ガン患者にQOLを!自らの罹患と大臣経験を経た問題意識と挑戦【後編】


免疫の力でがんを治す患者の会
会長
坂口 力

特選インタビュー

免疫の力でがんを治す患者の会。2016年9月医師であり元厚生労働大臣でもある坂口力が設立。大腸がんの坂口が選択した治療は患者自身の免疫の力を利用するがん免疫療法。がん免疫療法を身近な医療として患者に提供したい。坂口が目指すいつでもどこでも誰でも受けられる治療法として、その普及への取り組みとは。

一人の思いが世界を変える。賢者の選択リーダーズ。今回の賢者の選択は前回に引き続き、免疫の力でがんを治す患者の会会長坂口力。

白石坂口会長といえばお医者様でもいらっしゃいますよね。

坂口子供のことが好きで、それで小児科をやりたい。

宮川なぜ医療から政界ということでした。

坂口もっと優秀な人達により多くの仕事をしてもらう政治こそ今大事だとは思わないかと。これがねえ殺し文句だったんですね。

宮川厚労大臣としては初代の大臣。

初代厚生労働大臣としてハンセン病などの問題に取り組む。

坂口その人たちを一生苦しめた、これに対してはやはり謝罪をする以外にないと。

白石厚労大臣を退任した後2009年に大腸がんが見つかったんですよね。

がんを発症し、外科手術を受けるもその後、がんは転移。

坂口大腸の外側に、リンパ節ですね。すでにがんができていたと。抗がん剤受けますかと。それじゃあもうやめることにしますと。ちょっとやっぱり心配になってきたんですね。それじゃあいっぺん自分の免疫力にかけてみようと。

坂口が選択したのは免疫療法の一種である自分の免疫細胞を活用する免疫細胞療法。

坂口免疫ということが人間の体をいかに守っていくものかと。

免疫の力でがんを治す患者の会 がん免疫療法 普及への取り組みとは?

がん免疫療法を身近な医療として患者に提供したい。坂口が目指すいつでもどこでも誰でも受けられる治療法へ。その普及への取り組みとは。

免疫療法と免疫細胞療法

坂口免疫療法と免疫細胞療法というものとはですね、縦分けて、私が受けましたのは免疫療法の中の免疫細胞療法ということなんですね。

一般的に人間の体内では常に様々な細胞が発生しているが、まれに突然変異で異常細胞が発生することがある。通常はそれを免疫機能で押さえているのだが免疫力が低下してくるとそれを抑えることができなくなりがんとして発症することがあるという。免疫細胞療法とは患者自身の免疫細胞を採取しそれを数千倍に培養、その後再び患者の体内へと戻し免疫機能を強化しようという治療法。こうして免疫力を高めることががん細胞と戦う第一歩になる。

坂口敵の弱みをですね、知るというそうゆう機能として出来上がっているわけですね。だからそうしたことをもっと進めていけば、私は人間の体が持っている能力でがんをより的確にやっつけることができるようになるのではないかと。

出演者情報

  • 坂口 力
  • 1934年
  • 三重県
  • 三重県立大学(現:三重大学)

企業情報

  • 免疫の力でがんを治す患者の会
  • 放送日 2017.03.26
  • 社名
  • 免疫の力でがんを治す患者の会
  • 本社
  • 東京都
  • 所在地住所
  • 東京都新宿区下宮比町2-28 飯田橋ハイタウン518号

関連コンテンツ

運営会社

株式会社矢動丸プロジェクト
https://yadoumaru.co.jp

東京本社
〒104-0061 東京都中央区銀座6-2-1
Daiwa銀座ビル8F
TEL:03-6215-8088
FAX:03-6215-8089
google map

大阪本社
〒530-0001 大阪市北区梅田1-1-3
大阪駅前第3ビル23F
TEL:06-6346-5501
FAX:06-6346-5502
google map

JASRAC許諾番号
9011771002Y45040