(前篇)ボランティアを持続可能にすることで社会問題を解決!これが新しい支援の形


一般財団法人 大吉財団
理事長
山本 吉大

特選インタビュー

一般財団法人 大吉財団は2017年に理事長である山本吉大によって設立された災害支援、子ども支援を軸にした団体だ。災害時には行政では行き届かない被災者1人1人へのケアをするだけでなく、ボランティアメンバーが効果的に活動できるマッチングサービスを展開、さらにNPO団体の収益化支援なども行っている。山本が唱える、人の気持ちをつなぎ社会に貢献をする社会問題解決手法とは?

宮川 賢者の選択 Leaders、ナビゲーターの宮川俊二です。

ドーキンズ ドーキンズ英里奈です。

宮川 今回はビジネスの視点を取り入れ、社会問題の解決に挑む、ある財団法人に迫ります。

一般財団法人 大吉財団―2017年、現在の理事長 山本吉大が神戸市で設立。財団では子どもを対象とした子ども支援事業と、災害時における災害支援事業に特化した取り組みを行っている。

山本 財団という組織は、あまり汗をかきません。しかし、我々は「あせかきあしながおじさん」でありたいと思っています。

汗をかいて社会をより良くしたい。山本が目指す、ビジネスの視点を取り入れた社会問題の解決とは?

ドーキンズ それでは、本日のゲストをご紹介します。一般財団法人 大吉財団理事長 山本吉大さんです。よろしくお願いします。

宮川 よろしくお願いいたします。

山本 よろしくお願いいたします。

宮川 今日のテーマは「ビジネスの感覚を取り入れた社会問題の解決」お話を伺います。どうぞよろしくお願いいたします。

山本 はい、よろしくお願いいたします。

大吉財団の特徴

ドーキンズ さて、冒頭のVTRでもご紹介がありましたが、大吉財団は子ども支援事業と災害支援事業の二つに特化されて、取り組んでいらっしゃるということなのですが、一般的な支援団体とは何が違うのですか?

山本 私どもは財団という組織で運営をさせていただいてますけども、普通のボランティアというのは、どちらかというと一人一人の子どもとか、一人一人の被災者に寄り添って支援するというのが、一般的だと思うんですけども、我々はボランティアの団体だとかNPOさんだとか、そういう方々を支援をする、いわゆるそのビジネスの世界でいうBtoB型と呼ばれる形で支援をしております。

宮川 確かにBtoBですけど、やっぱりコーディネートする組織があるといいなっていうふうに思ってましたけど、それをまさにやってらっしゃる感じですね。

山本 そうですね。今、日本のボランティアに携わっていらっしゃる団体とかNPOさんの問題というのは、やっぱりその組織運営であったりとか、どうやって持続可能な運動にしていくかというところが、大きなお悩みの1つだというところがほとんどなので、それを一緒に汗をかきながら考えていくということをやってます。

大吉財団の事業モデル

宮川 ボランティアとビジネスモデルっていうのが、なかなか結びつかないんですけど、具体的にはどういう仕組みになっているのでしょうか?

山本 まず我々の財団は、個人そして法人会員ということで会員さんで組織されている財団でございます。企業の中にはですね、いろんなNPOだとか社会貢献団体もたくさん含まれております。そういった方々と、ともに運動していくということと、主に我々が支援しているところは、始めて間もないNPOさんだとか、どちらかというと地元で頑張っている小規模のそういうボランティアの団体の方を中心にやってます。普通に財政支援だけじゃなくて、自分たちで持続可能な組織になるようにお手伝いをしてます。例えば、ビジネスの視点を入れてどうやってその方々が収益を上げていかれるだとか、あとはいろんな企業さんだとか、いろんな人たちを我々がマッチングをして、その方々の温度がより大きなものになるように、我々が提供させてもらってると。つまり、イメージするとですね、NPOだとか、ボランティア業界の支援型のベンチャーキャピタルみたいなイメージで、我々は活動しております。

宮川 ボランティアというと全て無料!みたいな感じがあるんですけど、それではもちろん成り立たないわけでして。

山本 本当にこのボランティアという形態は、なかなかやっぱり収益のモデルを確立していくっていうことが非常に難しくて、それはどのようにやっていけばいいかっていうことを我々が一緒に考えて、そのビジネスモデルを作っていくと。一般の方々から寄附だけで賄うんじゃなくて、自分たちも社会貢献活動をやりながら収益を上げていくというようなことを一緒に考えてやってます。

宮川 こういう考え方っていうのは、日本にはあまりなかったということですか?

山本 今までそうですよね。このボランティアというと本当にもう全て無償で善意のみということで、皆さん考えておられると思うんですけれども、実態はやはりNPOであっても、ボランティアの団体でも、どこからかやっぱり収益がないと絶対にこれは継続できません。実態はそういうことではないということが、あまり一般の人々には知られてないというふうに我々は思ってます。

出演者情報

  • 山本 吉大
  • 1970年
  • 兵庫県

企業情報

  • 一般財団法人 大吉財団
  • 放送日 2019.01.14
  • 業種 
  • 災害支援
  • 所在地住所
  • 兵庫県神戸市中央区八幡通4-2-14トロア神戸ビル8階

関連コンテンツ

運営会社

株式会社矢動丸プロジェクト
https://yadoumaru.co.jp

東京本社
〒104-0061 東京都中央区銀座6-2-1
Daiwa銀座ビル8F
TEL:03-6215-8088
FAX:03-6215-8089
google map

大阪本社
〒530-0001 大阪市北区梅田1-1-3
大阪駅前第3ビル23F
TEL:06-6346-5501
FAX:06-6346-5502
google map

JASRAC許諾番号
9011771002Y45040