手の平の銀行、を実現した顧客中心主義がつくる!想像を超える仕組みとは


株式会社じぶん銀行
代表取締役社長
柏木 英一

特選インタビュー

2008年、KDDIと三菱UFJ銀行の共同出資で、モバイルに特化した銀行として設立された「じぶん銀行」。人工知能を活用するなど、新たなサービスの開発、独自性のあるビジネスモデルを展開。じぶん銀行を牽引(けんいん)する代表取締役社長の柏木英一が、「手のひらの銀行」を実現するなかで貫いてきた、「顧客中心主義」と「デジタルエブリシング」がたぐり寄せる未来とは。銀行という言葉からは想像がつかない、既成概念を超えた「仕組み」が社会を変えつつある。

デジタルエブリシング

坪井 さて、柏木社長のプロフィールを拝見しますと、大学卒業後、現在の三菱UFJ銀行に入行されました。以来、銀行一筋でやってこられたということですけれども、ご自身のお若いときと今の銀行とで、違いはどのように感じていらっしゃいますか?

柏木そうですね。まったく違う感じでありまして、私が入行したころは、実はワープロすらない時代で、稟議書(りんぎしょ)というのですが、融資の査定をするときに、全部手書きの時代でありました。これまでも実は、銀行はITに投資をかなりしてまいりました。ただ、これまではどちらかというと、銀行の業務プロセスがあって、それをIT化することによって、「効率化して、生産性を上げましょう」というのが主目的だったのですが、ここ数年の動きというのは、もちろんそれもあるのですが、それだけではなくて、デジタルによって、ビジネスモデル自体が変わってくるという大きな変革が今、起きているのではないかと思っています。

デジタルによってビジネスモデルが変わってくる

蟹瀬まさに、テクノロジーがその業態を変えてきているという感じはしますよね。

柏木はい。じぶん銀行はそういう意味ではもともと、「デジタルエブリシング」と私は言っているのですが、はじめからデジタルしか考えている人はいませんので、その分、先へ行けるのではないかと思っています。

坪井今後を担う人材として、行員の方々にはどのようになってほしいとお考えですか?

柏木じぶん銀行で一番大事なのはイノベーションを起こし続けることだと思っています。

イノベーションを起こし続ける 人材

柏木それぞれの分野でプロフェッショナル、専門人材として一流になってくれ、ということを今、発破をかけています。金融だけではなくて、IT、eコマース、通信、流通など、いろいろなところの出身の中途採用の人も集まってきています。私自身もそうなのですが、銀行一色というよりは、いろいろなバックグラウンドを持った人が切磋琢磨することによって、新しいイノベーションが起きると思っています。その意味ではイノベーションをどんどん起こして、新しい分野にチャレンジしていく人材が銀行の中で育ってほしいと考えています。

ドーキンズじぶん銀行ではどんな方が、どのように働いているのか、決済・商品開発ユニットIT戦略部 満尾芽依さんにお話を伺ってみたいと思います。普段、お仕事をされるうえでのモチベーションはどんなところに置いていらっしゃいますか?

満尾サービスを作る際に、たとえば、邦銀初ですとか、日本発ですとか、世界初というところを目指しながら作ろうという土壌があるので、「今までにないモノを作るぞ」というところがやりがいにつながっていると思います。

ドーキンズこれからさらにやってみたいこと、チャレンジしてみたいことはありますか?

満尾今後、AIやブロックチェーンやIoTなどがこれからどんどん進歩していくなかで、お金との付き合い方がみなさん、変わっていくかと思いますので、そこに銀行としてどう寄り添えるかというところで、より使いやすいサービスを企画できればと思っております。

ドーキンズ決済・商品開発ユニット決済事業部 坪田周作さんにお話を伺いたいと思います。お仕事をされるうえでのモチベーションはどんなところに置いていらっしゃいますか?

坪田社会の利便性、そういったものを提供していくところがモチベーションになっています。

ドーキンズこれから今の会社でやっていきたいこと、新しく取り組んでいきたいことはありますか?

坪田じぶん銀行からいろいろなサービスでの決済ができる世界を実現していきたいと思っています。

ドーキンズ決済できるサービスの幅を広げていくということですか?

坪田そうですね。これまでの銀行にはない側面からもサービスを広げていきたいなと思っております。

ドーキンズ営業ユニット 営業第二部の竹林裕美さんにお話を伺います。どのようなモチベーションでお仕事をされていますか?

竹林上司から褒められたりすることがモチベーションになっています。「今までとは違うパターンで面白いね」といった言葉を頂いたりするので、そういうときに「やった」と思います。

(新卒入社)1年目か2年目になる時期には、実際にキャンペーンを一つ任せられて、「ちょっとやってみてください」ということもありました。普通、ほかの銀行さんだとそういう体験はなかなかできないと思うのですが、(じぶん銀行では)どんどん新しいことにチャレンジさせてもらえる環境が整っていると思います。

柏木実際、じぶん銀行は300人弱ということでそんなに大きな銀行ではないのですが、できれば、ワールドクラスの人材になっていってほしいなと考えています。

様々なバックグラウンドを持った一人ひとりが、じぶん銀行の核となり世の中にイノベーションを巻き起こす。それが柏木の見据える、じぶん銀行の未来。見えていない世界に一歩を踏み出して……。お客様にとって、本当に良いサービスを提供していく……。柏木が唱える「未来を切り拓く経営」とは?

出演者情報

  • 柏木 英一
  • 1965年
  • 東京都
  • 早稲田大学

企業情報

  • 株式会社じぶん銀行
  • 放送日 2018.06.17
  • 業種
  • 都市銀行・信託銀行・その他金融/インターネット関連
  • 所在地住所
  • 東京都中央区日本橋1丁目19番1号 日本橋ダイヤビルディング14階
  • 資本金
  • 500億円
  • 売上高
  • 32,140(単位:百万円)
  • 従業員
  • 258人(2017年12月31日現在)
  • Webサイト
  • https://www.jibunbank.co.jp/

関連コンテンツ

運営会社

株式会社矢動丸プロジェクト
https://yadoumaru.co.jp

東京本社
〒104-0061 東京都中央区銀座6-2-1
Daiwa銀座ビル8F
TEL:03-6215-8088
FAX:03-6215-8089
google map

大阪本社
〒530-0001 大阪市北区梅田1-1-3
大阪駅前第3ビル15F
TEL:06-6346-5501
FAX:06-6346-5502
google map

JASRAC許諾番号
9011771002Y45040