「やりたい、作りたい」から。ゴールのない気遣いと妥協ない物づくりの共創


リシャールミルジャパン株式会社
代表取締役社長
川﨑 圭太

特選インタビュー

リシャールミルジャパン株式会社。2010年6月。スイスの時計ブランドリシャールミルの日本販売会社として設立。銀座にある国内唯一のブティックには最低でもおよそ700万円。平均で1,600万円の腕時計が並んでいる。価値観を共有できるファミリーを増やしたい。そう語るのは、代表取締役 川﨑圭太。高級時計をも超える極限を目指したエクストリームウォッチ。川﨑が目指す「新たな価値創造」と「究極のものづくり」とは。

蟹瀬賢者の選択 リーダーズ。ナビゲーターの蟹瀬誠一です。

中島中島亜梨沙です。

蟹瀬今回のテーマは、「究極のものづくり」。ものづくりというのは、極めて行くと究極の逸品というのができあがりますよね。ただこれは、当然のことながら大量生産ができませんので、ビジネスとしてはやはり難しいとことがありますよね。たとえば精密機械で言うと時計があります。

中島腕時計。私も以前、スイスのとある時計工房にお邪魔したのですけれども、職人さんにしかできないという精密さで本当に驚きました。

蟹瀬僕も腕時計は大好きなのですけれども、やっぱりそういう究極の一品の背景には、一つの素晴らしい物語、それからやはり情熱を持ったファン、こういう方がいらっしゃる。そこで今回は、世界でも類を見ない高価な腕時計を作り、徹底的なサービスで顧客の心をつかむ、ある時計メーカーの戦略に迫ります。

中島本日のゲストは、リシャールミルジャパン 代表取締役 川﨑圭太さんです。よろしくお願いします。

川﨑よろしくお願いします。

蟹瀬まず川﨑さんにお伺いしたいことと言えば、今日はどんな時計を、されていますか?

川﨑はい。今日は、RM38-01 バッバ・ワトソンモデルですね。

蟹瀬バッバ・ワトソン。あの有名なゴルフのプレイヤーですね。ショックにも耐えると?

川﨑そうです。

中島ちなみに失礼ですけれど、こちらはおいくらなのですか?

川﨑9200万円、税別ですね。

中島クラっとしました(笑) 時計の魅力については、後ほどゆっくりお伺いするとして、リシャールミルジャパンは、どのような理念を掲げていらっしゃるのですか?

川﨑はい。エクストリームウォッチということで、新しいカテゴリーを……従来の高級時計をさらに上を行くというやり方で、仕事の方は、常に気遣いを忘れずに、そしてお客様をファミリーのように大事にしながら、我々は究極のサービス業に徹すると。こういう理念でやっております。

蟹瀬今日は、本当にお伺いしたいことがたくさんあります。よろしくお願いします。

川﨑よろしくお願いします。

衝撃の出会い

中島さて、川﨑さんのプロフィールを拝見しますと、大学卒業後、商社に入社されていますよね?

川﨑ええ。物を売ることが好きだったもので、やはり商売をやってみたくてというのがひとつあったのですけれども、もうひとつは、スキーをやっていまして、その関連でスキーを扱っていた商社にたまたま入ったという。

蟹瀬じゃあ、時計なんていうものには全然興味がなかったと。

川﨑全然興味はなかったです。これが竜頭というだとか、何もわからず。

リシャール・ミルとの出会い

川﨑あるブランドの、契約終了の交渉に彼が来たのです。まあ、ケンカですよね。最終交渉ですから。買う、買わないという。最後は一応「じゃあこれで」と言って握手をして、僕も「二度とこれで彼と会うこともないな」と。それで荷物を整理していた腕に、リシャールが今の原型となる001-1という時計を付けていたのですよ。

蟹瀬それを見て?

川﨑それを見て、「何?その時計は」と勇気を出して訊いたら、「これは俺の時計だ」と言うわけですよ。「あ、そう」「見る?」と取ってもらって。それでその時は素直にすっと出してくれて見せてくれたのですよ。それでパッと見たら、トゥールビヨンなのですよ。

蟹瀬トゥールビヨンというのは、機械式の……。

川﨑機械式の、超複雑機構が付いていて、「大丈夫かな」と。「あまり粗末に扱っちゃいかん」と教えられていまして、「おう、これは俺の時計だよ」と持った瞬間に、「これはこうやってできるんだよ」と、ポンと投げるのですよ。

蟹瀬えー……。

川﨑「えー」って、もう、時計でそんなことやってはって……。それで値段を訊いたら、当時の値段で1,900万円だったわけですよ。それで「これから売り出すんだよ」と。それで、リシャール・ミルって名前が入っているのですよね。「ありがとう」といって。今まで時計業界で仕事していましたけど、こんなかっこいい時計があるのかという印象です。それだけです。

蟹瀬そこから始まったわけですね?

川﨑そこからです。

リシャール・ミル。1951年、フランス生まれ。大学卒業後、いくつかのラグジュアリーブランドのマネジメントに携わる。2001年、時計ブランド「リシャール・ミル」をスイスで創業。16年間で70を超えるモデルを世に送り出す。歴史が物を言う高級機械式時計の世界で、瞬く間に老舗ブランドと肩を並べるまでに成長。新たな時計の価値観を生み出した。

中島そのリシャールさんの時計のどんなところに惹かれたのですか?

川﨑全ての黄金比率というのですかね。パッと見が、めちゃくちゃかっこよかった。セクシーでグラマラスだろってよく言われるのですけど。

出演者情報

  • 川﨑 圭太
  • 1961年
  • 東京都

企業情報

  • リシャールミルジャパン株式会社
  • 放送日 2017.03.05
  • 社名:
  • リシャールミルジャパン株式会社
  • 業種:
  • 商社 専門店
  • 本社:
  • 大阪府
  • 所在地住所:
  • 大阪市中央区博労町3-1-10
  • 資本金:
  • 1000万円
  • 従業員:
  • 9名

関連コンテンツ

運営会社

株式会社矢動丸プロジェクト
https://yadoumaru.co.jp

東京本社
〒104-0061 東京都中央区銀座6-2-1
Daiwa銀座ビル8F
TEL:03-6215-8088
FAX:03-6215-8089
google map

大阪本社
〒530-0001 大阪市北区梅田1-1-3
大阪駅前第3ビル23F
TEL:06-6346-5501
FAX:06-6346-5502
google map

JASRAC許諾番号
9011771002Y45040