日本の舞台産業の縁の下の力持ち。創業100年を超える舞台機構の老舗の成長戦略


森平舞台機構株式会社
取締役営業統括
森 大

特選インタビュー

森平舞台機構株式会社は劇場やホール、テレビスタジオの舞台づくりのほか、大道具や昇降装置などを開発、施工している企業だ。1906年から続いてきた舞台づくりに関するノウハウ、安全性と使いやすさを兼ね備えた製品づくりで業界内では絶大な信頼を得ている。変化する時代のニーズに応え続けるためには何が必要か?取締役営業統括 森大が胸に抱く舞台機構への想いを聞いた。

成長力 求める人材

蟹瀬今後ですね、御社としてはどういう方々に入社してきて欲しいっていう思いはあるんですか?

私達の仕事は裏方の方が使っていただく設備ですので、我々の設備を初めから知っていて即戦力となることはなかなか難しいと思うんです。即戦力というよりは、個の成長力に期待ができる人材を期待しています。

ドーキンズ入社してからは社員の皆さんにはどのように育ってほしいと思ってらっしゃいますか?

お客様の目線で物事を考えられなければ、いくら良い製品を開発しても、それは良い製品とは言えないと思います。そういった意識を持って取り組んでもらいたいと思っています。

会社が社員のモチベーションを高め、社員がお客様の満足度を高めることで、日本の舞台を「影」ながら支え続けていく。それが森平舞台機構に課せられた使命。

Leader’s Choice

ドーキンズさて番組ではリーダーズチョイスと題しまして、ゲストの方に選択の基準、敬愛の人、賢者の文の三つの中からカードで一つ選んでお話しいただきたいと思います。それでは森さん、お願いします。

賢者の文でした。

ドーキンズ賢者の文ということで、ゲストの方の心に秘めた言葉を一筆書いていただければと思います。お願いします。

「空は完璧さ」です。

蟹瀬何かお芝居のセリフのようですけれど、これはどういう意味が込められているんですか?

リチャードバックのイリュージョンという本に出てくるセリフで、完璧であり続けるためには、常に変化を続けるというふうに続いていきます。私はこれから暖簾にあぐらをかくことなく、反省することは反省して気づくことは気づいてというふうに、そういう思いでこの言葉を選びました。

蟹瀬やっぱり時代の変化をしっかりととらえるということは一番目、大切だということなんでしょうね?

はい。

ドーキンズ森さんは今後の展開はどのようにお考えですか?

伝統として守っていくところは大切にして、変えていくところは変えてゆく、その中で日本一安全な舞台機構メーカーを目指していきたいと思っています。

蟹瀬やはり一つの会社っていうことだけじゃなくて、日本の文化みたいなものも支えていらっしゃると僕は思うんですね。そういう意味でこれから本当にしっかり頑張っていただきたいなと思います。今日はどうもありがとうございました。

ドーキンズどうもありがとうございました。

ありがとうございました。

賢者の文―「空は完璧さ」
完璧であり続けるためには空のように常に変化をしなければならない。
経験にあぐらをかいてはいないか、実績に慢心してはいないか。
その自らへの問いかけが、時代の変化をつかむ鍵になる。

※出演者の会社名・役職など掲載情報は、収録当時のものとなります。
※著作権保護の観点から、記事・動画の無断転載・流用などを禁じます。

出演者情報

  • 森 大
  • 1978年
  • 東京都

企業情報

  • 森平舞台機構株式会社
  • 放送日 2018.08.12
  • 業種 
  • 機械器具設置業
  • 所在地住所
  • 東京都台東区花川戸2丁目11番2号
  • 資本金
  • 8千万円
  • 従業員
  • 104名

関連コンテンツ

運営会社

株式会社矢動丸プロジェクト
https://yadoumaru.co.jp

東京本社
〒104-0061 東京都中央区銀座6-2-1
Daiwa銀座ビル8F
TEL:03-6215-8088
FAX:03-6215-8089
google map

大阪本社
〒530-0001 大阪市北区梅田1-1-3
大阪駅前第3ビル23F
TEL:06-6346-5501
FAX:06-6346-5502
google map

JASRAC許諾番号
9011771002Y45040