ガン患者にQOLを!自らの罹患と大臣経験を経た問題意識と挑戦【後編】


免疫の力でがんを治す患者の会
会長
坂口 力

特選インタビュー

免疫の力でがんを治す患者の会。2016年9月医師であり元厚生労働大臣でもある坂口力が設立。大腸がんの坂口が選択した治療は患者自身の免疫の力を利用するがん免疫療法。がん免疫療法を身近な医療として患者に提供したい。坂口が目指すいつでもどこでも誰でも受けられる治療法として、その普及への取り組みとは。

培養

白石その坂口さんが受けられた免疫細胞療法というのは、具体的にどのように治療が進んで行くんですか。

坂口が受けた免疫細胞療法

坂口患者にとっては非常に簡単で血液を抜いてもらうだけ。そうすると抜かれた血液の中でこの人は免疫細胞にも色々あってどういう細胞が少ないのかといったようなことを検査をしていただくと。そしてその少ないような免疫細胞を増やしていただくと。患者にとりましては血液を抜いてもらう時と入れてもらう時だけで他のところはわからないわけですけれども、この患者さんにはどの細胞を増やしてどうして行ったらいいかというような先生の側の理論というのはかなりあるんだろうというふうに思っています。

宮川実際治療を受けられましてどういうふうに変わりましたですか。

坂口増やしてもらった血液を入れてもらうだけですから、そんなにそれによって何かこう気持ちが変わるとかなんとかということではありませんけれど、免疫力が上がってきてもらうという気がしています。それは別にがんにだけ効く免疫ではなくて一般の免疫力もそれは当然のことながら上がるわけですから、それはそういうことなんだろうというふうに思います。

宮川その高まった免疫力というのはずっと続くものなんですか。

免疫力の持続

坂口これはその人によりけりだと思いますし、またある一定の時期が来るとまた免疫力が下がっていくということもあると思います。私はどちらかというと少し期間を置くとやはり半年ぐらいしてまた検査を受けますとやはり少し下がってるんですね。色々なことで免疫力というのは決まってくるんでしょうから、ストレスのこともそれはあるでしょうし、その他の食事生活だとか睡眠時間だとか色々なことが関係してくるんだと思うんですが、やっぱりその下がってきやすいですね。そうするとこれ以上下がるとまたまずいなと。前の再発であるのかそれとも新しく出来るのかは別にして免疫力が下がってくるとまたやられる、がんにやられる可能性強くなってくるんじゃないかという心配はありますね。でまたいっぺん上げてもらうように治療を受けると。

白石今も通院されてるんですか。

坂口そうですね、年に一回。

宮川通院というとね、しょっちゅう行くみたいな感じですけど。それは落ちたらということですか。

坂口そうですね。それぐらいの程度で私の場合は進んでいるということですね。

宮川そうすると検査を受けられてこの免疫状況というのはいつもチェックしてらっしゃると。

坂口そうですね。

免疫細胞療法は細胞の種類によっていくつかの治療法がある。患者体内の免疫の状況やがん細胞の特徴は人それぞれ異なっており、一人ひとりに合わせた免疫細胞療法を選択、実施することが治療効果を得る上では欠かせないという。

出演者情報

  • 坂口 力
  • 1934年
  • 三重県
  • 三重県立大学(現:三重大学)

企業情報

  • 免疫の力でがんを治す患者の会
  • 放送日 2017.03.26
  • 社名
  • 免疫の力でがんを治す患者の会
  • 本社
  • 東京都
  • 所在地住所
  • 東京都新宿区下宮比町2-28 飯田橋ハイタウン518号

関連コンテンツ

運営会社

株式会社矢動丸プロジェクト
https://yadoumaru.co.jp

東京本社
〒104-0061 東京都中央区銀座6-2-1
Daiwa銀座ビル8F
TEL:03-6215-8088
FAX:03-6215-8089
google map

大阪本社
〒530-0001 大阪市北区梅田1-1-3
大阪駅前第3ビル15F
TEL:06-6346-5501
FAX:06-6346-5502
google map

JASRAC許諾番号
9011771002Y45040