リスクがあっても任せる人材育成。10兆円企業へ、先代から伝承した教えと夢


大和ハウス工業株式会社
代表取締役会長
樋口 武男

特選インタビュー

男は、創業オーナーの意志を継いで会長となった。赤字の関連会社を立て直し、本社の赤字も解消、大和ハウス工業・樋口武男(ひぐちたけお)代表取締役会長が語る、熱湯経営の哲学とは?

山口支店長時代

樋口だから買いから売りにポッと変わって、そこでもいろいろ苦労したんですけども。

蟹瀬嬉しかったですか?支店長に、と言われたときは?

樋口支店長になったときは、大阪を離れるの初めてだったから、そちらの寂しさが先にきました。

蟹瀬うれしいというよりは、昇進して。

樋口よりも、ええ。それで、支店制でしたから。

支店長は社長の代理人

樋口支店長は社長の代理人だということで、ものすごく張り切ったんですよ。張り切ってやったら往復ビンタをくらわすは……。

蟹瀬ちょっと待ってください(笑)社員に往復ビンタをって、今さらっと言われたけども。

津島くらわす(笑)。

樋口で、今だったら絶対通用しないです。

蟹瀬大変ですよ、それはも社内暴力になってしまいますから、パワハラとかいろんなのありますから。

樋口パワハラでも危ないのにね。しかし、そういうことで半年ぐらいたったら、怖がって後ろを向いたらいないでしょう? 四面楚歌ですよ。その頃にオーナーが来て目いっぱい愚痴ったんですよね。

蟹瀬オーナーに対して?

樋口「風呂に一緒に入ろう」言うから風呂に入って、風呂で。そしたらじっと聞いてくれて、私の話終わったときに一言、「樋口君、長たるもの一番大事なのは”決断”やで」と。こう言われたんですよ。
それで、私の愚痴に答えになってないと思ったんだけども、なんかそれでそれ以上突っ込む気になれなかったんです。それからどうしたかというのは、もうコミュニケーションしかないと、で、自分は胸筋を開いて目いっぱい自分の思いを言うでしょう。それでマンツーマンで朝と夕方……。

津島この後、樋口さんは、グループ会社の社長に就任、赤字会社を再建します。1984年、取締役に就任します。1989年、常務取締役に就任。1991年、専務取締役に就任。そして1993年、大和団地株式会社代表取締役社長に就任ということです。

蟹瀬取締役になられるというのは今のお話伺ってたら、それだけの熱意をこめて、いろんなことを失敗もしながら学んでこられて、経営者としての手腕を付けられてるから、僕は当たり前だろうなと思うんですけども、グループ会社の社長に抜てきされたわけですよね?「団地の社長をやってくれ」と、こういうふうなおっしゃり方をされたそうで。

出演者情報

  • 樋口 武男
  • 1938年
  • 兵庫県
  • 関西学院大学

企業情報

  • 大和ハウス工業株式会社
  • 放送日 2007.11.24
  • 業種:
  • 住宅・インテリア、不動産、建設・設備関連
  • 本社:
  • 大阪府
  • 所在地住所:
  • 大阪府大阪市北区梅田3-3-5
  • 資本金:
  • 1,616億9,920万円(2016年4月1日現在)
  • 売上高:
  • 3兆1,929億円【連結】/1兆6,497億6,500万円【個別】(2016年3月期)
  • 従業員:
  • 15,267名(2016年4月1日現在)

関連コンテンツ

運営会社

株式会社矢動丸プロジェクト
https://yadoumaru.co.jp

東京本社
〒104-0061 東京都中央区銀座6-2-1
Daiwa銀座ビル8F
TEL:03-6215-8088
FAX:03-6215-8089
google map

大阪本社
〒530-0001 大阪市北区梅田1-1-3
大阪駅前第3ビル15F
TEL:06-6346-5501
FAX:06-6346-5502
google map

JASRAC許諾番号
9011771002Y45040