企業家精神を大事する会社。小売業初の総合金融グループが推し進める「次世代サービス」


イオンフィナンシャルサービス株式会社
代表取締役社長
河原 健次

特選インタビュー

イオンフィナンシャルサービス株式会社は、国内小売大手のイオングループの一員として、クレジットカードから銀行業、各種保険サービスなどを取り扱う企業だ。イオンといえば、全国各地に展開していることでも有名だが、イオンフィナンシャルサービスは実店舗の強みを最大限に活かしたサービスを売りにしている。代表取締役社長 河原健次は小売業だからこそ打ち出せる数々の施策で会社を牽引してきた。河原が語る「新時代のビジネスの本質」とは。

人材

蟹瀬 企業経営にとっては当然、事業の展開っていうのが大事なのはわかるんですけど、その一方でやっぱり人材っていうのが要になってきますよね。このあたりはどういうふうにお考えですか。

河原 働き方改革という考え方が入ってきて、我々も労働環境というのを逐一見直して、新しい形に変えていかなければいけないというふうに思っています。

イオンフィナンシャルサービスでは、多様な働き方を推奨することで、社員のワークスタイルとライフスタイルの充実を図っているという。

(インタビュー:人事企画グループ マネージャー 祝 勝崇さん)

坪井 どのような考え方から多様な働き方を推奨されているんですか。

 はい。当社で働き方改革だけではなくて、例えば、健康経営であったり、ダイバーシティの取り組み、また人材の採用とか教育につきましてはグループ統一で取り組んでおります。特にこだわりましたのは、勤務地であったりとか、就業場所、業務の内容、労働時間とか休日、こういった労働条件を従業員の方が個人裁量で一定程度決められる制度にしていると。

坪井 より自分に合った能力もそうですし働き方も選んでいけるといことですね。

 そうですね、選択していただけるような制度を導入したということです。今後はさらにダイバーシティ&インクルージョンを進めていきたいと考えています。やはり国籍であったり、性別だったり、身体的特徴に関わらず活躍できる職場環境を構築していくということが重要だと考えております。さらにそれに伴って次の世代のリーダーを輩出していくということが肝要だと考えてます。
そのためには、アジア全域での採用手法の確立であったりとか、教育体系の整備であったり、さらにパートタイマーの活躍の推進にあったりと、HRTechを取り入れた精度の高いヒューマンリソースマネジメントを構築していくということがそれに繋がると考えております。

求める人材

坪井 今後はどのような方に入社して欲しいとお考えですか。

河原 イオングループはそもそも企業家精神をものすごく大事にする会社でして、お前がこのビジネスを成功させる自信があるんだったらば、社長になったつもりで仕事をやれと、いうことを言われるんですね。やっぱりそれが成し遂げたいと思ってくれる若者、そういう方々をぜひとも採用していきたいなというふうに思っています。

今後の展開

坪井 今後の展開に関してはどのようにお考えでしょうか。1つは、このデジタル化されたそのビジネス環境というのを徹底的に追及していくということで、スマートフォンで全ての金融サービスが完結できるような、こういったところを目指していくと。それに加えて、これがやっぱりアジア全体で同一クオリティのサービスが提供できていけたらなあ、というふうに思っております。

イオンフィナンシャルサービス株式会社 代表取締役社長 河原健次は1957年、東京都で生まれる。大学卒業後、第一勧業銀行、現在のみずほ銀行に入行。銀行退行後の2009年、イオン株式会社に入社。グループ各社の取締役、財務管理責任者を歴任後、2016年イオンフィナンシャルサービスの代表取締役社長に就任。現在は、小売業初の総合金融グループのトップとして会社を牽引している。そんな河原は、幼き日、どんな夢を見ていたのだろうか。

あの頃に見た夢

河原 消防士になりたいというふうに思っていました。私生まれた家の隣が消防署で、必ず何か火事等があれば出動していくわけじゃないですか。何か通報があると家まで聞こえるので急いで見に行くわけです。火事現場に向かう消防署の方々が非常に格好いいというふうに感じて、やっぱりその根源にあるのって人のためになる職業というのが多分あるんだろうというふうに思っているんですね。

蟹瀬 改めて川田社長にとって、夢というものはどんなものですか。

河原 ちょっと自分の努力をしただけでは、その達成できない何か大きな展開、あるいは大きな何か喜びというものが、そういうものが実現できるということがおそらく夢なんだろうというふうに思っていまして、私自身は次の目標としていることっていうのが漠然としてありまして、みんなが幸せになるようなことを達成したいというふうに思っているのと、その一部品でありたいなというふうに思っています。

あの頃に見た夢―夢とは大きな喜びが実現すること。1つの夢が達成されたとき、大きな喜びが生まれる。その喜びを糧に、また次の夢が生まれる。そうして夢をかなえ、喜びを積み重ねていくことが、人生という道程なのかもしれない。

※出演者の会社名・役職など掲載情報は、収録当時のものとなります。
※著作権保護の観点から、記事・動画の無断転載・流用などを禁じます。

出演者情報

  • 河原 健次
  • 1957年
  • 東京都

企業情報

  • イオンフィナンシャルサービス株式会社
  • 放送日 2019.09.16
  • 業種 
  • 金融
  • 所在地住所
  • 東京都千代田区神田錦町3丁目22番地 テラススクエア
  • 資本金
  • 45,698百万円

関連コンテンツ

運営会社

株式会社矢動丸プロジェクト
https://yadoumaru.co.jp

東京本社
〒104-0061 東京都中央区銀座6-2-1
Daiwa銀座ビル8F
TEL:03-6215-8088
FAX:03-6215-8089
google map

大阪本社
〒530-0001 大阪市北区梅田1-1-3
大阪駅前第3ビル15F
TEL:06-6346-5501
FAX:06-6346-5502
google map

JASRAC許諾番号
9011771002Y45040