日本エネルギー再生へ「マルチ電源のプロ集団」と地域の対話がつくる未来


株式会社レノバ
代表取締役社長CEO
木南陽介

特選インタビュー

一人の思いが世界を変える。
株式会社レノバ。2000年現在の代表取締役社長CEOである木南陽介がプラスティックリサイクル事業会社として創業。
その後、太陽光発電をはじめ、全国各地で風力、地熱、バイオマスなど、幅広い再生可能エネルギー事業の開発を推進している。
エネルギー開発会社として日本を元気にする木南が唱える再生可能エネルギーの未来とは?

今後の展開

木南やはり先ほど太陽光発電やバイオマス発電の実績のお話をさせていただいたのですが、これからやはり再生可能エネルギーのマルチ電源ですね、それぞれの電源を成長させていくこと、これが大事だと思っております。我々としましては、バイオマス発電、風力発電、これで非常に大きな実績を残して、日本の代表的な再生可能エネルギーのプレーヤーに成長していきたいなというふうに考えております。

宮川やはり、こういうふうに大規模なものというのは、その地域にあったもの、これを集めて大きなものにするというような発想なのでしょうか?

木南そうですね。やはり分散型電源と呼ばれるように、地域地域に電源を作っていかなくてはならないですよね。そして、地域の資源を上手く活用する、そのためにも再生可能エネルギーの種別を複数持って開発していくことが必要ではないかなと思っております。

宮川地球環境の問題でも一番大きななんですけれども、それと私たちやっぱり成長したいものですからエネルギーが欲しいと、そして今地方が疲弊しているといわれていますがその問題もある。その全て何か解決しそうな感じがするんですけど。

木南そうですね。やはり1つだけではないと思うんですね。再生可能エネルギーをやることによって、地球環境が当然、それから地域の資源も使う、それと同時に地方創生というか経済面、こういったことのメリットも出していくこれを複数解決するための1つ糸口になれればいいかなと考えております。

再生可能エネルギーで地球環境 地域資源の活用 地方創生のメリットも出して行く

宮川本当におおいに楽しみにしておりますので、ますますのご発展お祈りいたします。
今日はどうもありがとうございます。

福井ありがとうございます。

※出演者の会社名・役職など掲載情報は、収録当時のものとなります。
※著作権保護の観点から、動画の無断転載・流用などを禁じます。

出演者情報

  • 木南陽介
  • 1974年
  • 兵庫県
  • 京都大学

企業情報

  • 株式会社レノバ
  • 放送日 2016.12.04
  • 業種:
  • 電子・電気・OA機器 
  • 本社:
  • 東京都
  • 所在地住所:
  • 〒100-0004 東京都千代田区大手町1-7-2 東京サンケイビル27F・18F
  • 資本金:
  • 19億53百万円(2017年5月末時点)
  • 売上高:
  • 連結8,265百万円(2017年5月期)
  • 従業員:
  • 連結76名(2017年5月31日時点)

関連コンテンツ

運営会社

株式会社矢動丸プロジェクト
https://yadoumaru.co.jp

東京本社
〒104-0061 東京都中央区銀座6-2-1
Daiwa銀座ビル8F
TEL:03-6215-8088
FAX:03-6215-8089
google map

大阪本社
〒530-0001 大阪市北区梅田1-1-3
大阪駅前第3ビル15F
TEL:06-6346-5501
FAX:06-6346-5502
google map

JASRAC許諾番号
9011771002Y45040