日本の舞台産業の縁の下の力持ち。創業100年を超える舞台機構の老舗の成長戦略


森平舞台機構株式会社
取締役営業統括
森 大

特選インタビュー

森平舞台機構株式会社は劇場やホール、テレビスタジオの舞台づくりのほか、大道具や昇降装置などを開発、施工している企業だ。1906年から続いてきた舞台づくりに関するノウハウ、安全性と使いやすさを兼ね備えた製品づくりで業界内では絶大な信頼を得ている。変化する時代のニーズに応え続けるためには何が必要か?取締役営業統括 森大が胸に抱く舞台機構への想いを聞いた。

蟹瀬賢者の選択 Leaders、ナビゲーターの蟹瀬誠一です。

ドーキンズドーキンズ英里奈です。

蟹瀬今回は長い歴史の中で培われた独自の技術や、時代に合わせた発想力で舞台の進化を影で支え続けるある企業の取り組みに迫ります。

森平舞台機構株式会社―1906年、初代森平右衛門が浅草で船舶用ロープ、滑車などを扱う商店を創業。その後1946年頃から舞台機構事業を開始。1959年、森平舞台機構株式会社設立。以来、全国の劇場やホール、テレビスタジオの照明、大道具、音響昇降装置などを中心に事業を展開。創業から100年を超える森平舞台機構のDNAを継承するのは取締役営業統括 森 大(もりひろし)。

これまで培ってきた技術力と新しい発想力で、安全な舞台を支えていきたいと思っております。

伝統と革新で新時代を創造する。森が唱える進化し続ける舞台への飽くなき挑戦とは?

ドーキンズそれでは、本日のゲストをご紹介します。森平舞台機構株式会社 取締役営業統括 森大さんです。よろしくお願いいたします。

よろしくお願いいたします。

蟹瀬どうもよろしくお願いします。ドーキンズさんも私も、舞台は見に行くのは本当に大好きなんですけども、その裏側でどんな技術が実は隠されているのか、今日はじっくりお話を伺いしたいと思いますんでよろしくお願いします。

どうぞよろしくお願いいたします。

舞台機構 100年企業

ドーキンズさて、冒頭のVTRでもご紹介がありましたが、森平舞台機構は創業が1906年ということで110年を超える歴史をお持ちですが、これまでどのように歩んでこられたんでしょうか?

1906年に浅草の花川戸で、初代の森平右衛門が船舶用のロープ、滑車類を販売する商店として創業しました。仕掛けには、ロープや滑車を使って吊り込んだり動かしたりすることがありましたので、その関係で仕掛けを少しずつ手伝うようになっていって、器用だったことから、そういったところを手伝って覚えて、お客さんに喜んでいただいたこと、そんなことがきっかけだったというふうに聞いております。

蟹瀬この舞台機構っていうのに本格的に参入といいますか、専業にされたのはいつ頃からなんですか?

二代目の森 啓(もりけい)が劇場の改修工事に電動の昇降装置を入れたあたり、その頃をきっかけに本格的に舞台機構を手がけるようになっていきます。
当時、戦後の高度経済成長の時期になっていきますので、劇場やホールが数多く建設されるようになってきまして、我々もいっぱい手がけるようになっていったということです。

蟹瀬今は主にどういうお仕事になってるんでしょう?

劇場やホール、それとその技術を応用したテレビスタジオの昇降装置を手がけさせていただいております。設計から施工、保守メンテナンスと一貫して取り扱いをさせていただいております。

舞台機構とは?

蟹瀬一口に舞台っていってもいろんな設備だとか、製品が使われていると思うんですけど、具体的にはどういうものがあるんですか?

こちらは舞台の断面図ですけれども、吊物機構、床機構、制御システム、スタジオの昇降、大道具といったところを取り扱っております。
吊物機構は幕類を吊る、セット類を吊る大道具バトン、照明バトンなどがあります。

蟹瀬緞帳(どんちょう)なんかもそうなんですか?

吊物装置の中でも緞帳というのは結構な重量物でして、実際見られることはあるかと思うんですけれども、何キロぐらいあると思いますか?

蟹瀬あれはどうだろう?人の体重にしたって何人分でしょ。

ドーキンズ私よりは重くあってほしいので、100キロくらいですかね?

大きなものだと2トンぐらいあるものでして、客席から見ているとスーッと上がっているように見えるんですけど、それにはすごく力が必要でして、それを動かしているのが我々の製品です。
床の方は電動、油圧などによって床の一部がくりぬかれて横行したり回転させたりする機構になっております。大道具は舞台に必要な道具類を必要に応じておっしゃっていただければ作らせていただいております。

森平舞台機構が手がける制御システムは、安全安心に舞台機構を運用できるように安全装置が搭載されており、使いやすく、より直感的に操作ができるように設計されている。スタジオ昇降装置とは、舞台機構の技術をテレビスタジオに応用、またはスタジオ独自の要望に応え、制作現場の安全と安心を支える昇降システム。長年の信頼と実績により数多くの舞台やスタジオに導入されている。

出演者情報

  • 森 大
  • 1978年
  • 東京都

企業情報

  • 森平舞台機構株式会社
  • 放送日 2018.08.12
  • 業種 
  • 機械器具設置業
  • 所在地住所
  • 東京都台東区花川戸2丁目11番2号
  • 資本金
  • 8千万円
  • 従業員
  • 104名

関連コンテンツ

運営会社

株式会社矢動丸プロジェクト
https://yadoumaru.co.jp

東京本社
〒104-0061 東京都中央区銀座6-2-1
Daiwa銀座ビル8F
TEL:03-6215-8088
FAX:03-6215-8089
google map

大阪本社
〒530-0001 大阪市北区梅田1-1-3
大阪駅前第3ビル23F
TEL:06-6346-5501
FAX:06-6346-5502
google map

JASRAC許諾番号
9011771002Y45040