ホテル業界のLCCを目指す?貸し会議室のフロンティアが言う、マルチタスクの重要性とは


株式会社ティーケーピー
代表取締役社長
河野 貴輝

特選インタビュー

インターネットで借りられる貸し会議室。近年はホテル事業にも手を伸ばし、取れるリスクは取っていくという、株式会社ティーケーピー 代表取締役社長 河野貴輝が訴えるマルチタスクの重要性とはなにか。その真意を探る。

TKPガーデンシティ品川

平日の午後1時過ぎ、ガーデンシティ品川では、この日の夕方から行われる立食パーティーの準備がすでに始まっていた。会場運営を担当する大嶋さん。10年間のホテル勤務を経て、半年前にティーケーピーに入社した。

大嶋メインの仕事は会場運営に携わること全部ですね。お客様の事前の対応もしますし、営業の補佐的なこともします。

会場設営などの業務の合間にパソコンに向かう。前職では、ほとんどなかったというデスクワークに戸惑いはなかったのか。

大嶋仕事量は増えましたけれど、やりがいは増えていますし、やりやすさも増えています。

業務のマルチタスク化を徹底しているティーケーピー、出来上がった料理はスタッフ総出で会場へと運ぶ。

大嶋自分自身がステップアップするために色々とさせていただけている会社だと思いっています。これからはもう、ホテル事業を全国展開する、立ち上げスタッフとして全国を飛び回りたいと思っています。

マルチタスクの重要性

河野LCCで大事なのはマルチタスクなのですね。従業員の。

諸星何でもやる。私は一人これしかやらないってことではなくて、いらっしゃいませから始まって、あとの片付けまで全部やるということですね。

河野そうです。全部やるということです。そこで業務を効率化していくんですね。一人何役もこなしていくことでより付加価値を出していくということが、これからの我々の強みになってくることだと思っています。

諸星それはそこにいらっしゃる現場にいる方々が、よし、このイベントに関しては、自分が、もしくは彼、彼女のチームが、2、3人で何から何までやっちゃう。そういうような概念のコンセプトですか。

河野そうですね。マルチタスクは色んな意味でマルチタスクを使っているのですが、そういうところから……例えばガーデンシティ品川というところには厨房があるのですが、この厨房では、ホテルの厨房で何千人ものを作れるのです。弁当にしても懇親会の料理にしても。そこの宴会場で作る料理も当然ここで作るのですが、昼間は我々の会議室の弁当もそこで作っていまして、弁当として運んだりとか、夜の懇親会、会議室の懇親会としても作って運んだりということで、一つの厨房が一人三役という形でフル稼働していたりですとか、そういった意味でも一つのものが何十にも利用されているという意味でマルチタスクという言葉を使っていました。

諸星なるほどね。するとその従業員の一人一人が、当然経理であるとか、極めて専門性が高いということは別として、それ以外のことはある程度何でもできるという、そういういうこともされるわけですね。

河野そうですね。現場の人はほんとに電話を取って受注、コールセンターみたいなところから、実際お客様対応、事前の掃除、実際にビルの管理まで全てを行っていきますし、営業マンもただ営業をしているだけではなくて、今いる既存のお客様の営業もしますし、逆に新規でくるお客様の対応もしていますし、実際にそのお客様から、またさらに違うお客様を紹介してもらうという深堀営業、そこまでしていきます。

諸星そうすると、営業マンがベッドメイキングをするいうこともあり得るわけですか。

河野そうですね。そういう研修という意味ではすることはありますね。僕としてはやっぱり将来、幹部と言いますか、やはり若くてもどんどん育てていきたいというのがありまして、自分がそうでしたので、若い人間にどんどんチャンスをあげたいと思っていまして。2年目で社長になったりとか、課長になったりとか、そういう大役を任せることで、タイトルが人を作るっていうこともありますけれど、ある程度能力があってやる気がある人間はとにかくリスクを取らせて、社内で色んな役割をもたせて成長させていくということにすごく力を入れていっています。

諸星その彼、彼女たちのモチベーションは、そのどういう価値基準の判断で皆を見てらっしゃるのですか。

河野やはり一番は情熱と言いますか、探求心ですね、分かりやすく言いますと。何か同じものを見ても何も感じない人もいるわけですけれども、常に自分なりの色んなものの味方をできる人を、それも自分がやりたいとか情熱を持っている人に、ぜひチャンスをあげたいなと思ってしまうのです。どんどんチャンスをあげてそういう中でどんどん成長していく人が出てきますので、それに期待して、日本の若者はまだハングリー精神があってすごいんだというところを見せていきたいなと思っています。

次なる変革のキーワード

リーダーが発案した、次なる変革、そのキーワードとは。

白石ではこれから手掛ける変革、そのキーワードは何でしょうか。

河野「限界なき成長」です。

限界なき成長、その経営戦略とは

河野貴輝が見つめる次の変革へのキーワード、限界なき成長と、その経営戦略とは

諸星貸し会議室、そしてそれがいわゆる普通のビルの会議室であったり、ホテルであったりとか、これまで順風満帆で来られたと思うのですが、これから何を見てらっしゃいますか。他の業種とかどうですか。

出演者情報

  • 河野 貴輝
  • 1972年
  • 大分県
  • 慶応義塾大学

企業情報

  • 株式会社ティーケーピー
  • 放送日 2012.02.05
  • 業種:
  • 不動産(管理)、サービス(その他)、各種ビジネスサービス、イベント・興行、ホテル・旅館
  • 本社:
  • 東京都
  • 所在地住所:
  • 東京都新宿区市谷八幡町8番地 TKP市ヶ谷ビル2F
  • 資本金:
  • 2億8,779万5,000円
  • 売上高:
  • 219億円(2017年2月 12期実績)
  • 従業員:
  • 2,006名 (2017年5月1日現在)

関連コンテンツ

運営会社

株式会社矢動丸プロジェクト
https://yadoumaru.co.jp

東京本社
〒104-0061 東京都中央区銀座6-2-1
Daiwa銀座ビル8F
TEL:03-6215-8088
FAX:03-6215-8089
google map

大阪本社
〒530-0001 大阪市北区梅田1-1-3
大阪駅前第3ビル15F
TEL:06-6346-5501
FAX:06-6346-5502
google map

JASRAC許諾番号
9011771002Y45040