中心市街地からやや郊外に一戸建てをお持ちになっているシニア、かつてはお子さんがいましたが、お子さんが大きくなって、独立して、生活するうえで、2階への昇り降りであるとか、お庭の手入れであったりとか……。
あるいは、北のエリアですと、冬になると、雪が降ってきます。一戸建ての雪おろし、雪かきなどいろいろなことが負担になってきます。
その負担から脱却しようということで、ライフスタイルを変えていこうという変化ですね。
ですから、各県のナンバーワン都市に限らずナンバーツー、ナンバースリー都市まで今やマンションが、これはもちろん需給バランスですけれども、十分耐えられるだろうと考えています。

各県の第二都市・第三都市にもマンションニーズがある

宮川たとえば、どういう街になりますか?

島田東北は特にここ数年で急激に当社の供給も増えているのですが、山形の米沢とか、福島の会津若松などですね。そういうところが、5年6年マンションの供給がないというエリアが探すとあるんですね。

宮川米沢はそうなのですか。会津若松も。

島田そうですね。

現在、タカラレーベンの地方都市戦略の先駆けとなった、東北6県を管轄するのが、タカラレーベン東北。首都圏とは違う、地方都市ならではのマンション事業戦略について話を聞いた。

関係者多様化するライフスタイルに応じた商品を出していくというところが一つの戦略になっております。たとえば、これまで地方都市ですと、あまり個性というか、自分を表現するようなところを住宅に求めていない風潮もあったのですが、我々としましては建築デザインですとか、外観デザインといった、デザイン性にこだわったマンションを供給させていただいております。
衣食住の中の衣や食で個性を出している方は非常に多いと思いますけれども、住についてもしっかりと個性を出して、そこで住んでいることを誇らしく思えるような住宅を供給するというところが一つの戦略になっております。
私自身、内覧会などで直接お客様と接する機会があるのですが、そのときに本当に喜んでいただいている姿を見て、我々の戦略は間違っていなかったと強く実感しております。

ドーキンズ地方都市戦略については今後、どのような展開をお考えですか?

地方都市戦略の今後

島田首都圏で供給を中心に成長してきまして、その延長で今まで、地方都市でさらに供給を拡充していって、特に、東北が中心です。で、さらには2017年4月から全国展開をしてまいります。

タカラレーベンは従来、手掛けてきた東北地方、北陸地方のほかに、タカラレーベン西日本、札幌営業所、大阪支社を開設。本格的な全国展開を開始している。

他社との差別化

島田最大の価値はやはり、立地だと思いますが、それをしっかり価値あるものに、さらに押し上げるために、ハード面において、箱だけではない、さらに付加価値を商品価値として加えていかなければならないと考えています。その一つとして、株式会社サイエンス社と共同でルイックプロジェクトということをテーマに商品開発をしてまいりました。

株式会社サイエンスとルイックプロジェクトを共同開発――他社との差別化

こちらはタカラレーベンの新築マンションに標準装備されているルイックプロジェクト。共同開発を行った株式会社サイエンスの方にお話を聞いた。

関係者もともとタカラレーベンさんがほかのマンションとの決定的な差別化戦略として、導入いただいているのが、このルイックプロジェクトということで、私どもは技術的な提供をさせていただきながら、共同開発という形で導入させていただいております。
まず一つ目が、「たからの水」なのですが、これは家中すべての蛇口からミネラルウォーター以上の快適なお水をふんだんにご利用いただける、家中丸ごと浄活水システムというのがこの「たからの水」になります。
二つ目が「たからのマイクロバブルトルネードO2」になりまして、0.003ミリの超微細なマイクロバブルと呼ばれる気泡が表面の汚れも毛穴の中の汚れも臭いも洗浄してくれますので、まさに使っているだけで、お肌にダメージを与えずに洗浄できるということで、特に女性の皆さんにとっては毎日、利用されるお風呂場がまるで、エステ空間のように過ごしていただけるようなものです。
これはお風呂で発生させるマイクロバブルよりもさらに微細なウルトラファインバブルを発生させる「たからのナノシャワー」と言いまして、お顔や頭をケアしたいというニーズが非常に高くありましたことから開発しましたのが、このシャワーになります。約10年前から導入いただいています、ルイックプロジェクトということで、これからまたさらにほかのマンションとの最大の差別化を継続していただきながら、さらに発展していければいいかなと考えております。

ドーキンズそのほかには差別化のためにされている取り組みはありますか?

ソラパワプロジェクト

島田もう一つですね、「ソラパワプロジェクト」。これはすべてのマンションではないのですが、マンションの屋上に太陽光パネルを敷き詰めるんですね。その発電した電力を各お部屋、一世帯一世帯がその発電した電力を使えます。かつ、余った電力を売電できるという、こういったシステムなんですね。

この「ソラパワ」プロジェクトと水で暮らしを変える「ルイック」プロジェクトは2013年度にグッドデザイン賞をダブル受賞。また、2016年度には「レーベン ラボ エシカルアクション」として進めている、「もっとあったらいいな」プロジェクト、「自助共助」プロジェクト、「個人防災キット」プロジェクトがトリプル受賞している。

地方都市のニーズを汲み取り、地域の活性化に貢献する。それが、タカラレーベンが掲げる地方都市戦略。

不動産業へ転職

ドーキンズさて、島田社長のプロフィールを拝見しますと、以前は建築会社に勤めていらっしゃいまして、そこから不動産業であるタカラレーベンの前身の宝工務店に転職されていますよね。なぜ、建築会社から不動産会社へ転職されたのですか?

島田建てる以前に土地にすごく興味があったんですね。ですから、建てる前に土地を動かすことに関わりたいなということが興味の一環としてあって、なんとか不動産という仕事に携わりたいなという思いから、転職しました。

宮川しかし、不動産の営業というのは大変だということを伺いますけれども、どうだったのですか?

島田実は僕、営業の募集でこの会社に入ったんですけれども、面接をした結果、「君は営業じゃない部署に行きなさい」って言われまして(笑)
その当時、一戸建ての用地の仕入れとか中古住宅の仕入れというのをやる部署に配属されました。

販売の進化

島田当時の営業は一人一人が、個人事業者ではないですけれども、一匹狼的な営業マンの集まりみたいなところですからね。

ドーキンズそれは今も同じような形なのですか?

島田いえ、今は営業の、お客様の価値観が変わってきて、そこに順応していくというか、しっかりマッチした営業をしていかなければいけません。もちろん、販売精神的な部分はやはり、しっかりとよい伝統として、今でも継承して、時代の変化の中でお客様に選んでいただける……、これはものではなくて、会社として選んでいただける営業をしていかなければいけないなと思います。

お客様に会社を選んでいただける営業――不動産営業の昔と今

島田これが今の時代の販売の変化というか、姿なのではないかと思います。

こちらはタカラレーベンの営業担当。昔と現在の営業スタイルの違いについて話を聞いた。

関係者当時はどちらかというと、少し言葉が簡単かもしれませんけれども、「売る」というところがすごく強かったのですが、今はどちらかというといかに「共感」していただけるかというところをメインに私たちはやらせていただいております。
どういった方にここに住んでいただきたいか、どういう思いで住んでいただきたいかというのを、まずはしっかりとコンセプトをしっかり立てたうえで販売をしていくというところが、正直、今と昔の営業としての違った部分かなというのはあります。
今と昔というところで、お客様のニーズ等は変わっていくなかで、タカライズムと呼んでいますけれども、これをより進化させながら、後進に伝えていこうと思っています。

こちらは入社7年目の社員。営業としての心構えについて話を聞いた。

関係者お客様に専門の知識をぶつけるだけではなくて、相手の立場になって考えてあげられるような、寄り添った接客を心がけています。タカラレーベンの先輩方は「強いな」とすごく感じます。心がブレない。強いスタンスでいられる。先輩方の背中を追っていって、次のステップに進化していきたいなと、私のなかでは思っています。

宮川社長として、社員の皆さんに今後、どういうことを期待されますか?

社員に望むこと

島田チャレンジができる環境を会社は作っていきたい、これからもですね。ですから、そういったところに、社員は果敢にチャレンジしていってもらいたいということが、会社が期待することですね。

チャレンジしてもらいたい――社員に望むこと

独自の戦略と付加価値の提供で、お客様の夢をかたちにする。それが、タカラレーベンが進む道。

賢者の文

ドーキンズさて、番組では賢者の文と題しまして、ゲストの方の心に秘めた言葉を一筆書いていただいています。島田社長、よろしくお願いいたします。

島田はい。

宮川では、ちょっと見せていただいて、読んでいただきましょうか。

島田「チェンジ」です。やはり、変わり続けていくんだと、現状維持は後退だと思っています、常日頃ですね。ですから、常に変化し続ける、変化なくして進化もない。進化なくして、成長もない。

変化なくして進化なし 進化なくして成長なし

島田つまり、そのもととなること、「チェンジ」し続けていく、ということです。

ドーキンズ島田社長は今後の展開についてはどのようにお考えでしょうか?

今後の展開

島田そうですね。いろいろありましたけれども、この不動産販売というもので、成長してきました。つまりこれはフローで成長してきて、これが根幹で会社が成長して、会社のグループ戦略もできて、そこから発生してきたストックフィービジネス、多岐にわたる不動産の領域を広げながら、タカラレーベングループとして成長していきたい、というのが今後の中長期の大きな成長戦略の課題だなと考えています。

不動産の領域を広げながら タカラレーベングループとして成長していきたい――今後の展開

宮川まさにこのチェンジの時期に社長の話を伺いまして、大変参考になりました。ますますのご発展をお祈りいたします。

※出演者の会社名・役職など掲載情報は、収録当時のものとなります。
※著作権保護の観点から、動画の無断転載・流用などを禁じます。

出演者情報

  • 島田 和一
  • 1965年
  • 東京都

企業情報

  • 株式会社タカラレーベン
  • 放送日 2017.09.17
  • 業種:
  • 不動産業
  • 本社:
  • 東京都
  • 所在地住所:
  • 東京都千代田区丸の内1-8-2 鉃鋼ビルディング16階
  • 資本金:
  • 4,819百万円
  • 売上高:
  • 103,599百万円(2017年3月期連結実績)
  • 従業員:
  • 265名(男:195名/女:70名)※ 2017年3月末

Share this article

URL

Follow us on

Twitter FaceBook

関連コンテンツ

運営会社

株式会社矢動丸プロジェクト
https://yadoumaru.co.jp

東京本社
〒104-0061 東京都中央区銀座6-2-1
Daiwa銀座ビル8F
TEL:03-6215-8088
FAX:03-6215-8089
google map

大阪本社
〒530-0001 大阪市北区梅田1-1-3
大阪駅前第3ビル23F
TEL:06-6346-5501
FAX:06-6346-5502
google map

JASRAC許諾番号
9011771002Y45040